毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

2020女優CMギャラ出演料ランキング!週刊ポスト公表

 

 

ころもです。

 

家で過ごすことが多くなった今年。

エンターテイメントの未来も暗澹たるものに思えたものですが、活躍している人はこんな時代でも活躍しています。

 

さて、今回は週刊ポスト33号より「最旬女優CMギャラランキング」をご紹介。

 

2020年度下半期、大手広告代理店が”CM交渉のために作成した”という最新のギャラリストを週刊ポストが入手、公表というものです。

 

では、早速参りましょう。 

女優・タレント総勢60人の頂点は!?

 

1位 吉永小百合 75歳 年間推定契約金額 1億円

50年以上にわたって不動のトップ女優。JR東日本などナショナルクライアントも多く確固たる地位を築く

 

2位 松嶋菜々子 47歳 年間推定契約金額 9000万〜1億円

夫、反町隆史とのおしどり夫婦ぶりも好印象で大正製薬「パブロン」のCMでは母役で出演。

 

3位 長澤まさみ 33歳 年間推定契約金額 8000〜9000万円

資生堂、アサヒビール、クボタなど様々なジャンルの企業に起用される超売れっ子。

 

4位 天海祐希 53歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

「新入社員の理想の上司」ランキングで女性部門トップ。柔軟剤「レノア」では”消臭大臣”として定着。

 

4位 新垣結衣 32歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

明治『メルティーキッス』のCMも10年目に突入。年明けには『逃げるは恥だが役に立つ』の新作が放送予定。

 

4位 小泉今日子 54歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

事務所独立後は舞台のプロデュースなどを中心に活動。政治的な発言も多く「CMでは起用しにくい」との声も。

 

4位 篠原涼子 47歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

13年ぶりに復活したドラマ『ハケンの品格』では以前と変わらぬ美貌に反響。スポンサーからのオファーは安定。

 

4位 井川 遥 44歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

サントリー「角ハイボール」のCM起用以降、男性人気はうなぎ昇り。ドラマ『半沢直樹』出演など女優としても活躍し評価アップ。

 

4位 有村架純 27歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

ギャラは4年前のほぼ倍額に。2年ぶりの民放ドラマ『姉ちゃんの恋人』の”肝っ玉姉ちゃん”役で新境地なるか。

 

4位 戸田恵梨香 32歳 年間推定契約金額 7000〜8000万円

NHK朝ドラ『スカーレット』で陶芸家を好演。化粧品から佐川急便まで幅広いCMに出演。

 

 

接戦だなぁ〜

 

 

11位 仲間由紀恵 40歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

10月スタートのドラマ『24JAPAN』に女性総理候補役で出演も結婚後は露出減で、CM起用も減少気味。

 

11位 綾瀬はるか 35歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

キッコーマン、コカ・コーラをはじめ大手クライアントのCM多数。男女ともに好感度が高いためオファーも絶えない。

 

11位 石原さとみ 33歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

「一般男性」との突然の結婚報道には、”さとみロス”の声も。サントリー「金麦」に抜擢されるなど絶好調。

 

11位 広末涼子 40歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

ドラマの主演は少なくなったが、30〜40代男性にはいまだ根強い人気。今年で40歳、もう一花咲かせられるか。

 

11位 北川景子 34歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

DAIGOとの結婚も好印象で順風満帆。ソニー、SEIKO、コーセーなど大企業からオファー殺到。

 

11位 広瀬すず 22歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

アイドル女優から脱皮し、この世代では独り勝ち。CM起用は13社にのぼり、堂々の2020上半期「CM女王」。

 

11位 杏 34歳 年間推定契約金額 6000〜7000万円

3児の母として抜群の好感度を誇ったが、東出昌大との離婚で暗雲。CMオファーへの影響は必至。

 

 

かつてのCM女王はどこに!?

 

 

18位 上戸 彩 35歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

育児で仕事をセーブするもCM起用7社とオファーは絶えず。『半沢直樹』での良妻ぶりでさらにイメージアップ。

 

18位 土屋太鳳 25歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

スキャンダラスな話題もなく、明るく活動的なキャラクターは好感度◎。ロッテ「雪見だいふく」、JRAなどに出演中。

 

18位 渡辺直美 32歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

いまや世界的な人気女芸人に成長しギャラも数年で倍増。広告業界で「最もCMに起用した芸人」と呼ばれる。

 

18位 深田恭子 37歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

いくつになっても変わらぬ美貌で女性からも高い支持。価格帯はここ数年変わらないがCM起用9社はトップ級。

 

18位 橋本環奈 21歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

アイドルから人気女優へと急成長。花王「ビオレ」、ベネッセ「進研ゼミ」、NTTドコモなど9社に出演。

 

18位 ローラ 30歳 年間推定契約金額 5000〜6000万円

ファッションやトレーニングの模様をアップしたインスタグラムが人気。インフルエンサーとしてCM価値も上昇中。

 

夫婦は辛いなぁ…

 

24位 佐々木希 32歳 年間推定契約金額 4500〜5000万円

抜群のルックスで男性はもちろん女性の憧れの的だったが、夫の不倫の影響は必至。しばらく新規案件は絶望的か。

 

24位 吉田羊 非公開 年間推定契約金額 4500〜5000万円

母親から働く女性まで様々な役どころを演じ分けられる魅力はCM業界でも貴重。新規案件も増加傾向。

 

24位 指原莉乃 27歳 年間推定契約金額 4500〜5000万円

バラエティ番組では、すっかりご意見番的なポジションに。AKB48時代はいじられキャラだったがCM起用9社と、いまや”センター”。

 

27位 菜々緒 31歳 年間推定契約金額 4000〜4500万円

その美貌と脚線美から化粧品のCMなどが殺到。さらにKDDIのCMでの乙姫役などコミカル演技も難なくこなす。

 

28位 吉岡里帆 27歳 年間推定契約金額 3500〜4000万円

日清「どん兵衛」のCMなど圧倒的な男性人気の一方で、女子ウケがイマイチ。同性からの支持率アップが今後の課題。

 

28位 吉岡里帆 27歳 年間推定契約金額 3500〜4000万円

抜群のルックスで男性はもちろん女性の憧れの的だったが、夫の不倫の影響は必至。しばらく新規案件は絶望的か。

 

28位 清野菜名 26歳 年間推定契約金額 3500〜4000万円

アクションにも定評のある演技派女優。ジャニーズの生田斗真との結婚も好意的に受け止められた。

 

28位 松岡茉優 25歳 年間推定契約金額 3500〜4000万円

三浦春馬の遺作『おカネの切れ目が恋のはじまり』でヒロインを演じた。キリン「グリーンズフリー」CMに出演中。

 

31位 川口春奈 25歳 年間推定契約金額 3000〜3500万円

大河ドラマ『麒麟がくる』では沢尻エリカの代役(帰蝶)を好演。You Tube・チャンネルも人気。

 

31位 浜崎あゆみ 42歳 年間推定契約金額 3000〜3500万円

自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の影響か、トップクラスだったCM価値は4年前の3分の1に急落。

 

33位 柴咲コウ 39歳 年間推定契約金額 ※

芸能事務所を独立したばかりで価格は「要相談」。SNSでは環境問題などについて積極的に発信している。

 

33位 米倉涼子 45歳 年間推定契約金額 ※

独立後も「楽天モバイル」などCMオファーが絶えないトップ女優。独立直後のため値段設定はないが、最上位クラス間違いナシ。

 

(参考・引用:週刊ポスト33号より)

 

以上となります。

 

いかがですか。

予想どおり? 

 

それとも、意外!?でしたか。

 

正直、うるさいな、という印象しかない米倉涼子さんの例のCMを考えると、価格的には最上位クラスだとしても、クォリティとしては個人的にだいぶ下のほうになるかな?という感想です。

 

最近ではめっきりお姉さんになった芦田愛菜さんの矢継ぎ早なCM出演が目立ってきていますね。

 

利発そうで素朴な印象が変わらない彼女が今後ぐいぐい歴代CM女王たちに肉迫していくのじゃないでしょうか。

 

指原莉乃さんもこれらメンバーの中にあっては異質な感じがしますが、まちがいなくCM出演数は増えている印象。

 

かつてのCMトップ女王争いにいた吉田羊さんは落ち着きましたかね。吉田羊さんが下降してきたのか指原莉乃さんが上昇したのか、いずれにしても契約金は今のところ同じ。

 

浜崎あゆみさんの名前が入っているのはいかにも奇妙。

吉永小百合さんにいたってはコメントする必要なし、という感じ。

 

なにせライバルがいないです。

 

個人的にCMで印象に残っている女優は長澤まさみさんに深キョンに北川景子さん、そして鉄板の綾瀬はるかさんでしょうか。

 

2021年上半期、下半期にはだいぶメンバーが変わることは目に見えてます。

 

佐々木希さんに杏さん、土屋太鳳さんにキョンキョンも、う〜〜〜ん、厳しいかな。

 

次回は女子アナになりますが、今回はこのへんで。

 

では。