毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

岡田晴恵の服装や髪型やメイクが評判!?派手すぎ違和感の声

 

 

ころもです。

 

 

岡田晴恵さんを観ない日はテレビをつけなかった日。

そう言い切れるほど”どこかには出演している”女性、それが岡田晴恵さん。

 

こんな情勢なので細かいことはスルーして大局を見ようと務めたりもするのですが、いやでも目に入る岡田さんのあれこれ。

 

なぜに色気を出そうとするのかの違和感。

 

これ、語りだしたら止まらないかもしれません。

 

なので、まずはツイッターからの声を拾ってみます。

 

白鴎大学の岡田晴恵教授に違和感と不快感。テレ朝のプロデューサーのセンスを疑う。なぜ彼女にアドバイスしないのか。命に係わる病についてコメントする人が年甲斐もなく、若づくりのキャバ嬢ごとき、色っぽさを強調するのか理解に苦しむ。タレント気取りはやめて本領のコメントを期待したい。

 

テレビ出演用にデータは一生懸命覚えてきているけれど、結局 核心はわかっていないんだな という印象。最近はヘアメイクとか衣装?に力入れすぎていて不快。

 

岡田晴恵先生がどんどんおしゃれ?派手?になっていく事で、危機感がないし説得力がなくなってる気がする、話の内容に合わせた服装にした方が良いんじゃない?タレント化してるよね。

 

服装、髪型、イヤリングとかどうにかなんないわけ? 黒スーツで出てこいや。

 

岡田晴恵の服装。前の開き具合がひにひに深くなってる。なに勘違いしてるのか・・いい歳して。

 

岡田晴恵…まだ出てるの?服装もヘアもすごい変わった…メイクも変わった。胡散臭い。

 

どうしちゃったの?ってくらいメイクも服装も派手になってる岡田晴恵氏。ちょっと違う。話が伝わってこない。

 

初めからこの服装や髪型なら批判など起きない。1月に新型コロナで登場したが、事態が深刻になればなるほど服装と髪型派手になった。そこに違和感があるのでしょ。

 

ヘアメイクと服装を紫色で統一しているけど、なんか勘違いしてるとしか思えない。胸元開いた感じも気持ち悪い。こんな奴を重宝してるモーニングショーも本当にヤバイ。

 


普通にニュースを観たいだけなのに派手なネイルや服装、髪型、アクセサリーが気色悪い不快感がある。観てて不快。

 

岡田晴恵コロナバブルで化粧と服装がどんどん派手にどこまでも… 清潔感とインテリジェンス感がなくて残念…。

 オシャレであることの何がいけないのか?という反論の声も一部あります。

しかし「そこじゃない」ということは説明不要かと。

 

 

先入観なくテレビを今日誰かが観るとして、

 

そこに岡田晴恵さんを観たとします。

湯上がりのようなホツレ毛を右も左も適量にたらして、アンニュイ(退屈・倦怠)なムードを醸し出しているヘアスタイル。

開きすぎた胸元。

岡田さんが出演するということはコロナ関連であり、間違っても春夏のファッションでもメイク特集でもない。

 

結婚や出産のおめでたい話どころか、増え続けるコロナの感染者数や死者数、医療崩壊についてのコメントや緊急事態宣言にまつわる…などなど、単刀直入にいえばいたって真面目な話ばかりであることがまず大前提としてあるわけですね。

 

しかし当初から今のようなヘアメイクやファッションならいざしらず、回を重ねるごとに服装が華やか、悪く言えば派手になっていき化粧も濃く、髪型にいたってはどんどんほつれていくばかり。

 

清潔感こそ大事にして欲しいと思うのですが、それとは相反するようなアンニュイな髪型は毎回お風呂上がりのようで、その口が「PCR検査が…」「アビガンが…」といったところで正直、まるで頭に入ってこないというのが視聴者にとってわかりやすい不満なのだと思います。

 

今朝などは、

 

イヤリングのなかでもこれ以上ないほどに存在感たっぷりの、垂れ下がり揺れるタイプのものでした。

 

それ、仕事が終わってからつけるのじゃダメですか。

 

コロナ禍で仕事を失い、休業要請で資金繰りも苦しく、1か月の延長で路頭に迷うというようなニュースばかりを報道することがわかりきったなかで、この髪型やメイク、アクセサリーをチョイスすることがまずもって信じられないし、いくら深刻さを装った言い方をしてみたところで、「ほんとかいな?」と思ってしまう人が出てしまうのも致し方ないかもしれません。

 

それほどに浮かれた印象を抱かせるファッションが目につくようになりました。

 

こうでなくちゃいけない、という型に押し込めるのも酷かもしれないですが、酷も何も自分自身これでいいのだろうか、この服装で「感染者数や死者数、治療薬やワクチン、さまざまなデータ、数値」を口にすることに不自然さや真実味に欠けるといったマイナスなものはないだろうかと一度も思わないのかと、そのほうが不思議でならないです。

 

タレントのデヴィ夫人も「老いた キャバクラ嬢か? 白鴎大学教授 岡田晴恵さん」というタイトルでブログに、

 

「テレビ朝日の『羽鳥慎一モーニングショー』で岡田晴恵という方が出てくると気分が悪くなります」

 

とコメント、

 

さらに、

 

「いい年をした人が 朝からキャバクラ嬢のような ヘア・スタイル」

「新型コロナの感染拡大するにつれて露出が多くなり、それに伴って徐々に 容姿に変化が表れてきて驚き!」

「くるくるの巻き髪で 感染者や亡くなった方々のニュースのコメントをするのはいったい どんな神経なんでしょう」

 共鳴している人は少なくないでしょう。

 

ツイッターの声を見ても、服装やヘアメイクに対する違和感を唱える声が目立ちます。

 

最初から今のファッションやヘアメイクでも「その場違いさ」に違和感を抱いたでしょうが、出始めの頃からの回を重ねるごとに派手さを増すビフォーアフター感。

 

コロナ特需を無駄に感じさせる必要はないのに、世間がコロナによって貧していく様子と反比例していくかのようなゴージャス感は「伝えたい内容」と果たしてバランスがいいのかどうか。

 

何でも批判するなよと言う声もあるでしょうが、それを言う前にそれこそ冷静になって何もなかったところに「なぜに批判がおきるのか」を一度だけでもいいから先入観なしに考えることも必要なのじゃないでしょうか。

 

スタイリストがついたのか、つかないがゆえの暴走なのかはわからないですが、好意的に観ていた自分ですら「今日のこの服装はないな」と思う場面がだいぶ増えてきました。

 

TPO(時と所と場所)をわきまえる、という言葉はもはや死語なのか。

 

ニュースの内容が入ってこない、入ってきても信頼をおくことができなくなるのがもし服装やヘアメイクに関係しているのだとしたら、番組側も多少のアドバイスをしてもいいのかもと思う今日このごろです。

 

ではまた。 

  

(参考:デイリーニュースオンライン 2020.05.03) 

 

こちらも読まれています

岡田晴恵リモート出演しない理由は!?家にぶら下がる物体の謎

岡田晴恵教授がモーニングショーで感染研の闇を思わず暴露!? 

岡田晴恵プロフィールや結婚より服装やヘアメイクが話題か 

玉川徹「モーニングショー」リモート出演で写り込まない下半身に反響!?