毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

関口宏の心ない発言に医療従事者が大激怒!非難殺到で炎上中

 

 

ころもです。

 

 

関口宏さんの心無いというのか、トンチンカンすぎる発言が物議を醸しだしています。というか完全なる炎上といっていいほどに批判の声が噴出中です。

 

「サンデーモーニング」の司会者である関口宏さんの問題発言を報じた「スポーツ報知」の記事によれば、

 

関口さんは番組で拡大する新型コロナウイルスについて特集、院内感染の話題に触れた際に、

 

「医療従事者の方たちの今の苦労は本当に大変なものだろうと思うけど」

 

と、ここでも「思うけど」という言い方がひっかかりますが、

 

さらに、

 

「でも、どっかでどうして専門家なのにうつってしまうんだろうっていう疑問はぬぐえないよね」

と報道番組のMCとは思えない「どうしたんですか?」という発言をしています。

 

そしてその言葉が炎上中ということになります。

それはそうでしょう。

 

たとえば遠洋漁業に出ている漁師さんが一般人より荒波にのまれて亡くなることが多かったとして、「どうして漁師さんなのに溺死してしまうんだろう」と疑問を抱いて居るのも同然なのですから、この疑問を投げかけられたほうが茫然とするまでのことです。

 

あなたたちより、ずっと危険な場所で仕事をしているからでしょとしかいいようがないし、そんなことはたった一度だけでも想像すればすぐにも理解できること。

 

どうして? や、 疑問はぬぐえないよね、という発言は自らの頭がどうにかなってしまったのですよと言っているも同然なほどに思慮のたりない発言です。

 

誰よりも最新のニュースに触れる機会が多いといってもいい立場、職場にいながら、かつ多くの著名人、有識者からのコメントを聞くことができる立場にありながらこの「今まで何も聞いてきませんでした」的な能天気というより残酷とすら感じる発言はどうしたものか。

 

ネットには、

 

数多くの医療従事者のコメントが含まれていました。

 

怒れるネットの声、

 

医療従事者です。メディアでこんな発言をされるなんて。日々マスク、アルコール、フェイスガード等の不足の中、仕事を休まず、感染対策をし、患者さんと接している方々のお気持ちを考えてください。皆危険に晒されながら、休めないのです!!自宅勤務ができないのです。

 

いや。この発言はちょっとちょっと。頑張ってくれてる医療関係者の方のメンタルをズタズタにするよ。医療関係者がみんな感染症の専門家じゃないだろうし、そもそも未知のウイルスで専門家ですら意見が分かれてる。その上症状のない患者が別の病気や事故で搬送され、医療物資だって足りない。どうすりゃいいんだよって泣きたくなるんじゃないかな。

 

私達はプロです。感染防御の知識は充分にかねそなえています。しかし、防御服やN95マスクなど、通常時であれば使用できるものが現場にありません!プロテクターなく、感染している確率が高い患者さんに対応しているのです!リスク承知で!現場を知らない人が、それもメディアの人が、世の中に誤解を与えるような発言を軽々しくしないでほしい!最前線の現場で働いているものとして、腹立たしい気持ちでいっぱいです!

 

医療従事者としてこの発言は許せない。職員はいつ自分が感染するか、他にうつしてしまわないかと思いながらちゃんと治療にあたっています。なのに、スタッフが離れていったら自分たちが困るって…どれだけ勝手。それだけ感染力の高いウイルスってみんな知ってるでしょ。しかも自覚症状無しの人達も診察受けにきたりする。100%防げる防具なんてないし、仕事は待ってくれないから丁寧な消毒手洗いが頻繁にできるわけじゃない。知らされてなくて後から陽性の患者さんでした。自宅待機して下さいってパターンがどれだけあると思ってるの。現に先輩がそれで、復帰した今、すごく神経質。患者さんはコロナだけじゃないし。コロナ受け入れ病院じゃなくても現場は本当に疲弊しています。

 

医療従事者が一番怖さをわかってます。みんな倫理観、責務のもと理性を持って使命感で仕事しています。医療従事者のモチベーションを下げることを言うくらいなら、テレビに出る前に色んなことを勉強すればいいと思います。医療従事者が仕事に行かなくなったら、多くの人が困ります。

ジャーナリストが戦場は危険なのに最前線の状況を伝えてくれています。そこで、危険目にあうことがある。だから、行かないわけではないですよね?予防していても、注意を払っていても不測の事態は誰にでもどこにでも起こり得るのに…なんの理論でその疑問を呈したのか…テレビ全体ですが、こういう人は情報の発信をやめて欲しいです。

 

医師です。テレビ放送では、東京などの市中感染期に入っている地域では、ERにコロナ疑い以外で搬送された救急患者や、日常的な手術・分娩等の入院患者に、新型ウイルス陽性患者か一部含まれている事を紹介していました。こういう見出しになると脳がボケているような印象を与えますが、その逆で賛否両論ありますが昔からの関口さん流の視聴者に注目を引くための導入コメントでした。現場では全てのファーストタッチに感染防止のための防護服等はとても足りません。政治家は口々に「短期政策」を言っていますが、流通が極めて悪くなっています。それから、放送でやっていたコロナとは関係ない全ての救急患者に肺のCTをやっても、費用は病院側の持ち出しで患者請求も保険請求もできません。防護服も病院費用です。どこの病院も全体の収益は大幅ダウンとなっており、厳しい状況です。

 

医療従事者です。感染経路が追えない陽性患者が多くなっています。無症状で診察を受けて、後から家族に発症者がいたというケースもあれば、家庭で知らない間に感染してしまい勤務しているケースもあり、感染対策をしていても、防ぎようがないケースもあるというのが実情です。もちろん、医療材料の不足も要因の一つです。また、院内感染が発症している病院は、全部ではありませんが、感染症指定医療機関ではない病院がほとんどです。
コロナの拡大によりベットが不足し、感染症指定医療機関ではない病院にも対応を求められています。医療従事者は、今、そんな環境で患者さんと向き合っています。感染者や医療従事者に対する差別、偏見のニュースを見るたびにいたたまれない気持ちになります。

 

関口さん。とても不愉快な発言です。
今までノロや、インフルと様々な感染者を診てきましたがコロナの感染力の強さはケタ違いです。ましてやワクチンもなく、潜伏期間も永く、無症状の感染者もいるなか、医療従事者もどうやって向き合えばいいのか戸惑うばかりです。ましてや防護服やマスク、ゴム手袋は不足して入ってこない。そんな中私たちも不安を抱えながら向き合わなければならない。そんな状況なのです。

 

腹が立ちました。
どの病院も院内感染をどう防ぐか頭を痛めています。
外来にしても、通常の入院患者にしてもコロナ患者の自覚症状がない場合もあります。
完全に防ぐとなると全ての患者に完全防備し、全ての患者にPCRをして(精度は7.8割ですが)になりますが、医療用品も枯渇していますしできませんよね。行動も非常に制限されます。みな医療資源を無駄にしないよう、最小限に留め医療を行なっているのです。とてもリスクが高い中行って行っているのです。この無責任な発言を撤回してもらいたいです。このような発言を医療従事者たちが聞いたらどのように思うと思いますか?

 

院内への持ち込みには相当神経を使って毎日緊張の中働いています。そんな中でも、感染症領域に特化した専門家はいない。けれども、未知なウィルスに対して立ち向かって、仕事をしながら院内で発生した場合感染拡大しないようにゾーニングをどのようにすればいいのか、疑い症例への対応、職員が濃厚接触者となった場合の人員の確保など考えなければいけない事は山積み。
厚労省から出されている診療の手引きをみながら手探り状態で、どこの医療機関も踏ん張っています。そんなに頑張ってやっていても院内感染がでれば風評被害をあび、保育園に子どもは預けにくいと遠慮する職員も増え、慢性的な人員不足。
終わりが見えない戦いに、身体的、精神的疲労もマックスとなり、医療従事者が燃え尽きて機能しなくなる日も増えるのではという懸念。

 

総合病院勤務の医療従事者です。
ちょっとの発熱では検査もしてくれない。入院する方というのは自分で動けない方が多くケアや接触を必要とします。あまりにも熱が続いて初めて検査してもらえます。その結果で陽性であった場合ガウンや様々な感染予防策が取られます。でももうその頃には濃厚接触となっています。そして一人当たり担当患者が沢山います。検査もしてないのだから保菌者とは知らずに症状が出るまで働いてしまいます。医療従事者数も自宅経過観察など逼迫してるので。専門家なのにうつるのは…ってもちろん手指衛生などには努めています。でも目や鼻などの粘膜から入ってきたウイルスには勝てません。でも無言でケアは出来ません。そんなこと言われるとは…

 

いやまたとんでもないことを口走るやつが出たなw。銃弾が飛び交っている最前線にいるんだから、銃後にいる人達より弾に当たりやすいのは当たり前だろ。 武装しているからとか、戦闘訓練を受けているからなんてことは関係ない。まるで「兵隊さんよありがとう」みたいな感じにはなるが、医療従事者はそれだけほかの人のリスクを背負っているという側面はあるだろう。

 

命の危険を顧みず最前線で闘っている、命を賭して患者さんに向かい合っている医療の方々の悔しさが憑依したかのような憤りを覚える発言です。

 

本気で関口さんが疑問に思っているのなら、

もう潮時なのじゃないでしょうか。

情報番組のMCがこれではテレビは本気で淘汰される対象となっていくだけ。

 

一人の馬鹿げた発言によって多くの医療従事者が時間と労力をかけ今回のコメントに反論し、肉体だけでなく精神までも疲弊しきることになったのだとしたらその責任はあまりに重いと感じます。

 

勉強して下さい。

そしてそれ以上に、想像して下さい、いろいろなことを。

 

では。

(出典元:スポーツ報知 4/26)

 

こちらも読まれています 

千原せいじレギュラー番組降板「調子に乗り過ぎ」不倫の代償

石田純一、被害者ヅラ退院報告に「TVに出ないで!」批判続出

 

手越祐也コロナ禍に手越ガールズ集め飲み会開催に非難殺到 

高橋英樹まさか炎上商法!?妻バースデーランチ投稿「なぜ!?」

椎名林檎、東京事変ライブ一部中止もコロナ脅威にネット炎上