毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

『イッテQ』チーム全員自宅待機『報ステ』〜感染?実は逆!?

 

 

ころもです。

 

無症状の感染者がいるということは何を意味するか。

 

今、テレ朝の『報道ステーション』が崩壊の「キワ」にいるわけですが、どこから感染したのかわからないということだけが確かだと思うのに、なぜか富川悠太アナから徳永有美アナ、徳永有美アナから内村光良ことウッチャンという「→」が多くの人の脳裏に浮かんでいるのじゃないでしょうか。

 

ころもも当初そうでした。

 

しかし潜伏期間に個体差があり、症状の有無にも個体差があるこの新型肺炎においては誰が感染源であるかということはもはや断定できないわけです。

 

富川アナが発熱の自覚がありながらそれを伏せて仕事を強行したことの無責任さについては今後議論されるでしょうからそれは今回脇に置くとして、富川アナのせいで徳永アナ、そこから夫であるウッチャンの感染不安という経路はあまりに単純すぎるというのか、1つ大きなことを見落としているなと感じ始めたわけです。

 

冷静に考えればすぐにわかることですが、

 

仮に今回、ウッチャンが感染していることが判明しました、ということになってしまったとしたら、その感染経路はどこからということになるのでしょうか。

 

富川アナは在宅勤務だった3日と休日の4日に38度の発熱があったもののすぐ平熱にもどり、陽性と判明したのは11日。

 

いっぽう、ウッチャンと『イッテQ』で共演している森三中の黒沢かずこさんが新型肺炎に感染しているとの診断結果を受けたのはそれより前の3日です。

 

つまり、

 

富川アナ→徳永アナ→ウッチャンという感染経路を推量するのもわからなくはないですが、

 

無自覚無症状の保菌者が一定数存在し、その段階でも人から人へ感染させてしまうということであるならば、その逆の感染経路もまたあり得るということになるのではないかと。

 

報ステ→イッテQ

 

ではなく、

 

実は、

 

イッテQ→報ステ

 

という可能性もゼロじゃないということ。

 

誰がうつした、うつさないということではなく、一方向からだけの見方しかないというのはこの新型肺炎の場合は危険だなと。

 

最初に発表した人が誰かに移していくということでもないし、無症状の人が誰にもうつしていないということでもない。

 

大事なのは、すでに自分も感染している身なんだという自覚を持って生活、行動をしていくことなのでしょう。

 

感染しているのに無症状の人がいる。

 

そして無症状無自覚であるのに人に感染させることもある。

 

そういう性質のものである以上、感染経路を追うのは非常に困難だということだけは今回の事例ひとつをとってもよくわかります。

 

それにしてもテレビ業界、ドラマも作れない、ぶらり街なかロケもできない、スタジオ収録も3密で無理、生放送のニュース番組ぐらいが更新されているような状態ですが、それとて1名でも感染者、あるいは濃厚接触者が出てしまえば番組そのものが消滅してしまう危機があるのですから、ユーチューバーとなって活躍の場を今後はそこにとする芸能人もますます増えそう。

 

ではまた。

 

(参考:日刊サイゾー2020.04.15)

 

 

こちらも読まれています 

イモト『イッテQ』卒業誤報の目的は!? 日テレも否定の不思議 

イモト「イッテQ」降板女優専念!? 森三中は卒業も驚きの顛末 

森三中・黒沢かずこ2度目の陰性発表も「引き続き養生して」 

2019年 累積視聴率TOP15を発表!ポツンと一軒家は何位? 

 

イッテQ「麒麟がくる」視聴率超えもイモト過酷ロケへの不安

イモトアヤコ結婚生発表に祝福の嵐!相手は石崎ディレクター 

イッテQはいくら!?バラエティ番組の制作費をFLASHが公表!

イモトアヤコ「美女化」持ち上げ記事の意図は何か!? 

イモトアヤコ「かわいい」追求でファン離れ加速!?ギャップに不満