毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

赤江珠緒テレ朝社員の夫がコロナ感染か!?高熱続きで診断待ち

 

 

ころもです。

 

 

テレ朝に今何が起こっているのか。

 

フリーアナウンサー赤江珠緒アナがテレビ朝日報道局ディレクターの夫について自身のラジオ番組に電話出演し、

 

「うちの夫の職場で陽性反応の方が出まして。こりゃ大変と話していたら、週末に(夫が)体調を崩しまして。朝、熱が出て夜高熱、8度5分ぐらい。味も…とか言い出したのでこれはまずいからと、病院に相談していったところ肺のCT検査していただいて、軽い肺炎症状と。(PCR)検査までさせていただくことにつながったが、4日ぐらいしないと結果がわからないらしい」

 

と報告。

 

赤江アナは、

「この週末に夫も体調を崩しまして、朝に熱が出て夜になると高熱が続いて。で、味も…と言い始めたんです。これはまずいな」

と説明。

 

テレ朝、報道局、ディレクター、週末、高熱続き、味覚障害の疑い……

 

テレ朝「報道ステーション」富川悠太アナウンサーの新型コロナウイルス感染が報じられたばかりのこの報告。

 

赤江アナのご主人は12年前の2008年に結婚した当初は「報道ステーション」のディレクターだったこともあり、なんだか胸騒ぎがします。

 

「かなり状況を聞いていると、(新型コロナウイルスに)かかってるんだろうなという感じだが、陽性、陰性まだわからない」 

 PCR検査の結果待ちということで自宅休養、

 

「そうなると家にいる限り私たち怪しい状況ではあるので、家全体で社会生活を止めた方がいいなという判断になりました」

 

と、夫の陽性反応が出る可能性も考えラジオを電話出演としたそうです。

これは賢明でしたね。

 

私たちというのは、

 

赤江さんには2歳の娘さんがいるからですが、ご自身は現在何の症状もなく「変わらずのんきに元気でやっている」とコメント。

 

また、

 

「悲観することなく、病気の1つだから元気に治して、移さないようにすることを気をつけるしかないかな」

と検査までのことを振り返り、

 

「何も悪いことをしていないし、社会生活していて病気になることはあるし、移る時は移る。元気になって、抗体がついて社会に戻れるなら、順番にかかっていった方がいいかもしれない。うちに関しては正々堂々と家にこもります」

と感染者が非難される風潮についても日刊スポーツのなかで語っていました。

 

これに対しネットでは、

 

可能性高そうだけど、こういう状況なら検査してもらえるのかな?俺の知人でも検査希望者が3人程いたけど、みんな検査してもらえていないんだよなぁ。

 

テレビ局ってさ、人がたくさん出入りしてるよね。局に所属してる人だけじゃなく、制作会社や出入り業者など不特定多数でしょ。申し訳ないけど下っ端のスタッフさんとかって清潔感もないし睡眠も栄養も摂ってない免疫力が低い人が多そうなんだよね。通勤もほとんどが電車だろうし、なんなら家に帰らず泊まり込んでる人もいるでしょうよ。クラスターの発生源って感じがする。

 

検査結果おっそ!4日の間に急変する怖さもある。また赤江さん自身も罹患してたら子供も罹患リスクあるし、2人が隔離になったら子供はどうする?てのもありますね。

 

赤江さん本人が先週体調(喉の調子)が悪かったのは、もしかして先にコロナにかかっていたのでは???という疑問もわいてきてしまう。。

 

いま心配なのは、このような家族構成な方々。親が罹患し軽傷からもしも両親が入院となった場合、お子様はどうする? お爺ちゃんちに預けるわけにもいかないよね。

 

いくら家族が引きこもりをしても、旦那は都会に出てたくさんの人と触れ合って帰ってくる…一生懸命、おうちにいても旦那が感染の疑いなり家族にうつれば身も蓋もない…。そんな家庭ばかりだろう。明日は我が身。国から最低限の免除あれば、旦那も引きこもれるのに。

 

赤江さんも、今月2日に喉の調子が悪くて休んだって言う記事を最近見たけど。喉だけで他は無症状で旦那に感染させた可能性もあるよね。

 

コメントにもあるように、

 

赤江アナは4月2日に自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「赤江珠緒たまむすび」を、のどが不調ということで大事を取り自宅中継出演しているのです。

 

スタジオに生出演復帰を果たしたのはそれから4日後の4月6日。

 

「私も戻って参りました。木曜日、自宅から出演させていただいたんです。というのも、声が枯れてのどが不調になって、『これは』と思って万が一を考えて自宅からやったんです」

と説明していましたが、

 

今回ご主人のコロナ感染疑いの記事のなかで語っていた(先に引用した)、

 

「何も悪いことをしていないし、社会生活していて病気になることはあるし、移る時は移る…後略」

 のなかで、

 

非常に奇妙に感じた「何も悪いことをしていないし」の部分の意味がわかったような気がしました。

 

これはご主人の弁護というよりは、

 

自身が先に体調不良になっていた為に自分が攻められるのではないかということを危惧して、自己弁護も含めて思わず放ってしまったのかもしれないですね。

 

それならいきなりの「何も悪いことをしていないし」の発言も頷けます。

 

100人規模で制作を行っているという「報道ステーション」。

富川アナの出演中に接触があったという番組共演者やスタッフで自宅待機の措置を行っている人数は20人に及ぶという情報もあり、関係者いわく、他の報道番組に携わるスタッフを駆り出さないといけない状況で、「影響は報道番組全体に及ぶ」ということです。

 

コロナ感染による発熱の特徴に関しても立場上、一般人以上の知識を得ていたはずの富川アナが、明らかに体調不良を自身が感じていただろうにそれを伏せて仕事を継続していたという事実は、これほどの人間の仕事や生活を脅かすということを想像できなかったのですね、と言われても致し方ないでしょう。

 

他の病気の場合なら使命感や責任感という美談にしあげることもできたかもしれないですが、誰よりも濃厚なコロナ情報をキャッチしていただろう番組のメインキャスターというだけに、回復してからもその報道にどれほどの信頼がもてるのかという新たな難問が待ち受けているように感じてしまいます。

 

38度の発熱があった3,4日に勇気を持って自宅待機を選択していたらと思うと残念です。

 

ではまた。

 

(出典元:スポニチアネックス4/13、日刊スポーツ4/13、デイリー4/13)

 

【あわせて読みたい】

『報ステ』富川アナはなぜPCR検査をすぐ受診できたのか!? 

報道ステーション富川アナコロナ感染で湧くネットの不公平感 

赤江珠緒テレ朝社員の夫がコロナ感染か!?高熱続きで診断待ち

『イッテQ』チーム全員自宅待機『報ステ』〜感染?実は逆!?