毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

宮藤官九郎コロナ感染後の快方報告もバッシングの嵐の理由

 

 

ころもです。

 

 

3月31日に新型コロナウイルスに感染した脚本家の宮藤官九郎さん。

 

その後お笑い芸人や声優などコロナ陽性と診断された芸能人も出てきていますが、誰もが同情されるわけではないようです。

 

考えてみれば当然。

 

誰が感染しているかわからない現状においては「自分はすでに感染している」という意識で他人にうつさないという最大の警戒心と行動が大事なのに、もしその行動に反することをしていたら、そして、その危機感なき行動によってコロナに感染したのだとしたらとてもではないが同情などできないというのはもっともです。

 

さて、

 

この流れからすでに予想がついたと思うのですが、宮藤官九郎さん、感染した直後こそ同情や心配の声が目立っていましたが、風向きが変わって今や批判の的です。

 

なぜか。

 

なんでも4月6日に自身が月曜パーソナリティを務めるラジオ番組「ACTION」(TBSラジオ)に「少しずつ快方に向かっております」とのコメントを寄せ、番組出演できないことを陳謝したことが発端のよう。

 

コロナ感染からの快方ということでリスナーや出演者、ファンなどを安堵させたという側面もあるなか、拡散されたこのコメントにはそれを凌駕する非難の声が殺到したというのです。

 

エンタメ誌のライターは、

 

「患っていた腎盂炎(じんうえん)の治療中にコロナ感染が発覚したと、『なんで自分が…』という本人の声とともに伝えられました。でもその後、クラスターが発生した3月20日の渋谷のライブハウスイベントにも参加していたとの噂が出回ったり、舞台稽古も続けるなど、クドカン自身が『コロナを甘く見ていた』と思われてもおかしくない“問題行動”の数々が報告されていますね。20日のライブイベントに至っては参加者のスタッフや観客のほとんどがマスクをしていなかったという目撃者の声も出ていますし、宮藤さんの『なんで自分が…』という、まるで身に覚えがないという言い方に疑問の声を唱える人が大勢いました。確かに感染は気の毒なことで、快方に向かうことはポジティブに捉えられてはいますが、ラジオで報告するなら、影響力のある有名人として、一連の軽率な行動に対してお詫びがあってもいいんじゃないか。『謝罪もないの?』という意見が圧倒的です」

と分析。

 

たしかに最初に記事で感染のことを知った際、

 

「なんで自分が…」

 

とクドカンさんが発したコメントを観たときに、

 

「じゃあ、誰だったらよかったわけ?」と無駄にツッコミを入れたくなったのを思い出しました。

 

なんで自分が? と不満や疑問を抱く人というのは、「心当たりがない」ということが大前提にあり、それゆえに「なぜ?」という疑問が湧くものだろうというのが大方の見方です。

 

さらにくだけば、あれほどきちんとコロナ対策をしてまじめに生活してきた自分なのに、なぜ、どうして、解せないという感じ。

 

しかしながらクドカンさんはクラスターが発生した3月20日の渋谷のライブハウスイベントに参加していた噂がとびかったり、舞台稽古も続けていたなど、現在のコロナの状況からしたら完全にコロナを「舐めていた」として思えない軽はずみな行動をこれでもかというほど取っていたと判断されても仕方がないわけです。

 

だのに、

 

それだけの行動をとっていたにもかかわらず「なんで自分が?」という意味不明な驚き方をしているのだからそれは叩かれます。

 

「やっぱりそうなるか」ならわかりますが「なんで自分が?」って、ライブハウスに舞台稽古って、「3密」をこれでもかというほど踏襲しているじゃないですか。

 

それは相当の確率で危険をもらいにいっているも同然。
まずは無責任な行動を続けたことに対するきちんとした謝罪の言葉があっていいという非難の声が殺到するのもわかります。

 

ここでそのラジオに寄せられたクドカンさんのコメント全文を転載させて頂きます。

 

宮藤です。すみません。(金曜パーソナリティーの)武田砂鉄さんには「謝る必要はない」と言っていただきましたが、月曜日の3時半から僕のせわしないしゃべりを楽しみにしてくださっている奇特(きとく)なリスナーのみなさんには、やはり申し訳ない気持ちでいっぱいです。先週に引き続き、今週もお休みをいただきます。幸坂さんも大事を取って休まれた先週、病院のベッドで放送を聞きました。図らずも、各曜日のパーソナリティー同士の無言の結束力、横のつながりの強さを感じました。新型コロナウイルスはうわさ通り手強く、しぶといですが、「お若いから治りも早いですよ」というサービストークに乗せられて、少しずつ快方に向かっています。完全復活するまで、神奈川県イチ面白い50代主婦、伊勢志摩先輩にピンチヒッターをお願いします。

以上です。

 

なんでしょうかね、

 

武田砂鉄さんの「謝る必要はない」というアドバイスも。

 

悪いことをしたわけではない、好きでなったわけではないということが根本にあるのかもしれないですが、この自粛要請のなかクラスター発生の温床となる場で活動を続ける行為そのものに対しては「謝る必要はない」というアドバイスはあまりに視野の狭い身内に甘い発言と受け取られても致し方ないでしょう。

 

 

4/2付「スポニチ」でも、

 

宮藤がギターを担当するロックバンド「グループ魂」が3月22日にミュージックビデオの撮影を、都内のライブハウスで行っていたことが分かった。関係者によると、人気バンドも共演し、会場内に多くのエキストラを入れた密集状態だった。所属事務所は「参加者全員を検温し、マスクを配り、入り口でアルコール消毒を徹底。1曲ごとにエキストラを外に出して換気し、万全の態勢で臨みました」と説明。スタッフの一人は「クラスター感染が起きていないことを願うばかりです」と話した。

とあるように、

 

なるべくしてなった感がより濃厚になるばかり。

 

ネットでも、

 

この時期にかなり危険な事をやってたんだね。自分は大丈夫の典型的行動だと思う。

 

換気しようが体温測ろうが、隣の人間が感染者だったらもうアウト。

 

愚痴言う資格なんてない。感染したのは運が悪かったくらいにしか思ってないのか?

 

こんな制限対象の行動していながら、まさか自分が、とはこの人賢そうでいて、そうではなかったのか?

 

何で自分が…とおっしゃっていたが、実際は危険と言われる三密が感染機会だったということか。接触、人との距離が近いと感染するってことが明確になっただけですね。ウイルスに対して、自分は多分大丈夫〜なんて通用しないと、なんでわからないのかな。

 

万全の態勢ってのは、検温とかマスクじゃなくて、自覚症状が無くてももしかしたら自分が感染しているかも知れないと想定して行動する事だと思うが。

 

同情の声はないといっていいほどに、軽率な行動に呆れた声ばかり。

 

まったくもって、なるべくしてなった人、という烙印が押された感じです。

 

フランスではジョギングも禁止になりました。

 

1人で外をジョギングすることが禁止されるほどのコロナ感染拡大への各国の必死の攻防戦、そんななかにあってクドカンさんがとったライブハウスでの状況がいかに子供だまし以上の馬鹿げた行為だったか。

 

想像力が必須の仕事の方がこれでは避難されるのも致し方ないというところでしょう。

 

ではまた。

 

(出典元:スポニチアネックス4/2(木)、アサ芸Biz 4/8(水))