毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

黒沢かずこ体調不良ヒルナンデス欠席はコロナ感染に不安の声

 

 

ころもです。

 

 

お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこ(41歳)さんが新型コロナウイルスの感染検査で「陽性」と確認されました。

 

吉本興業のマスコミ各社へのFAXによる報告では、

 

「肺炎の症状も収まり、咳などの呼吸器症状もございませんが、味覚、嗅覚が感じづらくなっている状況が続いており、早期回復を目指し、自宅にて療養に努めております」

とのこと。

 

辛坊治郎キャスターは4日の「ウェークアップ!ぷらす」で、

 

「有名人の感染のニュースが続々と入ってきていますが、どのぐらい市中で感染が広がっているかのひとつのバロメーターでもあります」

とコメントしていましたが、黒沢さんの感染発覚までの経緯を改めて読むと、これはどれだけ無症状無自覚のままの感染者がいるだろうかと、改めてこの期に及んでも都市封鎖(ロックダウン)を躊躇している政府の対応に失望を感じます。

 

 さて、

 

世界での感染者数、死者数、回復者数をジョンズ・ホプキンス大学(JHU)の「システムサイエンスおよびエンジニアリングセンター(CSSE)によるコロナウイルスCOVID-19グローバルケース」で毎日確認しているのですが、

 

その情報によれば、

 

2020年4月4日、午前10:13時点で、

●世界全体の感染者数 1,098,848人

●死者数 58,871人

●回復者数 226,106人

となっています。

 

もうひとつ、

 

日本経済新聞の「新型コロナウイルス感染 世界マップ」も併用して確認しているのですが、

 

その情報では、

 

前日4月3日は、

◯世界全体の感染者数 1,003,593人

◯死者数 50,475人。

(日経では回復者数の報告は掲載されていませんでした)

 

と感染拡大の状況がリアルタイムに近い形で(これとて完全な数字とはならないでしょうが)わかります。

 

不安というのは漠然としたものに対して起こりやすいので、その不安の根拠に向き合って情報を掴みにいくというのも今の時代は大事です。

 

さて、黒沢さんの話に戻りますが、

 

4/4付「スポニチアネックス」の記事によれば、体調不良を訴えていたのは

2週間ほど前から。発熱と、味覚や嗅覚障害があったとのこと。

 

さらに詳細な情報として4/4付「スポーツ報知」があるのですが、これによれば黒沢さんに発熱症状がみられたのは3月21日の昼ごろで夜には平熱に戻ったと。

 

医師の診断で2日間は自宅療養し、25日には仕事に復帰、番組撮影に参加。

 

しかし、

 

味覚、嗅覚を感じない状態が残っていたことで大事をとり、以後の仕事はすべてキャンセルしたと。

 

さらなる詳細があったのは4/4付「東スポWeb」の記事で、

 

3月21日の昼ごろに発熱症状がみられ、その後発熱自体は回復したものの味覚と嗅覚以上の症状が残存。

 

都内の保健所へ連絡後に複数の医療機関を受診し、4月1日に受診した医療機関においてCT検査を行ったところ、肺炎の診断を受け、最終的にPCR検査を受診し、4月3日夜に新型コロナウイルス感染の診断を受けたと、こうなります。

 

東スポの記事では所属する吉本興業による、黒沢さんの仕事の稼働状況についても説明しているのですが、これが実に大事。

 

それによれば、

 

3月21日の夕方には平熱
3月25日には撮影のため稼働(しかし味覚、嗅覚異常残存)

3月26日から仕事は全キャンセル

現在は呼吸器症状は現れてないものの、味覚、嗅覚が感じづらい状況が続いているため自宅療養中。

 

とのことです。

 

まとめると、

3月21日に発熱、夕方には平熱

3月25日に撮影

3月26日〜仕事は全キャンセル

4月1日にCT検査

4月3日に新型コロナ感染の診断

 

簡単ですが、こういう流れですね。
日経の記事によれば、黒沢さんは3月以降海外への渡航歴はなく、感染経路は不明だとのことです。

 

黒沢さんといえば昼の「ヒルナンデス!」の月曜レギュラー。

3月23日と30日と2週連続で欠席してはいますが、感染していても無症状の期間、潜伏期間などを含めれば濃厚接触者の数はどれほどになるのか。

 

今週あたりから各TV局でもようやく社会的距離を出演者同士に設けだしたところが増えてはきましたが、マスクをつけるわけでもなく、もろに「3密」状態だったコロナ拡大中の危機感なき状況を振り返るとすべてが「遅い」といわざるを得ません。

 

ネットの声も拾ってみましょう。

 

2週間前から?濃厚接触者がどれだけ居るのか考えただけで恐ろしい…ただただ恐ろしい

 

芸能人はロケやらスタジオで窓や換気のないとこでたくさんのタレント並べて仕事してるんだからもっとヤバいと思ってた。芸人やタレントの感染者増えそうで怖いね。

 

本人の回復はもちろだが、他のメンバー始め、その他濃厚接触者が感染広めてないことを願います。

 

番組制作を一定期間中止するなりしないと番組スタッフやタレントさん俳優にテレビ局員に感染が拡大すると思います。

 

もちろん黒沢が一番大変だと思うけど大島や村上とか大丈夫なのかな?イッテQのメンバーとかもだけど共演者が多いから感染してないか心配だね。

 

色々と不思議なんですが。判明するまで数箇所病院行ってるとか。ロケ参加したとか。
結構ばら蒔いてませんか?ご本人がお辛いでしょうけれど、その判明するまでの期間が長い気がするのですが。この業界の方々もっと危機感お持ちになられた方がよろしいのでは?

 

このウイルスって潜伏期間中にも感染力があるんですよね。そして黒沢さんの場合、今から考えればすでに発症してからも収録されているので、そこに関わった大島さんもご一緒だったみなさん全員が大いに疑わしい状態にあるのでは。

 

芸能界、テレビ局は3密の機会が多い仕事場であると思う。芸能人、局職員、関係業社、かなりの多人数出入りし、楽屋は毎回消毒しないし、最近は放送時は一人一人距離を取っているが、打合せ、リハは接近しているし、その殆どが発声が伴う仕事。一度誰かが感染すれば、クラスターが発生しやすい業界の典型だと思う。

 

散々自分達のニュースで自粛の必要性訴えてるのに。クドカンもライブハウス行っちゃってるし。ニュースに携わってる人は出来てもバラエティ番組に携わる人が馬鹿なのか。下手すれば一般人より酷い。

 いかにコロナであることを隠そうかという動きも出てくるのじゃないでしょうか。いずれにしても誰がどうみても芸能界の「3密」はひどい。

 

昨日今日急に変えたとしてもこれまでの収録風景、そこから推し量られる打ち合わせや夜の交際など、都知事がナイトクラブやバーへの外出を自粛する意味の根底の意味を知る必要があるでしょう。

 

ではまた。

 

(出典元:スポニチ、東スポWeb、日本経済新聞、スポーツ報知 4/4付)