毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

相葉雅紀も涙「志村どうぶつ園」継続に視聴者「ありがたい」

 

 

ころもです。

 

 

大好きだった「志村どうぶつ園」がタイトルもメンバーもそのままに残ることが決定。

嬉しいニュースです。

 

先日放送された志村けんさんのフジ追悼特番は視聴率が21.9%、4072万6000人が視聴したことになるそうで、これは日本人の三人に一人が観たということになります。

 

自粛要請があるなかでの番組放送だったとはいえ、平常時であっても相当の高視聴率になったことでしょう。

 

個人的に志村けんさんといえば、ここ数年は「志村どうぶつ園」の園長としての志村さんでした。

 

それだけに、タイトルはそのまま、出演メンバーも変わらずにこれからも番組が続いていくというスポーツ報知の記事を読んで、悲しみはあるもののどこかホッとした部分もあります。

 

お笑い芸人とは名ばかりで、

 

まるで番組のMCになるためにお笑いの道から入ったのかと間違えそうな芸風や芸人ばかりが増え、純粋にコメディアンとしての面白さを持ち続けていたのはもしかしたら志村けんさんただ一人だったのではないかと、今さらながらこの時代がもっとも必要としている一人といっていい偉大な人を亡くしてしまったのだなと痛感します。

 

パンくんにジェームズ、元捨て犬だった「ちび」も含め、みんなが志村園長を慕っていたし、他の芸能人にはなつかない動物でも志村園長にはすぐに打ち解けてじゃれついたり、なにか本能的に動物は志村さんの人間性を見抜いているのだろうなと、毎回笑顔の絶えない志村園長を見ながら思ったものでした。

 

オーバーオールにピンクや赤のバンダナをクビに巻いた姿が、はげあがった志村さんの頭とミスマッチ過ぎて逆にしっくりきていたというのか、ひとみ婆さんや変なおじさん、バカ殿に続く新たな園長キャラとして楽しんだもの。

 

 

相葉くんにバトンを渡して…

 

「志村どうぶつ園」といえば相葉くんも忘れてはいけないですね。

どうぶつ番組だというのに動物が敬遠するようなシーンがあってそれはそれなりに面白おかしく観ていたわけですが、その相葉くんが山瀬まみさんと志村園長不在の番組を仕切っていくことにもある種の感慨深いものを感じます。

 

相葉くんにとっても今年は「嵐」としてのラストイヤー。

 

来年以降は個人として活動していくことになるわけで、そんな重要なターニングポイントになる2020年に大きな番組のバトンを受け継ぐ。

 

「頼んだぞ」「しっかりやれよ」という志村園長の言葉が聞こえてくるよう。

 

2004年4月からスタートした番組もこの4月で17年目に突入。

 

志村園長の姿はなくとも、その不在の寂しさこそが、たしかにそこに園長がいたという証にもなるので、

 

そこに志村園長だけがいない

 

という状態で、タイトルもメンバーもそのままの番組継続の意味や価値は非常に大きいと感じます。

 

ファンも継続して観てくれるのじゃないでしょうか。

 

ネットでは、

番組名をそのまま残して下さってありがとうございます。志村園長は永久に志村園長です。

 

園長は長期出張って感じでしょうか。いいですね、何も変えずに続けて行ってくれる事に感謝します。

 

どうかいつまでもずっと続けてください。会ったことのない自分ですらこんなに寂しいんだから、出演者、スタッフの皆さんの辛さたるや想像もつきませんが、変わらずに続いていくことを志村さんも願ってると思うし毎回楽しみに見るんだろうなって思います。

 

相葉くんの隣にはいつも志村園長がいたのが当たり前だったのに。なんか本当に寂しい。土曜日楽しみにしてます

 寂しさと喜びが入り混じったコメントが続々。

 

今夜の「金スマ」は志村さんが出演した昨年4月の分を再編集して放送するとのこと。

 

一年前に誰が今の状況を想像したことか。

 

人間の命は儚い。

そして誰も未来のことはわからない。

 

大いに笑って、大いに泣こう。

 

お笑いの神様が教えてくれた、それが最大のメッセージに思えます。

 

ではまた。

 

(出典元:オリコンニュース、スポーツ報知 4/3)

 

こちらも読まれています

志村けん追悼番組「長さんの次は高木ブーだと」カトちゃん弔事

ホリエモン、志村けんさん哀悼も変わらぬ持論にネット猛反発 

たけし、志村けんコロナ感染に「ロシアンルーレットみたい」

相葉雅紀 5年愛発覚か!?両親紹介済みの関西女性とプードル