毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

椎名林檎、東京事変ライブ一部中止もコロナ脅威にネット炎上

 

 

ころもです。

 

 

みっともない結果です。

人の命を軽視する音楽には全く価値を感じません。

 

どんな音楽であるにせよ、その先には”儚い人間の限りある生命を慈しむ源泉”が湧き出ていて欲しいもの。表現の仕方はみな違っても、それを見つけ、かみしめるところに音楽の良さはあるのじゃないか。

 

そう信じているので、今回の椎名林檎さん率いる東京事変の命を軽視するような暴力的すぎる強行ライブには怒りしかありません。

 

自分の命同様に他人の命を思いやる行為を、まさか「意気地なし」とあざ笑っていたということはないでしょうが、世の中のあらゆるイベントが中止するなかで強行する自分たちって「カッコイイ」ぐらいに勘違いしてるのじゃないかと推量していた人々は少なくないでしょう。

 

どのような視座に立てば卒業式さえ諦めた子供たちの悲しみをよそに、自分たちだけのヒストリーに酔いしれることができるのか、情けないと同時にみっともないことだと一度たりとも振り返ることはなかったのでしょうか。

 

3/4付「スポニチアネックス」によれば、

 

「東京公演の終了後、お伺いする予定でおりました今後の公演について、改めてメンバー全員とスタッフで考え、話し合いました。その結果、現在の国内の状況に鑑み、以下の5公演を中止することといたしました」とツアー続行の断念を報告し、「公演を楽しみに待っていてくださったお客様には、大変ご迷惑をお掛けすることとなりますが、このような判断をさせていただきましたこと、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」

 

と所属事務所の公式サイトで説明したようですが、2/29と3/1に東京国際フォーラムですでにライブを決行したことについて「申し訳ございませんでした」といった謝罪の言葉がひとつもなかったのだろうかと唖然。

 

もしかしたらスポニチアネックスが見落としているのではと改めて公式サイトを覗いてみたのですが、謝罪の言葉らしきものは、公式サイトの公演中止のページのチケット払い戻しのお知らせ直前にあった、

 

土壇場でのご案内となりましたことを、改めてお詫び申し上げます。

 ぐらい。

 

個人的には、

 

改めてお詫び申し上げますのあとに、「多大なるご迷惑をおかけして大変誠に申し訳ございませんでした」ぐらいの言葉があってもいいのじゃないかと思ったものですが、そんなことを求めることすら意味のないほど大きな事態になっているのだと「ライブ中止」のニュースについた1万件を超すヤフーコメント数を見て思ったものです。

 

 

3月中旬にはどうなっていることやら

 

 

大阪のライブハウスが次々と感染者数を増やしていくニュースが続くなか、自分たちがいくら今後のライブを中止したところで、仮にたった一人でも、たった一人だけでも、たった一人しか感染者を結果として出さなかったとしても、2/29と3/1の両日で約1万人近い人間を全国から集め、最もウイルスが好むと思われる長時間、閉塞的な空間で飛沫感染を回避できない状況を作り出した事実、その1万人近い人間たちが各々帰宅するうえでどれだけの公共交通機関や宿泊施設を利用し、無関係な家族や職場、何も知らない隣近所の人々に大小さまざまな迷惑をかけることになるかを考えると、今後のライブを中止したところで東京国際フォーラムでライブを開催してしまった取り返しのつかない愚行、判断に「もはや手遅れ」という怒りしかないです。

 

改めてメンバー全員とスタッフで考え、話し合いました。その結果、現在の国内の状況に鑑み……

 

ということで5公演を中止したことを語っていますが、国内の状況を鑑みて中止したのではなく、X JAPANのYOSHIKIさんの冷静沈着でまっとうなツイッターによる度重なる警鐘、それを支持する世間の声の高まり、さらには増え続ける大阪ライブの感染者のニュースに恐れをなしたというのが本音では?

 

通常は開催前に話し合いすべきことがらでしょう、国内の状況など。

世間どころか日本全体、世界中の一番の関心事といってもいいコロナですよ相手は。

 

全職種の方々が未経験の不景気と不安に見舞われながらも、大げさじゃなく「人命優先」に特化して動き出していた矢先の身勝手ライブですから、今回の遅すぎる中止の決断には桁違いの批判が殺到しています。

 

強行突破したライブの結果なるものがニュースとなって流れてくるのは今月中旬以降でしょうか。大阪のライブハウスの二の舞にならないことを祈るばかりです。

 

 

 

今回の一部中止となる公演の記事に集まったネットの声は、

 

今さら遅い。もうどれだけの人を危険に晒したか。それも1番大事にしなくてはならない人達を。もう遅い、やった事の取り返しはつかない。

 

やる前にこの決断が出来なかった事が残念です。緊急事態だと言うことを自覚してない常識の無い人達の集まりだということを世間に知らしめただけ。

 

この人を知らなかった・興味がなかった人でも“ライブ強行して日本を危険に晒した人ね”と記憶に残ったと思います。

 

なんか、中止した結果、2月29日はワガママで強行開催した事がより一層強く印象付ける様になったな感染者が出たらどうするんだ?

 

今さら遅いです。ちゃんとメディアに出て釈明と言うか謝罪すべきです。

 

その決断は遅いだろ!椎名林檎さん好きだったけど、もう聴かない。自由な人だとは思ってたけど、自分勝手な人だとは思わなかった!

 

東京事変はそれだけ国の一大事の時に、非常識なことをしてしまったと思います。許せません。

 

とりあえず閏日29日に公演さえできれば、後々伝説が残せると思ったのだろうか。一万人近く、いやその周りの多くの命の危険と引き換えに。

 

東京の2公演の強行は、あまりに無責任な行為だったと思う。であるので、椎名林檎は今後多方面で干されて欲しい。

  

10000件を超すコメント数、そのほとんどが怒りの声。

 

若さや健康であることのおごり。

 

高齢者、基礎疾患を有する方々が重篤化するリスクが高いと知りつつライブを決行したのだとしたら、その罪はあまりに重い。

 

そして、

 

「圧力」と迷惑千万な批判をされながらも警鐘し続けてくれたX JAPANのYOSHIKIさんには感謝しかありません。

 

では。

 

(出典・引用元:スポニチアネックス 3/4(水))

 

【こちらも読まれています】

椎名林檎のライブ参加客「飛沫感染しまくりの状況でしたね」

椎名林檎の東京事変ライブ強行に「何を考えてる!」非難殺到

YOSHIKI、新型コロナ拡散危険ライブに「危険な行為」の訴え

東京事変、コロナ拡散ツアーと非難轟々も強行の3つの理由!?