毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

岡田晴恵教授がモーニングショーで感染研の闇を思わず暴露!?

 

 

 

厚労省発表!新型コロナ対策!
無利子で80万円まで貸付可能!?
減収が続けば、返還不要になるかも

 

特例貸付制度の詳細はこちら
↑ TVでは教えてくれない ↑

 

 

ころもです。

 

 

岡田晴恵教授。

いい仕事をしてくれました。

 

今朝の「羽鳥慎一モーニングショー」をご覧になったでしょうか。

ころもは観ました。

 

そしてスタジオの空気が一変した瞬間を目撃しています。

なぜに空気が一変したのか。

 

それは、岡田教授がついに漏らした次の発言があったから。

 

これは、現場の医師がPCR検査が必要と判断しても受けられない例がかなりある、という医師会の発言をとりあげるなかで、

 

PCRの数が必要、すべてはそこなんだと力説する玉川氏の発言後、司会の羽鳥さんが、

 

「なんで岡田先生、こんなに数が(PCR検査の)少ないのかなってところなんですが」

と問うと、

 

岡田教授は、(以下、テレビより文字起こし)

 

「あの〜、私はあの〜プライベートなことは言いたくないんですけれども、よくあの〜中枢にある政治家の方からも、こういう説明を受けたんだけれどもこれは解釈本当にこれでいい?という電話がかかってくるんです。公的負担に関しては、もうできたよっていうふうな連絡があったんですけれども、正直言いまして、複数の先生が正直言いましてクリニックから直接かってことについてはちょっと待ってくれって言われてる。だからそれはまだわからないと。じゃあ、先生待ってくれっていうのはどういうことなんですか?っていうことをお聞きしました。

で、私はあのうがった見方をしていました。経済の方とかご同席すると、いやオリンピックというのは巨額なんだよと。で、そういうためにやっぱりこういう汚染国のイメージはつけたくないんだよと、そういう大きな力なのかなって思っていたんです。でそれは、抗いがたいぐらいの大きな巨額な力なのかなって思っていたんです。で、先生方にぶつけました、そしたらハハハハと笑われて、そんな肝が座ったようなことで、数をごまかしてまで、そんな肝が座ったような官僚は今どきはいませんと。これはテリトリー争いなんだと、このデータは凄い貴重なんだと、で、衛生研からあがってきたデータを全部感染研が掌握すると、で、このデータを感染研が自分で持っていたいということをいっている専門家の感染研のOBがいると、で、そこらへんがネックだったんだと、、いうことをおっしゃっておられて、私がその時に思ったのは、是非そういうことはやめていただきたいと、で、大谷先生のところで人工呼吸器につながれて確定診断出来ない人がいる、そしてこれ広まれば数万人の命ですよね、あのこういう方いっぱいいますから。数万人なのか、数万人ですまないのかわかんないと、で、そもそもこういう数値だったから行政が遅れてきたわけじゃないですか、今ようやくここから保険適用でクリニックにいくかもしれませんけど、初動が遅れたっていう感染症の一番の初動だっていうところは、アレが少なかったからだと思っています。そういう意味では、あの〜論文がどうだとか業績がどうだとかということよりも人命を、本当のところの人命を取っていただきたいという、もともとの感染研の方針に返っていただきたいと、感染研の人間が全員そううだとはぜんぜん思ってないですよ、所長なんかはわたし尊敬していて、C型肝炎の仕事でノーベル賞をもらうのじゃないかと思うぐらい凄い人なんです。だから全員じゃないんです。ただ一部にそういうOBがいるということで人命にかかわってくるっていうのは凄い怖いことだなって思っています」

 

と証言。

 

これに玉川氏は即座に、

「これはものすごい告発ですよ」

と返答。

 

羽鳥さんも、

「これ、だから、民間に検査委託すると感染研がデータ集められないってことですよ」 

 

と指摘。

 

そうだ、と玉川氏はリアクションし、

 

「あ! 野党、国会でこれ追求して下さい!」 

 

とカメラ目線で要求。

 

スタジオ中が「う〜〜ん」と唸り、空気が一変。

 

静まり返るスタジオにMC羽鳥さんは、

 

「だって数、民間の数ありますってずっと言っているのに、やんないんですもんね」 

 

とコメント。

 

これにコメンテーターの一茂さんは感染研の一部OBが邪魔している方がいるというのが理由なんだなと僕は今…、と発言。

 

これが真実ならおそろしい利権、覇権に国民の生命が利用されているのかもしれないと心底恐ろしくなったものです。

 

本当のところの人命を取って頂きたいと背景を暴露した岡田晴恵教授に拍手を送りたいです。

 

けっこうな告発と思います。

 

検査ができず診断も下せない、診断が下せないから治療もできない。そんな医療の崩壊がすでに始まっている状況の裏でそんなテリトリー争いが行われていたとは……。

 

おそるべし日本の闇。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:「羽鳥慎一モーニングショー」2/28放送)