毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

浜崎あゆみ安室のマネで沖縄引退か!?別人容姿でファン混乱?

 

 

 

ころもです。

 

 

浜崎あゆみさんて何人いるのですか。

毎回毎回どうしてこうも顔が違うのか、いい加減混乱してきます。

 

太ったり痩せたりのサイクルが尋常じゃないし、エラがいつのまにかなくなっているし、マドンナを目指しているのか少女時代を目指しているのか目指すアーティストがいるのかいないのか、かりに10回見たら10回の別人に遭遇する感じ。

 

言えることは、直近のツアーについて紹介するデイリーの記事で見たドレス姿の浜崎さんは自分の知っている浜崎あゆみさんではないな、ということです。

 

ネットでも、

 

大みそかのライブ時に比べ、アゴや顔のラインはシャープになり、腕など体つきもほっそりした印象。客席には幼子を抱える母親の姿もあり、「カモン!!」と会場をあおり、ダンサーを引き連れての激しいパフォーマンスも披露した。 

と書かれた浜崎さんの出産公表後初となるステージに立った画像に対し、以下のようなコメントが。

 

謎が多い人だね。結婚離婚、結婚離婚、暴露本、妊娠出産、痩せた太った……。もう何がほんとの彼女なのか… 

 

写真は、誰? 拡大すればする程、面影すらないんだけど。

 

ボアみたいにまったくの別人になってもーた。誰だかわかんない。子ども産んだのほんと?何もかも嘘に見える。

 

コロナ広がってるのにこんなことしてんじゃねえ!中止しろ!

 

子供に母乳はあげないのか? また生後3ヶ月ですよ!母乳止めてまでライブして 子供の子育ては 他人任せか?安室ちゃんを真似ようとしてるの?

 

えっ️何!影武者が!沢山いるわけ?

 

こんな時に 普通にライブ公演しちゃうんだ! こりゃまた日本政府のせいにされるな。

 

出て来る画像、どれもこれも「どちら様ですか?」レベル。さっさと引退した方が良い。

 

 なんだかまるでそっくりさんみたいな画像だな(笑)

 

ライブ、中止しなかったんだ。非常識。

 

 コメントにもありますが、WHOが非常事態宣言を出し人から人へ感染すると言われている未だ拡大中のコロナウィルスの脅威はびこるなか、よりにもよって不特定多数の人間が狭いホールのなかで密集、汗やツバが飛び交う全国ツアーを実施する認識の低さ。

 

顔の変化、別人疑惑以上に理解不能です。

 

市中感染の段階にきているのに敢えて多くの人間が集まる場を設け、そこで「カモン!」とかいってる場合ですか。

 

自粛を求めるよりきちんと政府も本気を出して規制していかないと日本はとんでもないことになってしまうでしょう。

 

危機意識の高い人とそうじゃない人との格差があまりにひどい。

これではどれほど個人的に努力をしても水の泡。

 

その一端をかつぐことになるかもしれない全国ツアーを誰にも止めることができないのだとしたら、この国は最初から国民を守るつもりなど無かったという説により信憑性が増すばかり。

 

何も浜崎さんのツアーだけに言えることじゃないですが、少なくともエンターテイメント系は娯楽ですからこんな非常事態の最中ぐらい自粛して感染者抑止に協力して欲しいものです。

 

 

サイゴ、最後言い過ぎ!?

 

ファンの間で8月引退説が話題となっているといいます。

 

ツアー名が「サイゴノトラブル」だし、自身のインスタグラムでも「#サイゴノトラブル」「#これが本当のファイナル」と投稿。

 

ツアー初日となる今月20日のインスタのストーリーズには、

 

「終わりの始まりはいつもちょっと寂しくて、でも清々しい。本当の終わりが、たくさんの想い出と共に今日から始まります」「最終地の沖縄までわたしの全てで走りぬきます」

といった投稿までしているのですから、普通に考えてこれが最後、引退ということか!?と思われても仕方がないでしょう。

 

子どもも出来たことだし。

 

 

引退を彷彿とさせる理由のもうひとつの理由として、浜崎さんが語る「最終地の沖縄」とされる最終公演の会場が、安室奈美恵さんがラストパフォーマンスを行った場所であるということがあります。

 

意味深ですよね、よりにもよってですから。

安室さんはその翌日、9月16日に引退。

 

まさか比較され続けた安室奈美恵さんが「最後に選んだ場所」で引退とか本当にあり得るのでしょうか。

 

だとしたらそれは何のためか。

何かと謎ですね、探る気もないですが。

 

引き際の美学にもならないこんな自他共に身の危険が大きすぎる、社会問題というよりは人類の問題になっている新型コロナウィルス蔓延中にツアーを強行する浜崎さん。

 

ファンの健康や命の大切さを考えたら、この時期に必然性もないエンターテイメントを強行する選択肢なんて吹き飛ぶと思うのですが。

 

それをしないということは、ファンの命より自分の美学が大事ということか。

行動をともにせざるを得ないスタッフや関係者の方々にしてもこのツアーが「サイゴノトラブル」になるかもですね。

  

ではまた。

 

(出典・引用元:デイリー 2/20、スポーツ報知 2/20、エンタMEGA 2/21)

 

浜崎あゆみの記事をもっと読みたい
▶ 浜崎あゆみ 他の記事一覧