毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

工藤静香「マスク着用をお忘れなく」咳エチケットに賛否両論

 

 

 

厚労省発表!新型コロナ対策!
無利子で80万円まで貸付可能!?
減収が続けば、返還不要になるかも

 

特例貸付制度の詳細はこちら
↑ TVでは教えてくれない ↑

 

 

ころもです。

 

 

工藤静香さん、今回が4度目ということですが咳エチケットについて苦言を呈し賛否の声を集めています。

 

工藤さんのことは好きでも嫌いでもないですが、このマスクエチケットに関しては同感です。

 

今回工藤さんは24時間で投稿が消えるストーリーズ機能を使って、

 

「飛行機、新幹線、電車、バス、人混みの中でカバーもせずマスクもせず咳をしている方々、こんな状況ですから、少し考えていただきたい」

 

と呼びかけています。

24時間で消える機能を使っているのは4度目ということを意識してのことなのか?

 

ま、それは今回いいとして……

 

体質や何やらでマスクを長時間つけることができない、あるいは入手できず致し方ないなど色々事情はあると思いますが、普段はもちろんのこと今は新型コロナウィルスが飛沫感染するということでパンデミック寸前、もしくはもう突入している非常事態といっていいわけです。

 

「マスクが品切れならば、咳、くしゃみの前に、ハンカチや、濡れティッシュで、カバーしてください。」

とも呼びかけた工藤さん。

 

不思議なことに、マスクをしていない人に限って人混みのなかで咳き込んでいることが多いと感じます。

 

 

福岡ではマスクをしない乗客との言い争いで地下鉄が一時ストップ

 

2/19付の「九州朝日放送」の記事で、昨日18日に福岡市の地下鉄七隈線の別府駅でドアのそばに座る男性が、

 

「咳をしているのに、マスクをしていない人がいる」

 

という理由で非常通報ボタンを押し、駅の係員が駆けつける事態になったと報じていました。

 

自分の隣に座る男性がマスクを着けずひどく咳をしたことに端を発したようですが、さすがに新型肺炎の感染者が世界中に拡がっていくこのタイミングで、しかも飛沫により感染するというのに(マスクは入手できない事情の方もいるにしても)、「ひどく咳をした」というほどの咳が出る状態だったのならハンカチ1枚、テイッシュ1枚でもいいから口を覆う配慮がなければ、人混みであればなおさら悪意があると思われても仕方ない現状です。

 

 

新型コロナウィルス故意の拡散は死刑に!?

 

2/5付の「BUSINESS INSIDER」に、

 

中国東北部に位置する黒龍江省の高級人民法院(日本の高等裁判所に相当)が、故意(わざと)のウィルス拡散に対して最高刑死刑の厳罰に処す方針を表明したという記事がありました。

 

これは1月31日付で発表された緊急通知であり、新型肺炎抑止を妨げる犯罪を厳しく取り締まるためのものです。

 

その通知によると、

故意に新型コロナウイルスを拡散した者は「危険な方法で公共安全に危害を加えた罪(刑法114条、第115条1項)」が適用され、最高刑は死刑。また、検疫や強制隔離を拒否しウイルスをばらまいた場合は、「過失によって危険な方法で公共の安全に危害を加えた罪(警報115条第2項)」に該当し、最高で懲役7年の刑罰が科されるとした。

 とあるので、

 

福岡の地下鉄での件がどの程度のものだったのかは現場にいなかったので明言できないものの、飛沫感染で重篤な状態に陥り、場合によっては死に至ることもある新型肺炎が蔓延している今このタイミングでは人に移さないという配慮を持って頂きたいというのも致し方ないでしょう。

 

ネットでは、

 

レジの店員さんで咳をしながらレジを打っていて物凄い不快でした。特に食べ物に触るので気をつけてほしい。

 

風邪ひいてる人に限ってマスクしてないってことありますね。以前勤めていた会社では年配の男性の方に多い印象。決まって「大丈夫や」と言うけど、周りが大丈夫じゃないのでマスクしていただきたい。

 

咳をする=風邪ではない。喉の機能が弱く前触れなく咳をする人もいることも知って欲しい。誤嚥性肺炎とか聞いた事ないかな。

 

マスクが品薄で手に入らないのは分かります。しかし、そもそもマスクに関係なく、人前でくしゃみ、咳をするとき手やハンカチ等で覆わないのはマナー違反。自分の為じゃなく、他人の事を考えて欲しいですね。

 

気持ちはわかるけれど、、嫌だなと思っても、露骨にギョロギョロみてきたり、不快な顔するのはやめてほしい。風邪なんてみんな引くから睨んだところで、自分にふりかかる。この方は、4回もこの話題を配信されているので、きっとすっごく不快な表情で睨んでいるのが想像できる。

 とさまざまな意見が飛び交っていました。

 

今後、福岡の地下鉄での言い争いのようなことがあちこちで起こるのじゃないかという懸念もありますが、自分だけは移さないようにしようという小さな心がけでつまらない争いごとを回避していきたいものです。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:デイリースポーツ 2/20(木)、BUSINESS INSIDER 2/5)