毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

東出昌大が週刊文春直撃に不倫で失った日々と仕事の心情告白

 

 

ころもです。

 

 

本日発売、『週刊文春』に東出昌大さんの独占告白が掲載されました。

1月23日に不倫スクープの記事が流れてから、本人が反省や謝罪の言葉を直接口にしたのは今回が初めてとなります。

 

東出さんの事務所は当初、

〈今回の記事に関して本人に確認いたしましたところ書かれている事柄はほぼ事実と判明しました。これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません。現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります〉

 と早々とコメント。

 

しかし、東出さんは沈黙を保ったまま居場所も特定されぬままといった状態で本人からの謝罪会見があるわけでもなく、ただドラマ『ケイジとケンジ』で姿を見せるだけで逃げ回っているなどの報道をされ、現場でも孤立無援な状態が報道されるばかりでした。

 

そんな東出さんが口を開くことになったのも、東出さんが仕事を終え車を降りたところを文春記者が直撃したから。

 

見えてくるのは、直撃しなかったなら今日現在も東出さんからこの不倫騒動に対する反省の言葉も杏さんたち家族への気持ちも聞くことはなかったという事実です。

 

家庭の中のこととはいえ、彼は一般人ではない。

そのことを思えば、スポンサーやドラマ、映画関係者、なにより誠実でイクメンといったイメージが購買力につなげたことへの消費者やファンへ対しての謝罪がないのはプロとしての自覚がなさすぎると言われても仕方ないです。

 

 

「これからどうすべきかを考えています」

 

文春記者が名刺を渡すと東出さんは深々と一礼し足を止め、

 

「本当に、申し訳ないことをしてしまったと思っております……」

と。絞り出すように語ったといいます。

 

 

申し訳ないというのは杏さんに対してなのかと尋ねると、

「家族に対しても、それから仕事で一緒に作品を作ってくださった方々、広告主の皆様にも多大なご迷惑をおかけしてしまいました。いまは日々、これからどうすべきかを考えています」

と答え、これまで応援してくれた方々にも、の記者の言葉には沈黙。

 

 

怒りを隠さない共演者もいる

 

記事では現在放送中のドラマ「ケイジとケンジ」の現場関係者が次のようなコメントをしています。

 

「現場の雰囲気は暗い。二月一日は東出さんの誕生日だったのですが、事務所から『お祝いは辞退したい』という申し出があった。三日後のW主演の桐谷健太さんの誕生日にはケーキが用意されたが、皆が祝福している最中も東出さんは前室から出てこなかった。いまだきちんとした謝罪がないことに怒りを隠さない共演者もいます」 

驚くべきは、視聴者やファンに対する公の謝罪がないだけでなく、未だ現場の共演者へ向けての本人からの謝罪がなされていないと思われるところ。

 

これは他の週刊誌に記載されていた現場の状況でも目にしたものなので、本当に謝罪らしい謝罪はまだしていないのか、あるいは本人はしたつもりでもそれが謝罪や反省の言葉として現場の人たちに響いてないのかどちらかである可能性もありますが、こればかりは受け取り側の気持ちも大きく関与するので明言はできません。

 

しかし現場の共演者は少なくとも「いまだきちんとした謝罪がない」ということで怒っていることは現にあるのでしょう。

 

 

浜崎あゆみのドラマにも出演予定だった唐田えりか

 

記事では不倫相手だった女優の唐田えりかについても触れていました。

彼女は「病室で念仏を唱えないでください」を降板。

 

しかしドラマ関係者の話によれば、

 

「『念仏』のスタッフやキャストは彼女に『一緒に頑張ろう』と励まし、唐田もその気になっていたが、視聴者の反発が予想以上に強かった。今春にも放送が予定されている浜崎あゆみの自伝的小説『M』のドラマ版にもキャスティングされていたものの、結局、出演を辞退しています」 

 

ということで東出さんとはちょっと現場の雰囲気が違うということを想像させます。現場では彼女は既婚者に手を出された側として認識されているということでしょうか。未成年からの3年不倫ということや、第二弾で文春が取り上げた、彼女自身は何度か別れようとしていた記事が功を奏したということもいえるのかもしれません。

 

共演者たちが「一緒に頑張ろう」と励ますというのは、そういうことを意味するのだろうと想像させます。

 

そしてさらに思うのは、

 

浜崎あゆみさんの自伝的小説「M」へのキャスティングもされていたということ。

 

結果辞退することになったとはいえ、BSのドラマやジャニーズのキンプリとのドラマといった仕事が次々と入っている様子に、本当にこれからというときの不倫スクープによる失墜だったのだなということが浮き彫りに。

 

 

息子が声を聞きたがることが心の拠り所

 

 

東出さんの知人によれば、夫婦間の話し合いは現在も出来ていない状態が続いているといいます。東出さんは自分の居場所や状況を杏さんに逐一報告はしているといいますが、返事はほとんどないと。ただ、

 

「…前略、下の息子さんがしきりに彼の声を聞きたがるので、電話で話をすることはある。それが今の彼にとっては心の拠り所になっているのです」

 

とわずかなつながりがそこであると受け取れるコメントをしています。

 

18日に公の場で初めて騒動について謝罪した杏さん。

それについて坂上さんやおぎさんが東出さんの立場がないようなことを婉曲的に思わせる発言をしていましたが、今回の独占手記にしても文春が待ち伏せして直撃したからこそ聞けた謝罪なわけです。

 

それでもいつになるかわからない謝罪の言葉をじっと待てと、需要続きの杏さんに向かって言えるのだろうかと疑問でなりません。

 

 

杏さんや家族については言葉を濁す

 

記者はまた東出さんに「帰りたい気持ちはあるのか」とたずねると、

「それは、両者の気持ちが揃ってのことですので」 

 とはぐらかしていました。

 

記者の問いはあくまでも東出さんの気持ちを聞いているので許してもらうもらわないといったことではないはずなのに、自分自身の気持ちを語らない。なぜなのか。

 

記者は続けて「杏さんと話し合いはできていない?」と尋ねますが、沈黙。

 

夫婦間のことは話せない?と聞くとようやく、

 

「僕がいま何かを話すことによって、それが記事になり、僕の言葉として誌面を通して妻が読んだ時に……。今一番苦しんでいるのは妻なので、これ以上はと言いますか……はい」

と説明。

 

騒動後のさまざまな報道がなされていること、

 

記事に目を通しているかを尋ねると、

 

「はい。自分が犯してしまったことの重大さを、自分で分かる為に(記事を)読んでおります」

と答えています。

相当の罵詈雑言を読んでいるということになりますね。しかしそれも身から出た錆、同情の声はないでしょう。

 

厳しいファンからのコメントにも目を通しているかに対しては、東出さんは沈黙したまま頷いたといいます。

 

一番最初に文春から直撃されたときの心境をきくと「心臓の鼓動が早くなったのを覚えています」とは答えてますが、不倫のことを聞かれたとはすぐには想像できなかったと答えています。

 

「……前略、色々なことを想像し、また、色々な人に思いを巡らし……。それは家族もですし、友人、また仕事をご一緒している方々にも思いが巡ったんですけれども、あの時の心情というのは正直、混沌としていたという感じです」

 

自身の言葉で語らなかったこれまでについては、

「子供達のことや家族のこと、仕事のことと色々な状況がありましたので」 

 と釈明、子どもに会いたい気持ちを尋ねると無言。

 

 

唐田えりかとの連絡は一切とっていないと

 

不倫相手の唐田さんと連絡をとっているかと尋ねると、

「いえ、一切取っておりません」

と返事。

彼女への気持ちが本気だったのかの問いには、

「……それも、申し上げられません。家庭内の話ですので、今後、妻に何か聞かれることがあれば、妻に対しては様々なことを申し上げるつもりです」 

 と。

 

修復して一刻も早く戻りたい気持ちがあるか尋ねると、

 

「それも、先ほど申し上げた通りで。ごめんなさい、誌面になってしまった時に……」 

 とコメント。

 

これら煮え切らない言葉から察するに、直接話し合う機会がまだ持てていないのかなという推察をしてしまいます。

 

「今後、妻になにか聞かれることがあれば」ということは、聞かれもしない、というよりは、聞かれるようなやりとり、コミュニケーションそのものが成されていないということにとれてしまう。

 

子どもと電話では話しても、杏さんと今回の件で直接話しをしているということはまだないということなのか。と受け取れる。

 

 

「彼女の怒りは相当なものです」杏の知人語る

 

記事では杏さんの知人が次のように語っていました。

 

「彼女の怒りは相当なものです。生来、曲がったことが嫌いな性格だから、そう簡単には許さないと思う。今までの彼女なら、一度でも裏切られたらそこで終わりなんです。今はまだ母親として踏みとどまっている部分があるのかもしれないが、今後、厳しい決断を下す可能性は十分にある」

外されている結婚指輪がその兆候を感じさせてもいましたね、そういえば。

 

「いま、自分は自分の過ちから、かけがえのない日々を失ったことを実感しています。仕事に関しては……全てを失ったと思います。役者の仕事は……今後の仕事は、自身がやりたいと言ってできることではありません。日々、自分が今後、どうすべきなのかを考えています」

 

記事の最後に東出さんのそんな言葉が掲載されていました。

 

個人的に驚いたのは、

 

記者が「家族を大切に思う気持ちが今もあるのか」と問うと東出さんが、

 

「お答えできません」

 

と即答したという部分。

 

これには文春側が「否定の意味ではなく、杏や子どもたちに直接語るべきと考えているのだろう」と憶測を含めた補足をしていますが、「お答えできません」という言葉は誤解を生む言葉ですね。

 

ここは、相手の推察の能力に頼るような発言ではなく、家族に直接言いたいのでここでは「お答えできません」と言わないと、愛情の有無について誤解する人もいないとも限らない。

 

こういう不器用さのひとつひとつが現状を引き起こしている多くの要因の一つでもあるように感じました。

 

最後に記者が同じ過ちを繰り返すことはないですか、と尋ねると「はい」と東出さんは答えたといいますが、この状況で「はい」以外の答えを口にすることはまず考えられないので、あまり意味のない「はい」と思ってしまいますが、それを決めるのは杏さんたちご家族ということですね。

 

それにしても「ケイジとケンジ」先が長いなぁ。

 

ではまた。

(出典・引用元:『週刊文春デジタル』2020.02.20)

 

【こちらも読まれています】

杏、東出との離婚決意報道に「こういう男は捨てて正解」の声

杏、東出昌大の沈黙会見で決意!?話し合いは弁護士立会いで 

東出昌大の不倫謝罪で「杏と唐田のどちらが好き?」13秒沈黙 

 

不運続き「コンフィデンスマンJP」脚本家!東出不倫で続編は 

東出昌大を引退危機へ導く!?女性を首輪につなぎ鎖を持つ画像 

杏、東出不倫でメンタル崩壊!?半年前に撮影現場で泣き叫ぶ

杏、東出と「離婚」の選択肢なし!? 父・渡辺謙の影響が理由か 

 

唐田えりか不倫に韓国反応「活動は諦めろ!」一刀両断で非難  

浮気悩み病院通う杏に「頭がおかしいんじゃ?」東出の残酷!?

東出昌大の不倫に「二人ともメディアから消えろ!」批判殺到

 

ノンストップ!三上アナは降板!?不倫の唐田えりか似が原因!? 

東出昌大と杏が離婚危機!?現在別居中と週刊文春が直撃取材! 

東出昌大と唐田えりかの不倫発覚で「退場しろ!」ネット怒号 

唐田えりか共演後も東出をインスタ頻繁投稿で杏にマウントか