毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

ゆきぽよ「しくじり先生」で彼氏の浮気暴露もタメ口に嫌悪か

 

 

 

ころもです。

 

まあ、さすがに食傷気味というか飽きましたね、ゆきぽよ。

 

何を見てもゆきぽよ。
どこを回してもゆきぽよ。

 

大げさですがここのところ「ゆきぽよ」を観ない日がない。

求めてもいないのに。

 

ということで、この「飽きられるほどに露出している現状」も未来の「しくじり項目」に入るだろうと思われるゆきぽよが、2月17日放送のバラエティー番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に登場することがわかりました。

 

授業内容は、

 

「ヤンチャなダメ男にひっかかっちゃう先生」

 

というもの。

 

ヤンチャ、ダメ男、ひっかかっちゃう…

 

どのワードも頭が悪くなりそうなものばかりですが、これまでの恋愛のしくじりを歴代彼氏のやんちゃぶりを紹介することで授業するようです。

 

それにしても売れだすと狂ったように同じタレントを使いまわすこのテレビ業界の現状。憂いますねぇ。

 

おもしろいぐらいに飽きてくる。
わかりやすく嫌いになっていく。

 

そういう視聴者感情というものも知っておく必要があると思いますよ、これからの芸能人の方々はとくに。

 

今回の授業内容をかいつまんだものがまんたんウェブに紹介されていましたが、歴代の彼氏5人はみんなヤンチャだったとのこと。

 

そしてその全員に浮気されてしまったと、

 

だからなんだ?としかリアクションのしようがないのですが、そういった自身の恥でしかないようなことを平気でネタにして芸能活動をしていくというのも辛いですね。

 

自分を安売りしすぎ。

 

普通に考えれば浮気は「する人間」が悪く思われるわけですがゆきぽよのキャラクターで「浮気されてしまった」という場合、「あなたに問題があるのでは?」という反応が視聴者から返ってくるのじゃないでしょうか。

 

この歴代彼氏全員に浮気された話題にネットでは、

 

全員に浮気されっつより、浮気相手がゆきぽよだったと思う。 

という声があり、もっとも「いいね」の数を集めていました。

 

たしかに、とうなずいたもの。

 

自分が彼女、と思っていたのは自分だけで、相手にしてみたらゆきぽよこそが浮気相手だったということもあるわけで、結婚しているのでもないかぎり、その位置づけというのは”彼氏の心ひとつが決めるもの”なのだから、全く的はずれなコメントではないということになってしまう。 

 

ネットでは、

 

「類は友を呼ぶ」「わざわざ告白されなくても、容易に想像できます」「自分が魅力ないから浮気される女といってることに気づいているのか?」「幸せにはなれない軽い女」「私はバカ女ですって自分自身を蔑んでいるようにしか聞こえない」「タメ口って観てて不愉快!」……

 

といったコメントがほとんどで、浮気されたことを披露しながら派手な過去の恋愛をネタにしたのだとしたら、それこそただ自分の価値を貶めてあらたな「しくじり」の過去を築いただけの結果になってしまったということでしょう。

 

バチェラーに出演していたときに「どこの事務所から派遣されてきたのかな」と思っていましたが、案の定、それからメキメキとテレビ出演が増えて今の状況になったゆきぽよさん。

 

宮川大輔さんと一緒の地方ロケの番組でその土地の美味しいものを頂いているときに、地元の女性に「うるさい」と叱られていましたっけ。

 

ブームにのっているときは不安でしょう、本当なら。

太鼓判という健康番組では仕事後にテキーラを何倍もあおっている姿をみせ、その後救急搬送されていましたが、やることなすこと自分の価値を貶めるものばかりというのも戦術としてどうなのか。

 

グラビアアイドル出身でも小池栄子さんのようなポジションを獲得する方もいるので、今のうちに方向転換したほうがいいようにも思いますが、それも余計なお世話ですね。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:MANTANWEB 2/14(金))