毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

東出昌大の誕生日祝わず3日後の桐谷誕生日は祝う現場の複雑

 

 

 

ころもです。

 

逃げ回っていては何も解決しないですね。

失言はあったにせよ鈴木杏樹さんと喜多村さんの謝罪は迅速だったことで、今回の不倫騒動は「老いらくの恋」ということで時間の経過とともに話題にものぼらなくなるかもしれません。

 

幸いCMもなく、喜多村さんにいたっては今回初めて存在や名前を知ったという視聴者も多いということで、互いの芸能界での存在の薄さが自分たちを結果救った形になったという皮肉な結果になりそうです。

 

けれども、

 

東出昌大さんの場合は「なぜに?」と不思議でしかないのですが、事務所は謝罪しても本人自らの声、謝罪などが一切ない。

 

彼を断罪できるのは”家族や関係者”と視聴者を切り離すことに必死な擁護派もいますが、偽りのイメージで商品を売りつけていたも同然なのですから、映画やドラマのスタッフ、そして家族だけが被害者ということにはならないです。

 

大小の違いこそあれ、

 

視聴者も被害者であることを思えばどれほど恥ずかしかろうと、現場の関係者だけじゃなく、視聴者向けへの謝罪の言葉の一言もなければ今後の芸能人生は悲惨ものになるのじゃないでしょうか。

 

さて、

 

自らの欲望に猪突猛進するあまり多くの関係者に迷惑を現在もかけ続けている東出さんですが、唐田えりかさんや鈴木杏樹さんらはすぐに番組降板といった措置をとったにもかかわらず未だダブルキャストの「ケイジとケンジ」に出演中です。

 

それはそれは殺伐とした現場になっているだろうなと思っていたら、どうやら「そのとおり」であることが2/10付「女性自身」の報道で明らかになりました。

 

 

それは何を話していいかわからないでしょう

 

ドラマ関係者の話では、撮影中こそ現場をもり立ててくれる出演者も、撮影終了後は共演の女優陣の態度は一転、はれものに触るような状態で全員が東出さんをスルーしているというのです。

 

仕事にならないでしょう、これでは。

こんな状態の人が一人いていい作品が撮れますか?

 

東出さんにしても役に没頭するどころの騒ぎじゃないでしょうし、先出のドラマ関係者の話によると、撮影時以外は一人で控室にこもりっきりでぽつんと座ってうつむいているといいます。

 

どうにか脚本をいじって殉職させるかしないと誰のためにもならないですね。初主演となった桐谷さんは気の毒ですが、数字は正直で一度は盛り返した視聴率も最新の4話では8.3%にまで下落してしまってますから、先は期待できないでしょう。

 

 

大人の現場でもある、大人の現場だからある?

 

記事では2月3日、節分の日ということもあり現場ではスタッフが鬼に扮するなどして出演者たちは大盛りあがりだったそうですが、東出さんは豆まきに参加することもなく、離れたところから見ているだけだったといいます。

 

本人もそんな気分じゃないだろうし、共演者やスタッフにしてもどう声をかけていいのかわからないだろうし、正直、シリーズ化される予定も白紙になったことを思えば自分たちから仕事を奪った張本人といえなくもない東出さんに対して腹立ちこそあれ好意を持って仲良く親切にというのも酷というもの。

 

 

片方は祝福するも、片方は祝福しない誕生日の明暗

 

2/10付の女性自身の記事ではさらなるシビアな現状が報じられていました。

 

それは誕生日。

 

今月、2月1日が東出さんの32回目の誕生日だったのですが、ドラマ撮影が行われたこの日、主役であるにもかかわらず東出さんのお祝いをすることもなく撮影が終了したといいます。

 

よく舞台や現場などでは出演者の誕生日があると花束を渡したり、大きなケーキのろうそくの火をフーっと消すシーンなどを目にすることがありますが、それですね。

 

そういう祝福が東出さんの誕生日には主役であるにもかかわらず行われなかったというのは、テレビ局関係者も「主役の誕生日祝いをしないなんて、聞いたことがありません」と記事中で語っていました。

 

なんでも、所属事務所から制作サイドに「今回の一件で迷惑をかけているので、お祝い事は遠慮させてください」と連絡があったみたいだといいますが、それが東出さん経由で事務所が申し出たものならいいですが、東出さんには知らせず事務所の判断で行ったことだとしたら「誕生日なのに完全無視か」と、それはそれで驚いたでしょうね。

 

しかし現実とはどこまでも残酷というのか皮肉なもので、

 

その2月1日の東出さんの誕生日からわずか3日後の2月4日に、もうひとりの主役である桐谷健太さんの40歳の誕生日があったというではないですか。

 

嘘みたいな本当の話ですが、

 

そのときはどうだったかというと………

 

これが……

 

祝っているのです、スタッフやキャスト総出で盛大に。

 

なかなか現場はカオスです。

 

これまた前出のテレビ局関係者は、

 

「東出さんのときは何もなかったので、桐谷さんの誕生祝いもしないのかなと思っていました。しかし、この日は豪華なケーキが登場。スタッフ・キャスト総出で、盛大にお祝いしたそうです。東出さんの撮影は午後からなので、現場入りする前にお祝いを済ませたと聞いています。あえて彼のいないタイミングで行ったのは、スタッフからの“せめてもの気遣い”だったのでしょう」

とコメント。

 

たしかにこれは気遣い以外の何ものでもないですね。

 

よりにもよって、ダブルキャストの二人が3日の違いで誕生日。

本当なら盛大にふたりとも祝福してあげたかっただろうに、とんでもないスキャンダルで芸能界引退の危機にまで追い込まれているといっても過言じゃない状況に一人がおかれてしまったために、いびつな誕生日祝いを催さなくてはならなくなった。

 

不本意だろうし、いろいろ配慮することが多すぎて疲弊しまくっているだろう現場の様子が手にとるようにわかるようなエピソードです。

 

いずれにしても、

 

今のまま謝罪会見をすることもなく逃げ回っているような状態では世間話をすることすらできないでしょう。

 

車中泊をしているという報道もありますが、今の「ケイジとケンジ」はまだ始まったばかりで3月まで続くわけですから、本人は甘んじてこの状況に耐え忍ぶしかないとしても、共演者やスタッフたちが本当に気の毒です。

 

4月上旬には映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の試写会も行われるといいますが、謝罪会見をしてとフジテレビが懇願しても、

 

「会見は絶対にNG」

 

と所属事務所が言っているということで、今のままでは力を入れている映画の試写会は東出さんの初の公の場ということで、不倫に関する質問が殺到してしまうのでは?という懸念材料があるようです。

 

これだけの映画やドラマ、家族や関係者、未来を一瞬にして失うほどの価値が唐田さんや浮気相手にあったのかどうか。

 

これに学ばなかった鈴木杏樹さんと喜多村さんも含め、残念な大人たちが本当に多い芸能界です。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:女性自身 2/10(月)6:05配信)

 

【こちらも読まれています】

杏、東出昌大の沈黙会見で決意!?話し合いは弁護士立会いで 

東出昌大の不倫謝罪で「杏と唐田のどちらが好き?」13秒沈黙 

不運続き「コンフィデンスマンJP」脚本家!東出不倫で続編は 

東出昌大を引退危機へ導く!?女性を首輪につなぎ鎖を持つ画像 

杏、東出不倫でメンタル崩壊!?半年前に撮影現場で泣き叫ぶ

杏、東出と「離婚」の選択肢なし!? 父・渡辺謙の影響が理由か 

 

唐田えりか不倫に韓国反応「活動は諦めろ!」一刀両断で非難  

浮気悩み病院通う杏に「頭がおかしいんじゃ?」東出の残酷!?

東出昌大の不倫に「二人ともメディアから消えろ!」批判殺到

 

ノンストップ!三上アナは降板!?不倫の唐田えりか似が原因!? 

東出昌大と杏が離婚危機!?現在別居中と週刊文春が直撃取材! 

東出昌大と唐田えりかの不倫発覚で「退場しろ!」ネット怒号 

唐田えりか共演後も東出をインスタ頻繁投稿で杏にマウントか