毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

蛍原からも三行半!?宮迫You Tube謝罪で見えたロンブーとの差

 

 

ころもです。

 

 

ロンブー亮さんと宮迫さんがほぼ同時といっていいタイミングで復帰しましたね。

 

なんだか年末年始の区切りをうまく利用して予想以上に早く復帰してきたように感じますが、ロンブー亮さんの復帰の仕方には称賛とエール。

 

いっぽう宮迫さんのYou Tubeチャンネルを使っての謝罪動画は低評価殺到ということで実に見事に明暗がわかれたわけですが、

 

究極のことを言ってしまうと、

 

両者がいないあいだも何の差し支えもなく、このまま芸能界復帰を果たさずとも視聴者としては特に問題はなかったのじゃないかなと、そう思ったものです。

 

 

ロンブー淳さんがいてこその「亮」が浮き彫りに

 

個人的には闇問題が発覚してから復帰までの亮さんに対する淳さんのアシストの凄さに感心しきりでした。

 

今回の復帰会見でも、弾けすぎず、かといってお笑いを忘れず、質問に窮するであろう亮さんを見越してさり気なく自分から質問に割って入るタイミングと回答の絶妙さ。

 

さすがだなぁと。

 

個人的には闇営業問題以前からとくに亮さんに期待していることもなく、かといって批判するほどのこともなかったので今後も淳さんのついでに亮さんを見るといった程度だと思うのですが、宮迫さんの復帰に関してはかなり抵抗を感じています。

 

 

どうしても上っ面なだけに見えて仕方ない

 

宮迫さんの動画を観たのですが、なんというのか…、

 

些細なことと言われようと個人的にひっかかることがあるのですね。

 

それは、

 

腕まくりをした状態での謝罪だったり、

反省していると見せながら「本当にすみません」という言葉を選ぶ軽さ。

 

そして、これは多くの人も批判していた「いつか、蛍原さんの隣に戻りたい コンビに戻りたい この気持があるから前に進みたいです」という言葉。

 

これらがどうにも受け入れられないというのか、受け付けないというのか。

上っ面だけにしかみえないのです。

 

「この半年間、ご迷惑をおかけした皆様のこと、心配してくださった先輩方・後輩のみんな、相方の蛍原さん、何も言わずに側にいてくれた家族のことを、とにかくひたすらに考えました」

 

といわれても、結局は手っ取り早く高収入が得られる美味しい芸能の仕事以外したくないということなんじゃないかと、そう思ってしまうわけです。

 

芸能界以外にどれだけ仕事があると思っているのか、いくらでもあるでしょうになぜに需要もないのに戻ってくるのかと。

 

「本当にすみません」ではなく、なぜに「誠に申し訳ございません」ぐらい言えないのか。

 

細かすぎる厳しすぎると言われようと、

 

やはり道で肩がぶつかったときと変わらないような謝罪と変わらないような軽さに本音を垣間見てしまうのですよ。

 

動画の間だけでも腕まくりをやめることはできないのかとか、些細なことでも心から謝罪したいという気持ちがあればそういうところにも出るのじゃないかとか。

 

 

コンビであることを忘れるぐらい蛍原さんの存在が皆無!?

 

なにより、

 

宮迫さんは「蛍原さんの隣に戻りたい コンビに戻りたい…」といっていても、それを良しとしているなら今その横に蛍原さんがいてもいいのじゃないかと単純に思ってしまうのです。

 

ロンブーの亮さんと淳さんのように。

それが、肝心な復帰の場に蛍原さんの存在がない。

 

それは一体何を意味するのだろうかと。


宮迫さんを家族以上に知っているかもしれない蛍原さんのそれが答えなら、一体それは何を意味しているのだろうかと考えたり。

 

この動画を観て低評価をつけた視聴者の気持ちも似たりよったりなのじゃないでしょうか。

 

 

足を引っ張る人がいないほうがいいのでは!?

 

その蛍原さんの本音とも思える内容を「日刊サイゾー」のなかで放送作家は、

 

「宮迫がいなくなった後も、蛍原はレギュラー番組が減っておらず、はからずともピンでやっていけることが証明されてしまった。一人のほうが実入りもいいし、メリットしかない。あえて吉本の反目に回ってまで、宮迫のために専属エージェント契約を結ぼうなんて気はさらさらないようです」

と明かしていました。

 

冷たいように聞こえるかもしれないですが、それが蛍原さんの本音だろうなと思える自分がいます。

 

実際、二人でMCをこなしていたゴールデンの番組も今では宮迫さんがいたことのほうが不思議だったぐらい自然に回っています。

 

ゲストも心なしかのびのびしているように感じる。

 

ダーティーなイメージの宮迫さんが隣に戻ってくるようなことがあれば、おそらく今の視聴者のいくらかは離れていくでしょう。

 

MCではなく番組の企画自体を楽しみにしている視聴者にとっては、宮迫さんが戻ることによって否が応でも闇営業問題や不倫のことが脳裏をかすめて、せっかくの番組の中身が楽しめなくなる可能性が高い。

 

蛍原さんなら可もなく不可もなく、心から番組の内容を楽しむことができる。

これは大きいです。

 

一日違いで復帰した宮迫さんとロンブー亮さんですが、世論は真っ二つ。

 

相方のアシストの違いが、それまでのコンビの関係性を一番雄弁に語っているということを宮迫さんはどの程度わかっているのでしょうね。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:日刊サイゾー 2020.02.01)

 

【こちらも読まれています】

さんまの過剰で過保護な宮迫擁護発言に「生活水準狂ってる」

さんま宮迫宴会費300万円自腹に「弱み握られてる?」批判も

さんま宮迫「囲む会」激励の誤算で世間から猛バッシングか!? 

 

さんまの宮迫復帰支援にネット難色「一緒に沈んでいく気が」

さんまの執拗な宮迫擁護に「弱み握られてる!?」疑念の声噴出

さんま「ラブメイト10」で20代女優選びに「気持ち悪い」続出

 

さんまに飛び火!?宮迫の激励会開催に「老害でしかない」批判  

明石家さんまはいくら!?吉本芸人バラエティ出演料ランキング

明石家興行での宮迫復帰に「どこまで狡猾」ネット非難殺到

さんまの今井絵理子の不倫擁護に「もはや老害」と炎上