毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

田中みな実 セカンド写真集は3億円契約でアフリカが舞台!?

 

 

 

ころもです。

 

田中みな実さんの現在の活躍を数年前に予想できた人はどのぐらいいるでしょう。

まさしく飛ぶ鳥を打つ勢いの快進撃が続いているわけですが、何万回そう言われても「サンジャポ」時代のイメージがこびりついてなかなか馴染みません。

 

馴染まないといえば、田中さんのインスタ。

 

▶田中みな実、写真集在庫を全国行脚で手売り!?心配される感染 

  

たしか2019年中に閉鎖予定だったのが年明けにも閉鎖されてません。そういった矛盾も反映してかセカンド写真集にまつわるさまざまな噂が飛び交っています。

 

それはそうでしょう。

 

いくら本人が「このような形で本を出すのは最初で最後になると思います」といったところで、もとはビジネスの一貫とすれば、これだけの驚異的な大ヒットを目の前にしてあとは絶対に出さないと断言したことを後悔することはあっても潔しとはしないはず。

 

いや、本当は出さないのが潔いはずなのに、これだけ売れたんだからすぐに第二作を初回を上回ることがなかったとしてもそこそこの数字は稼ぐだろうと思ってもおかしくないわけで、そうなればいったんは「これが最後」といいながらも「やっぱりや〜めた!」と宣言撤回をするのを潔しとする考えに向いても何らおかしくはない。

 

実際、

 

出版関係者は1月30日号の「週刊アサヒ芸能」の記事中で、

 

「当初は『もう写真集は出さない』と周囲に断言していましたが、空前の大ヒットを受けて態度が一変しているんです。写真集の制作過程を振り返って『また同じチームで仕事がしたい』と語るなど、『第2幕』に意欲を見せている。昨年末に閉鎖予定だった写真集の宣伝用インスタグラムに年明け後も投稿していることからも、彼女自身が次の展開を見据えているのは明らかです。実際、親しいスタッフには具体的なセカンド写真集の構想を伝えているともっぱらです」

とコメントしています。

 

しかしこれは一概に田中さんを責めることはできないというのか、決して完璧ではない、どちらかというと頭でっかちでモデル体型とは遠い彼女がちょっと(ちょっとどころではないか)露出しただけでこれほどに売れて味をしめてしまったら、先行き不安なこの日本、長い老後を視野に入れれば「あと一肌脱ぐか」という気分になっても何もおかしくない。

 

しかも肉体は日々衰え、需要も徐々に降下していくことを想像すれば今のうち、稼げるときに稼がなくちゃという気分になったとしても理解できるという世間の声のほうが増すかもしれません。

 

だとすれば、

前言撤回の嘘つき呼ばわりされてもいいから、次の写真集に取り掛かろうという風潮にもなっていくだろうし、主役の田中さんも「また同じチームで仕事がしたい」とそこまで言っているのだし、これは机上の空論で終わらない話になるのじゃないでしょうか。

 

なんと自らロケ地をアフリカと指定!?

 

「週刊アサヒ芸能」の記事によれば、田中さんは最近アフリカの大自然に興味があるとのことで、

『次はアフリカで撮影してもらうのもいいかも』 

 と語り、セカンド写真集は『アフリカヌード』で決まりと周囲も盛り上がっているのだとか(出版関係者談)。

 

もうなんというのか、脱ぐ人、になってしまったのですね、田中さん。

なのにケロッとしているというのか、そこがもう一般人の感覚とは格段の「差」があるというのか評価の強烈な分かれ目というのか。

 

不特定多数の人間にあそこもここも全部見せちゃえ的なことができるなら、おそらく芸能界で生きるには最強のたくましさを備えているということなのだから先行き安泰ですね。

 

まだまだ稼ぐでしょう。

セカンドどころかサードもあり得る。

 

今後は毒舌フリーアナということで女版「有吉弘行」さんでいく方向性の話もあるようで、まだまだ芸能界で新たな地位を築きそう。

 

そんな田中さんの終わりなき野望は、まさにアフリカのサバンナが似つかわしいかも。舞台も役者も揃ったのなら、あとは実行あるのみ!?

 

照りつける太陽の下で、満面の笑みを浮かべ麒麟の首にぶら下がる田中さんの姿が一瞬見えたような気がしました。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:2020年1月30日号 週刊アサヒ芸能)

  

【こちらも読まれています】 

どこまで本当!?田中みな実電撃引退の噂も写真集第2弾布石か 

田中みな実エイベックス会長秘書役に挑戦!?写真集が追い風!? 

田中みな実インスタ終了後の復活に「止める止める詐欺」の声 

田中みな実 写真集解禁で話題沸騰も「どんな層が」の声

 

田中みな実のゴリ押し記事に「嫌われるのがわかる」の声

田中みな実しつこいヨイショ記事に「ただの男顔」アンチ急増

田中みな実の脱ぎすぎ写真連続に「これがやりたかったのか」