毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

だいたひかる放射線治療費公表に「本当に役立つ」称賛の声

 

 

 

ころもです。

 

だいたひかるさんのブログに称賛の声が集まっています。

毎回読んでいるわけではないですが、これまで読んだ内容からしても気取りがなく誇張も少なく、現実をしっかり受け止めてひとつひとつ丁寧に対応している印象を強くもったものです。

 

例えば今回の14日付「デイリースポーツ」が取り上げた、これまで放射線治療にかかった費用の公表には「本当に役立つ!」「根性論より確かな情報がありがたい」との声が数多く寄せられていました。

 

こういう読者と本人との間に「通じているな」という感覚が持てるのはとてもすがすがしいし、誠実さを感じますね。

 

なかには、

 

「堀ちえみよりだいたひかるを応援したいと思う」

 

という声もありましたが、同じく癌に罹患してもその後の患者への寄り添い方のあまりの違いに、納得してしまった方も多いのじゃないでしょうか。

 

人間性の「性」や、その人らしさの「らしさ」とは、まさにこういう局面のときにこそ発揮されるのだなと改めて感じ入ります。

 

助かったあとの楽園状態を見せることも全く無意味とは言わないですが、それはとにかく命が助かったあとの話であって、今現在病に苦しんでいる患者さん、その家族にとっては治療内容、それにかかる費用、その後のといったようにあくまでも現実としての数字や言葉が求められているわけです。

 

だいたさんはそのことをよく理解している。

それは彼女の誠実さと優しさの現れでしょう。

 

これから放射線治療を受ける予定の人からいくらかかったかの質問に対し、

 

「だいたいの値段を伝えましたが…ブログを読んでくれているとの事だったので、ちゃんと計算しました」

 

と対応。

 

「当てる量や回数などによって金額は異なると思いますが…。私の場合は高額医療を先に提出して、引かれた値段で、計算してみました」

 ということで、

 

自身の放射線治療25回分で

 

 257,420円だったことを公表。

 

たとえ個人差、治療内容の違いはあれどだいぶ参考になるリアルな数字にネットでは感謝の言葉があふれていました。

 

たしかに暴飲暴食、外食三昧、食べログ状態と言われるブログとは雲泥の差といえるでしょう。

 

”私の場合は高額医療を先に提出して”

 

とあったので参考資料となるサイトのURLを下記添付します。

 

▶ 高額な医療費を支払ったとき  | 健康保険ガイド  | 全国健康保険協会

 

高額療養費制度を利用される皆さまへ |厚生労働省

 

▶高額療養費(高額医療費支給制度)とは? 申請方法と注意点

 

見栄も気取りも自慢もない。

等身大の現状を伝えてくれる貴重なブログに称賛の声があがるのは当然ですね。

 

応援しています。

 

ではまた。

(出典・引用元:1/14(火) 16:43配信 デイリー)