毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ今年の漢字「再」にネットが送った辛辣な漢字とは!?

 

 

 

ころもです。

 

言葉とはことごとく「諸刃の剣」と感じます。

 

堀ちえみさんが今年の漢字一字を「再」としたブログを更新し、それをデイリーが記事にしてヤフーが取り上げコメント欄が大荒れです。

 

それにしても生死を分ける大病をした芸能人でここまで挙がる記事のすべてに批判が殺到、炎上になる方というのも珍しいですね。

 

ネットニュースとはそもそもそういうものだと一蹴するのは簡単ですが、それでは問題から目を背けただけで、解決へ対する一ミリの考察もないことになる。

 

批判される理由は何なのか。


闇雲に誰かを叩きたくて叩いているというわけではないことを、「嫉妬や僻み、妬みにそねみ」というワードで何でも片付ける人は考えもしない。

批判をするための批判というものがあることは否定しないですが、応援したかった人たちが一転して批判に回ってしまったケースについては一考する価値があるのじゃないでしょうか。

 

デイリーの記事では堀さんが、

 

「再生するための、一年だったような気がしてならないのです。今年の自分にとっての一文字を、考えるならば…「生」「愛」「絆」「痛」「激」「話」「香」「悟」「命」「恩」などが浮かびますが…やはり一番適しているかなと、12月31日現在の私が思う2019年の一文字は。『再』ですね」

と今年の漢字を選んだ理由についても綴ってますが、ふだん堀さんのブログを全く読むことがなく、

 

それこそ、

 

今年2019年2月に出演した「金スマ」での舌癌ステージ4の堀さんが基本脳裏にあり、たまにヤフーニュースに挙がる記事だけしか読んでいない人などは、おそらくステージ4からの劇的な回復とそれに伴う人間的な成長を自己主張する言葉に拍手喝采を送っているかもしれません。

 

ふだんのブログを読んでいないとしたら、です。

 

事の真偽が関係者以外、あるいは本人以外わからない現状で言えることは、人は何をもってしてその人を語ることができるのかということでしょうか。

 

だとするなら、

 

世間一般の、入り口こそはまちまちでしょうが病気発覚からブログを読むようになった人々が堀さんを知る材料のほぼ全ては「堀さんが記すブログ内容そのもの」からしかない、ということになるといって差し支えないわけです。

 

ゆえに、

 

そのブログを普段から読んで堀さんの思想や生活のあれこれを見聞した人々が書き込むヤフーコメント欄というのはスルーして問題ないような軽いものとは到底思えないし、そこに読者の真実が一ミリもなく、妬み嫉みでしかないと言い切る「ふだんのブログを知りもしない、先に擁護ありき」の人々たちの姿勢のほうが軽々しく見えるという現象が起こるのですね。

 

まわりくどい言い方になってしまいましたが、

 

要は、批判されたとしたらそれにはそれ相応の「理由・原因」なるものがあるのだろうという視点がひとつ冷静な観察者として無関係な人々にこそあったほうが健全だと、そういいたいわけです。

 

結果くどい言い方になってしまいましたが、火のないところに煙は立たない的な疑念というものはついてまわると言い換えてもいいかもしれない。

 

今回、今年の漢字一字を「再」とした堀さんの投稿に対しネット上では、

 

  • 再ではなく嘘だろ。
  • ちえみの今年の一文字は「嘘」以外にはありません。本当に不愉快な一年でした。
  • 自分よりはるかに元気で贅沢三昧の堀さんになんて興味ない。忘れられていた元アイドルが、注目され、自分の生活を自慢できるチャンスがきたと舞い上がり、結果嫌われ、失敗しましたね。
  • 今回だけではなく、とにかくちえみさんのブログ記事は話が全く繋がっていない事が多すぎる。東京におけるサイン会では喋れずに直筆メッセージで挨拶していたのに、すぐ後の大阪におけるサイン会では「ありのままの姿、ありのままの言葉」で張り切ってご挨拶しているのだから、少しは台本通りに動いたらどうか?
  • 2月の手術から堀ちえみの「嘘」に振り回された1年だったような…。来年は「嘘」「偽」のブログはやめて欲しい!
  • 贅でしょ。しいて1文字あげるなら。贅沢の贅。欲しいものは何でも手には入り、食べたいものは食べ放題、行きたいとこに行き放題。
  • 「偽」と違いますか?芸能人?ならもう少し周囲に気を使うべきと思います。病を営利目的でブログを更新するのはどうかなあ?と病んでる人は思います。
  • 暴飲暴食、韓国旅行、爆買い、と嘘ブログで儲けたお金で遊びまくってるブログ。ほんとに苦しんでいる癌患者の人に敏腕ドクターの紹介してあげたら?
  • 今年の漢字一文字は「偽」ではないでしょうか?舌癌ステージ4で舌の6割を切除し、移植手術をしたにもかかわらず、抗がん剤治療も放射線治療もしなくて、術後にあつあつのグラタン食べたり、韓国旅行に行ったりと、考えられない行動が多すぎます。
  • ステージ4のガンを、わずか10カ月余りで乗り越えたと言い切れるその根拠が知りたい。
  • この人にはガン保険のCMオファーは来ない。何故だか分かりますよね。
  • いつまでがんを商売ネタにするのだろう。そのうちバチがあたりますよ。 
  • パートで地道に働いている自分はおばちゃんですけど、本当、収入少ないですし、生活もギリギリ。ですがブログ記事は真実を書かないといけません。大勢の人が見てるし、何が嘘か本当か見破ることも出来ますからね。
  • 漢字一字は「嘘」だろ。どう考えても‥令和二年も派手に嘘をつきまくる予定です。
  • 韓国旅行にも行っていたみたいだけど、ちえみの一文字は「嘘」です。手術してスーパーサイヤ人並みの回復力があるならスーパードクター紹介してください。
  • 堀ちえみの今年の漢字一文字は再では有りません。嘘、戯です。本当に舌癌を患っているとは思えません。
  • この人、天につば吐いたと思います。金スマから心配してたのに見事に裏切られた!手術で二枚舌にしたんじゃない?
  • 大変な1年?どこが?たくさんのがん患者が亡くなり悲嘆しています。毎日きれいな洋服写真アップし、毎日のような外食三昧。何か月に1度か韓国に整形に行って。はぁ~?どこが大変?

 (引用元:デイリースポーツ 12/31(火) 9:43配信)

 

特別ひどいコメントを掲載したのだろうと思った方は、引用元のデイリースポーツのヤフコメ欄をご自身の眼で確かめることも可能です。

 

コメントのほぼすべてが批判といっていいほど。

先日、水泳の池江璃花子さんが退院されて報道されていましたが、同時期の入院にもかかわらず世間のリアクションは真逆といっていいものばかりでした。

 

堀さんのブログを全く読んでいなかった人の意見と、堀さん自らが投稿しているはずのブログを連続して読んでいる人の意見のどちらがより真実に近いものであるか。

 

事実そのものを誰もが検証しうる立場にない以上、ブログ読者が頼るべきは本人の言葉しかありません。

 

そして、

 

その言葉を読んできた読者たちがコメント欄に「異を唱える」行為をしているのだとしたら、それは一蹴されるべきものではなく真摯に読みすすめるべきものだと個人的には思っています。

 

たとえそれが匿名のものであったとしても、

 

その先に人がいて感情がある以上、読む価値はあるはずだし”批判する人間を根拠なく叩く”よりはよほど前向きで冷静で思慮深い行為ではないかと。

 

ヤフコメに上がっている一人ひとりのコメントを読み進めてわかるのは、病人を叩いているのじゃなく、言動の不一致、整合性の無さ、明らかなる矛盾への不快感そういったものがひしめいているということです。

 

真実はわかりません。

 

ただ、わからない以上、「なぜ、どうして?」の疑念の声を一斉に封じ込め叩くのもまた違うと感じます。

 

なぜなら、すべては堀さんが発信するブログに依るものだからです。

 

ではまた。

(出典・引用元:デイリースポーツ 12/31(火) 9:43配信)

 

もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ