毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

八木亜希子、線維筋痛症で旦那子供は!?内村光良との報道過去

 

 

 

ころもです。

 

まさに次から次という勢いで芸能人の体調不良のニュースが飛び込んでくる印象です。

直近では長渕剛さんに笠井信輔さんに近藤真彦さんに八木亜希子さんといった流れでしょうか。

 

思いつくままに列挙しただけなので、まだまだ埋もれている方々はいるはずですが、それは今回お許しを。

 

なにはともあれ、とても意外な印象だった八木亜希子さん。

 

勝手に病気とは無縁なイメージを抱いていただけに驚きました。

しかもあまり耳慣れない「線維筋痛症」という病名。

 

昨夜クリスマス・イブでは恒例の「明石家サンタ」で突然のことだったことをさんまさん本人が冒頭で話し、急遽代役に抜擢された中野美奈子アナが登場。

 

更年期です、と言いながらも食事会では「横になっていいですか?」と打診されたときの様子を「抱いて欲しいのかと思った」とさんまさんは笑いに変えていたもののその眼は真剣というのか、これまでの感じとはちょっと違って見えましたね。

 

本当に明日はどうなるかわからない生身のわれわれ

 

令和元年となった今年は本当に種々雑多な驚きが飛び交って、芸能界でも若い方の訃報も多くとても他人事とは思えないことばかり。

 

明日の命がある保証は誰一人ないということを改めて痛感した一年でもありました。

 

八木さんが通院治療を行う予定の線維筋痛症というのは「全身に激しい痛みが走る病」ということで、風が吹いたり服がこすれるなどふつうなら痛みを感じることがないような”わずかな”刺激で激痛が走ることもあるというものだそうで、こればかりは本人でなければわからないですね。

 

それにしても風が吹いてもって…、

 

ちょっと想像しにくいというのか、本当にさまざまな種類の苦しみが存在するのだなと思うばかり。


しかしこの病の国内患者数が推計約200万人というのだからこれまた驚愕です。

 

八木さんは数日間入院のあとは通院治療を行う予定だといいますが、旦那さんや子供はいるのでしょうか。

 

同期に有賀さつきさんや河野景子さんが…

 

同期のアナウンサーに有賀さつきさん、河野景子さんがいたわけですが、有賀さんはすでに他界、河野景子さんは離婚。

 

なんだか胸騒ぎがしますが、八木さんは2002年10月に大学時代の同級生である会社員と結婚してはいるものの子供はいないようです。

 

早稲田大学時代の同級生だった旦那さんが仕事でアメリカに駐在しているときにプライベートでニューヨークを旅行した八木さんと再会、そこから結婚という流れになったようですが、単純に順風満帆な結婚生活なら煩雑な手続きや面倒な距離を往復してまで日本での仕事を入れないだろうなと素人的には思います。

 

芸能関係者によれば夫婦関係は事実上破綻しているものの、互いの仕事に悪影響が出ることを考えて離婚せずに仮面夫婦のままでいるといった話もあるので、その推測はあながち遠からずかもしれません。

 

隣近所の収録じゃなく、危険も伴う飛行機を使ってのアメリカと日本の往復を考えればなおさらです。

 

子供もいないということであれば「互いの仕事への影響を考えて」という婚姻継続の理由にもより信憑性が生まれますね。

 

そんな八木さんの過去を調べていくと、ウッチャンこと内村光良さんの名前が必ずといっていいほどあがってきます。

 

様々な女子アナと浮名を流したプレイボーイウッチャン!

 

ウッチャンの現在の奥様は「報道ステーション」でキャスターの仕事をされている徳永有美アナウンサーですが、過去には八木亜希子アナウンサー、そして大神いずみさんなどとの交際報道も短期間で破局したとはいえありました。

 

しかしここで忘れてならないのは下平さやかアナウンサー。

むしろこの方が一番、過去の交際相手として印象深くあるのですが交際は2年ほど。

 

とにかく女子アナとの熱愛報道には事欠かないウッチャン。

 

八木さんはだいぶ肉食系だった過去の恋愛の一人だったということだったに過ぎないのでしょうが、ネット社会ですからググれば名前と一緒に過去の交際相手がワンセットで出てくるというのはデジタルタトゥー時代の宿命と諦めるしかありません。

 

といいながら、それをまたここでぶり返していることもかなり残酷ですが。

 

八木さんご夫婦が円満かどうかは別として、ストレスのない生活で病気を克服、また明石家さんまさんとの息のあった番組を続けて欲しいと個人的には思います。

 

それにしても、芸能界だけでもいろいろありますね。

 

ではまた。