毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

二宮和也 聞けば聞くほど彼女優先が浮き彫り!?の結婚発表か

 

 

ころもです。

 

今朝の『ノンストップ!』で実際にインタビューに答えている嵐・二宮和也さんの結婚についての様子を拝見しました。

 

ひとこと、

 

しどろもどろ、という感じでしたね。

自分自身が辻褄の合わないことに話しながら気づいているのか、気づかれていることが恥ずかしくてならないのか、うっすら赤面しているようにも見えました。

 

何をどう繕ったところで、嵐の最後のツアーになる可能性も大きいあまりにファンの皆さんにとっては大事なツアーを台無しにしたことは間違いない。

 

これはファンじゃないからこそ冷静にその経緯からわかったことでもあります。

 

アイドルだって人間だ!

 

はい、わかりました。

 

というより、言われなくても十分にわかっています。

 

そして誰よりファンがそれを一番理解していたでしょう。

認めたくなくても、理解しなくてはと応援するかたわら心や頭の片隅でその時がくるときの心構えや準備なるものを着々と進めていた矢先、整えている段階だったろうなと思うわけです。

 

昨日も記事にしましたが、

 

こちら>>二宮和也 結婚発表タイミングを説明もさらに疑問の声深まる 

 

まだこの記事を書いているときには動画としては拝見していなかったので、どういう口調、表情でこの件を語ったのかがわからなかったのですが、

 

今朝の『ノンストップ!』でその様子を観ていてとにかく感じたのは冒頭でも記述したように、

 

しどろもどろだな、

 

という印象です。

 

あわてふためくというわかりやすい動作での「しどろもどろ」というよりは、やはりこのことが世間で未だに騒がれているのかという気持ちが見え隠れしている感じ、そして手の内を見透かされている焦燥のような表情、それが相まってしどろもどろになっているといったような…。

 

新婚生活についても、

 

「普通というか、変わらないです」と自然体を強調。来年の年賀状から妻と連名になることを指摘されると、「考えていなかった。確かにそうですね」とうなずいた。

 と17日配信のサンスポの記事に掲載されていましたが、

 

変わらない、ということは言うなれば、すでに結婚生活を送っていたからということを思い出させるだけで少しもファンにとってはスッキリしないでしょう。

 

浮足立ったところを見せないようにとの配慮だとしたら逆効果です。

独身男性が結婚して2人暮らしになったら、いろいろと変化が起こるのが自然なのにそれを「普通というか、変わらないです」というのはすでにそういう生活を長いこと送っているということを意味するのにそういう点にも気づかない。

 

ただただ、

 

結婚したことを攻撃されないようにという間違った防御ばかりに気を取られている様子がありありと伝わってきます。

 

二宮さんはファン想いという声も時々見かけますが、果たして本当にそうなのか首をひねりました。

 

本当の優しさは、自分の立場でファンのことを考えるのじゃなく、ファンの立場になってファンの気持を考えることであって、だとしたら今回のツアーを完全に勤め上げてから発表するのが最低限の優しさでありマナーだと思うし、ケジメだと思うのですね。

 

それを、

 

「(先月3日に迎えた嵐のCDデビュー)20周年の区切りもあって決断した」

「メンバーそれぞれの思いがあり、活動休止までとか、コンサートツアーが終わるまで待ってほしいとかありましたが、それぞれの思いを尊重して歩み寄った」

 

と語ってますが、これ相当に揉めたのだろうなと推測できました。

  

”活動休止までとか、コンサートツアーが終わるまで待ってほしいとかありましたが、
それぞれの思いを尊重して歩み寄った”

 

と言ってますが、ここでいう「それぞれ」って1:4の図式にしか思えないのですがどうなのでしょう。

 

すぐにも結婚したい二宮さんと、

ファンのためにも「活動休止まで」、最悪でも「コンサートツアーが終わるまで」と二宮さんへ哀願、そして譲歩している他のメンバーの姿が見え隠れする内容じゃないですか。

 

そこまで明確に結婚発表の時期をいわば「待ってくれよ」と懇願している他のメンバーの声があったにもかかわらず綺麗ごとのように「それぞれの思いを尊重して」って、

 

尊重しなかったからこそとんでもない時期に結婚発表に踏み切ったんですよね。

 

歩み寄ってない結果がこうなってしまったということになったことは明々白々の事実じゃないですか。

 

これはますます不可解、そしてずいぶんと身勝手な強行突破だったんだなと、改めて、改めて今朝の放送を観て感じたものです。

 

究極の矛盾は、

「われわれとファンが同じ夢を見られる空間。そこで個人的な報告をすることはないかなと」

の部分。

 

これ、20周年ツアー中に結婚に触れなかったことについて「ファンに配慮する自分」のような様子で語っていましたが、

 

そんな配慮などしなかったからこそ、

 

いろいろ増税で生活も大変、天変地異で生きることそのものが大変な日々にあっても嵐のコンサートがあるから頑張ろう!最後まで応援しよう!というファンの気持ちを裏切ることになる「最悪と言っていいタイミング」で一番ウェルカムじゃない「匂わせ彼女」との結婚を発表したわけだと個人的には理解しています。

 

何度も言うように結婚をするなとか、一生アイドルでいろとか、そういうハチャメチャな要求をファンはしているわけじゃないことはヤフコメを読んでもよ〜くわかります。

 

わかるだけに、なおさら綺麗事をいう二宮さんの今朝のインタビューでのやりとりには改めて仰天したし、失望しましたね。

 

そういう人だとは思わなかったので。

人の心の機微がわかるからこそいい演技ができるのだなと思っていたこともあっただけに、一番自分たちを支えてくれてその仕上げにさらなる応援をしてくれているファンたちを思えばどう考えてもツアー前に言うべきではなかった。

 

できることは、もう矛盾だらけの言い訳をしないことぐらいでしょうか。

 

発表して失望させたことはもう取り返しがつかないし、謝罪したり弁解してどうなるものでもない。

 

聞けば聞くほど結婚発表のタイミングはファンや嵐のことを考えたものではないということだけはハッキリしたので、これでこちらとしてはもういいです。

 

ただ、自分に置き換えたときにファンの失望と怒りの矛先をどこに向けたらいいのかという想いがわかりすぎるだけに、本当に気の毒なことだと。

 

ネットの声も再度拾い上げてみましょう。

 

  • 一段落って…まだツアー中だよ。コンサートを軽くみてる事に怒りを通り越して軽蔑する気持ちになった。
  • 天皇陛下への奉祝曲歌唱の大仕事が終わって一段落したのも分かるけど、ツアー中でしょう?「応援してくれるすべての人に感謝を!」と1年と少しの期間に50公演もやるツアーも大仕事だと思うんだけど…。
  • もう少し待ってほしかったメンバーもいたけど、結局匂わせ女が待てなくて、そっち優先したんだよね。
  • なんか、ぜーんぶ作り物で、ファンばかにしてるかんじ。どんなに自然な報告よそおったって、気づくよファンは。
  • せめてドームツアー終わってからだったんじゃないの?相手の女に洗脳されてるのかって思うくらい男を下げた。
  • 二宮さんの強行突破とも受け取れるタイミングの悪さは嵐さんの20周年に水をさしたと思う。
  • ライブは夢の空間だからそういう報告はしないという考えは分かるけど、そう言うなら尚更ツアーが終わってからの発表にしてほしかったな…。
  • 区切りというならまだ終わっていないツアーはあなたにとって何?って感じ。
  • 男のケジメとか区切りとか一段落とか、一応グループで活動してるんだから、ツアーくらいは待って欲しかったというのが二宮ファンの気持ち。
  • 結婚会見もせず、こんなところで神対応って…?
  • 初めの対応が全てです。祝福されると思ったら予想外だったからって慌ててイメージ変えたのが丸わかり…冷めてから取り繕っても何も事実は変わらないですから…。

そのとおりというものばかり。

 

男のケジメじゃなく、

お相手へのケジメだし、お相手の求める時期を限りなく忖度した結果の今ですよね。

 

みんなの二宮さんじゃなく、一人の女性の二宮さんだということを強調するためだけの結婚発表のタイミングだったわけですが、そういう理解でよろしいでしょうか。

 

嵐のメンバーは忍耐強いと思いますよ。

自分たちの築き上げてきたものを、総仕上げの重要過ぎる時期を台無しにされたのに一緒にいるのですから。

 

ではまた。

(出典・引用元:サンケイスポーツ 12/17(火) 7:00配信)

 

【こちらも読まれています】

嵐・解散が現実味!?「5人、最後のドキュメンタリー」の不穏 

二宮和也 結婚発表タイミングを説明もさらに疑問の声深まる 

二宮和也2021南国挙式の噂に「勝手にやれば」無関心が勝る!?

二宮和也の結婚相手実名報道に箝口令!?法的措置も視野の要望

嵐・二宮和也が伊藤綾子と結婚「一人の男としてケジメ」語る

 

伊藤綾子「結婚できそう」嵐の2020年活動休止視野に引退か 

伊藤綾子アナ ブログで二宮との交際匂わせ同棲も結婚は無理!?

嵐 二宮和也の竹内結子への愛はいつまで語られるか