毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

AKB峯岸みなみ卒業発表時期に「見切りつけられた形かな」

 

 

 

ころもです。

 

AKB48峯岸みなみ(27歳)さんがグループ卒業を発表したと話題ですが、まだ卒業してなかったことにびっくりです。

 

なにせ27歳。

 

一般企業でいえば、けっこう中堅にさしかかる入り口といったところなのにミニスカートで歌って踊ってというのはやっぱり、それが芸能界とはいえちょっと異様でもある。

 

しかし峯岸さんは昨日8日、

 

「この日を迎えられて感謝です」ということで卒業を発表したのですからそんな皮肉に耐えることもなくなります。

 

ただ時期はどうなのか。

 

唯一の1期生生き残りだったのに、この時季に卒業発表ということになるとどうしても最近の動向が無関係ではないのじゃ?と邪推されるわけですが、そう考えると卒業そのものも本当に「卒業」なのか、「卒業」と言う名のクビなのかも怪しく思えてしまう。

 

「いつなのかなと皆さんも思ってただろうし、いつ卒業してもおかしくないタイミングではあったんですけど、ずっと悩んでいて…」

と語った峯岸さん。

 

そんな風に思われている状況で歌って楽しくはなかったでしょう。

 

「今こうしてステージにみんなで立っている時間が幸せで、大好きな今がAKB48を卒業するタイミングなんじゃないかなと自分で思って、こうしてみんなに見守ってもらえる場所を卒業発表の場所に選ばせてもらいました」

これが自発的なものなら円満卒業ということになりますが、果たしてどうなのか。

 

疑問を抱きたくなるほどに私生活であれこれヤフーニュースになることも多かったのが気になります。

 

思い出されるのは、

 

6年前、EXILEの弟分でありダンスユニット「GENERATIONS」の白濱亜嵐さんの自宅から出てきたシーンを週刊文春にとらえられ「お泊り愛」として報道された件。

 

結局この一件で峯岸さんは研究生に降格という処分をうけ、You Tubeで丸坊主姿になり謝罪という派手なパフォーマンスをしたことで話題になりました。

 

また今年2019年の4月には、

 

舞台共演者の細貝圭さんと超密着ハグ写真を撮られ、かと思うと、そのわずか一週間後には1億8000万円を脱税して逮捕され保釈保証金6000万円を払って釈放された”青汁王子”こと三崎優太さんと六本木のクラブのVIPルームに一緒にいるところを目撃されるという盛んぶり。

 

極めつけは、

 

沢尻被告の逮捕でよく目にするようになった合成麻薬MDMAを使用した、麻薬取締法違反容疑で逮捕された自称有名トレーダーのKAZMAXこと吉沢和真容疑者とのラブラブ写真が「デイリー新潮」により報じられるという始末。

 

それが今年7月のことなので、まあスキャンダルクィーンの名に恥じないスクープが次から次と出てきていたわけで、それは「卒業します」といわれても「卒業」させられたのだろうなと思うのが妥当というのか自然な流れとも言えるわけです。

 

また卒業させられたのじゃないかと疑いたくなるような記事が2019年11月13日のトカナに掲載されていました。

 

丸坊主までになったのにこれだけ自由気ままにできているのは彼女がAKBグループにとっての功労者だからだ、という記事です。

 

「大手広告代理店との飲み会をはじめ、AKBグループが大きくなるための“ここぞ”の場面で、彼女は某メンバーとともに“接待要員”として投入されていました。恋愛NGのAKBですが、彼女は下ネタもグイグイいけるし、なにより愛想が良くて、空気が読める。彼女のことを気に入る業界関係者は多く、そうした人たちが新たに人脈を紹介していった」(事情通)

(引用元:エキサイトニュース 2019.11.13)

 

それが真実なら、彼女の卒業が実はクビだったのじゃ?という疑念も消えかかったのですが、

 

まだ続きがあります。

 

麻薬取締法違反容疑で逮捕された自称有名トレーダーのKAZMAXこと吉沢和真容疑者との密着写真からネット上では、「峯岸も一緒にキメていたのでは!?」という声も出ているという現実ですね。

 

もちろんそれを立証する材料はなく、彼女をよく知る人物も「遊び人だが、法に触れるようなことはしない。そこは本人も肝に銘じている」と証言してはいるようですが、だからこそ、法に触れていない今のうちに卒業してくれたら有り難いと思う関係者がいてもおかしくないな、という見方もできてしまうというか、そう思っても何ら不思議でもないなと。

 

いずれにしても長いことお疲れ様でした。

 

始める以上に「終わるタイミグを見定めることの難しさ」がわかる、新たな例として思い出すこともあるかもしれません。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:2019年11月13日 07:00 exciteニュース、12/8(日) 20:57配信オリコンニュース)