毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

千原せいじレギュラー番組降板「調子に乗り過ぎ」不倫の代償

 

 

 

ころもです。

 

千原せいじさん、懲りないですね。

最初こそ笑いで何とかやり過ごしたものの、さすがに7ヶ月の間に2回の不倫ということになればそうもいかない。

 

昨日26日には、北陸朝日放送の「千原せいじのKid'sWorld」を降板することがわかり、静岡第一テレビ「まるごと」の木曜コーナー「久保せいじ」は14日から休止中。

 

長崎文化放送の「なんでん飛躍天(ひゃくてん)」は次回、千原せいじさん抜きで放送予定というではないですか。

 

ソロリソロリならぬ、じわりじわりと忍び寄る制裁の手。

当然です。

 

アフリカの大自然で気持ちが大きくなった!?

 

残念なことにというのか当然ながらというのか、これら地方のレギュラー番組の存在も知らなければ、そこでそんなお仕事をしているせいじさんのことも知りませんでした。

 

個人的には千原せいじさんといえばアフリカ。

そうです。

 

弟の千原ジュニアさんがMCを務める「世界の村で発見!こんなところに日本人」と、バナナマン設楽さんのMC「ノンストップ」の火曜日レギュラーが主なもの。

 

いろいろと規格外のエピソードはあっても、ロケ地がほぼアフリカであるためにそれが性に合っている感じで単純におもしろかったし、秘境の地だったり危険な地域に行ける稀少な人材という特別な眼で見ていたわけですが、2度の不倫となるとちょっとどころか相当に見方は変わります。

 

変わらなければ嘘でしょう。

 

1度目で反省の言葉を述べていながら、その舌の根も乾かぬうちに同じことで世間を騒がす。家族を裏切る。

 

反省してないな、まったくと、こうなる。

 

「本当にえらいすいませんでした。息子が(自分を)母親を傷つけた男として見る。時間がたたないと、しゃあない」 

 と「ノンストップ!」に生出演して謝罪したところで、これが最初ならまだしも2度めとなれば仏の顔の3度を待つまでもなく「懲りない人」という烙印を押されるのも致し方ない。

 

せめてこれが前回の不倫が3年前、あるいは5年前ということなら受ける印象も多少は違うのかもしれないですが、前回がほぼ半年ほど前という悪質さ。

 

これ、少しも悪いと思ってなかったということを全力で示してますよね。

 

「家庭は奥さんがなんとか切り盛りして明るくしてくれてます」

 

いくら神妙な表情でいったところで、行動が嘘をついているのだからどちらが本当かということになる。

 

言葉はいくらでも取り繕えるのだから、やはり反省の気持ちは行動からしか手繰り寄せることができないのに、それをあっさりと裏切る。

 

これは、

 

「息子がね…。母親を傷つけた男としてみるわけですよ」 

 

と嘆いても自業自得すぎ。

 

被害者のように語るなど虫がよすぎます。

 

「これ、どうしたらいいでしょう、ホンマに。時間がたたないとしょうがない、自分がしたことやからね…」

母親を傷つけた男として長男に見られることに「当然でしょうね」と一刀両断のコメンテーターのハイヒール・リンゴさん。

 

一度ならず二度までも裏切る夫を許す度量の大きさなのか、諦めなのか、執着なのか全くわからないですが、これで三度目があったら家族は許しても千原ジュニアさんが許さないということで厳しくして欲しいです。

 

アフリカのスケールの大きさに数多く触れて気が大きくなっているのかもしれないですが、日本はほぼ半年のうちに2度も不倫をする男性をコメンテーターとして見ていられるほど悠長な社会ではないことを肝に銘じる必要がある。

 

ネットでも、

 

  • 離婚しないとわからないタイプではないと昔は思っていたけど、どうやらそうみたいですね。息子さんの態度で自分の罪深さを理解できないなら、終わりなんじゃないですか?
  • 1回目でもノンストップ観るたびに不快だったのに、さすがに今回もしれっと出てるからノンストップもう観ないようにすることにした。
  • 子供が傷ついてるのに傷つけた父親本人が「こればっかりは時間が解決…」と笑いながら言ってて吐き気がした。母親を傷つけたと子供が感じているという事は、奥さんが傷ついているところを子供が観たからという事をわかっていない
  • 時間が経てば、赤の他人の視聴者の方は忘れ去るかもしれませんが、
  • 家族のココロは時間が経っても取り戻せないと思います。
  • もう1人で生きて行って下さい!家族がいるのにモテたいとか、ふざけた事言って、家族にどれだけ恥かかせれば気が済むんですか!一生、テレビなんか出ないで下さい!
  • 「どうしたらいいでしょう、ホンマに」奥さんと息子のセリフだろ。人の気持ちなんか全く考えようともしないしわかろうともしない人間に周りが何を言っても無駄。
  • こ奴は必ずまた問題を起こす。二度とテレビに出すな。干しあがるべし。
  • 全てブサイク。かっこ悪いにつきる。
  • モテたい…奥さんも、子供も、家庭1つすら守れない、愛せない男性の何処に魅力があるの…?
  • アフリカで暮らせばいいのに。一夫多妻じゃ無理なんでしょ。でもここは日本だし、「さようなら」

(引用元:デイリースポーツ 11/26 11:09配信)

 

呆れ果てています。

 

今年5月に20代女性と名古屋で不倫。

それから約半年後に40代の元セクシー女優と不倫。

 

取材にも「モテることに必死」「モテることに必死やからね」

 

と全く笑えない発言でやり過ごそうとする狡猾な感じ。
これはスポンサーのつくお仕事には向いてないということでしょう。

 

まさか、

 

「世界の村で発見!こんなところに日本人」が毎週放送だったのに不定期なスペシャル番組という放送の仕方になったことも関係あるのか。

 

今年の3月26日でレギュラー放送という形は終わり、その後は不定期特番として単発放送に切り替えされていくなかで身体と時間に余裕ができたことが実は理由だったりするとしても家族を二度も裏切って泣き言をいうような芸人の番組は観たくないという視聴者の声がスポンサーに反映されていくでしょう。

 

甘くみすぎですね、視聴者のことも不倫のことも。

「ノンストップ!」からもじきに消えるのではないでしょうか。

 

なんだかベレー帽も嫌いになりそう。

 

ではまた。

(出典・引用元:日刊スポーツ 11/27(水) 6:13配信)

 

こちらも読まれています 

石田純一、被害者ヅラ退院報告に「TVに出ないで!」批判続出

手越祐也コロナ禍に手越ガールズ集め飲み会開催に非難殺到 

関口宏の心ない発言に医療従事者が大激怒!非難殺到で炎上中

高橋英樹まさか炎上商法!?妻バースデーランチ投稿「なぜ!?」

椎名林檎、東京事変ライブ一部中止もコロナ脅威にネット炎上