毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

沢尻エリカが完落ち!?キー局管理職ら「自白リスト」共有か

 

 

 

ころもです。

 

 

12/10号の『FLASH』にセンセーショナルな記事が出ていました。

 

沢尻容疑者は「10年以上前から、違法薬物を使っていた」と供述していたわけですが、『FLASH』に登場する元モデルA子さんが、

 

「10年どころか、彼女は18歳のころには薬物中毒でした」

 

と証言したのです。

 

現在、沢尻容疑者は33歳。
10年以上前から、という正確なようでいて曖昧な表現からなんとなく二十代前半ぐらいかと思っていた人も多いかと思うのですが、蓋を開ければ18歳の頃には薬物中毒だという証言者が出てきてしまったわけですから、改めてその使用年数の長さに度肝を抜かれます。

 

このモデルのA子さん。

現在30歳ですが、15歳のときにタレント事務所に所属し、そこで当時18歳の沢尻容疑者と出会ったのだとか。

 

抜群の容姿と人気ぶりで後輩の憧れの的だったという彼女とはカラオケに行ったりプリクラを撮ったりディズニーランドにも行ったことがあると。

 

そんなA子さんは『FLASH』の記事で沢尻容疑者のある奇行を目にします。

それは、みんなでお酒を飲んでいる時にいきなり彼女が外に出て近くの雑居ビルの屋上にあがり、携帯電話を放り投げるというもの。

 

記事では、

そんな奇行を目にするのは初めてだったので、『どうしたんですか』と聞いたら、『私、じつは(薬物を)やってんだよね』と。詳しく聞くと、『最近、薬物を始めたばかりなんだ』と言うんです」

 とその時の様子が綴られており、それ以後はA子さんの前で堂々と薬物を使用するようになったというのです。

 

18歳というと2004年。


その年は映画『問題のない私たち』で映画初出演にして準主演を務めたころですね。

『パッチギ』はその翌年、2005年で数多くの映画賞・新人賞を受賞してますから、いずれにしても十分に役者としても芸能人としても軌道にのり始めた頃といっていいのじゃないでしょうか。

 

また2005年は映画だけじゃなく、フジテレビで初主演となったドラマ『1リットルの涙』で演技も高く評価された年でもありますね。

 

そんな表舞台に立っていた時期であるにもかかわらずA子さんによれば当時都内に別宅を持っていた沢尻容疑者は、

 

「細いタバコのようにして、大麻を吸っていました。当時、流行していた『脱法ハーブ』にも手を出していましたね。クスリをやると瞳孔が開いて、目が赤くなる。ろれつもまわらなくなって、突然泣いたり、怒ったりすることもありました」

というのです。

 

一緒にいたこのA子さんは憧れの先輩ではあっても「薬物自体に興味はなかったし、大麻特有の匂いがどうしてもだめで、見ているだけでした」と記事中で証言。

 

しかしこれも匂いがダメじゃなかったら共にやっていたと言ってるも同然ですから、なかなかの言葉であることに違いはないと思うのですが。

 

A子さんはまた、

 

「一緒に薬物をキメられる仲間を探していた」という沢尻容疑者のために人気が出はじめていた男性アイドルのXを紹介したとも証言しています。

 

誰でしょうね、戦々恐々としているでしょうね、その方。

 

以下、『FLASH』より引用。

 

A子さんの紹介で出会った2人は、すぐに意気投合する。

「それ以来、私と、私の友達の女のコと、Xくんとエリカ先輩の4人で遊ぶようになりました。エリカ先輩とXくんは、エリカ先輩の部屋で、しょっちゅう薬物に手を出していました。

 クスリがまわると、すぐに目の前でいちゃつきだし、“イイ感じ” になるので、『帰るね』と言って、私と友達は部屋を出ました。臭いし、2人が目の前で、“大麻SEX” にふける姿を見るのは、さすがに耐えられなかったですから」

 沢尻とXは、多いときで週に4回は会っていたという。

「そのうち彼はエリカ先輩に本気になり、『つき合ってほしい』と告白したけど、振られていました。“パキリ友達” の関係は続いていましたが……」

 いびつな交際関係は、約2年ほどで終わりを迎えた。

「2005年のドラマ『1リットルの涙』が話題になって、エリカ先輩は忙しくなり、私もXくんも、先輩とは疎遠になりました。今回の逮捕には、正直驚いています。まだクスリをやり続けていたんですね……」

 今回本誌は、Xに取材を申し込んだが、回答はなかった。

 

(引用元:11/26(火) 6:33配信 FLASH)

 

元モデルのA子さんの証言が真実だとしたら、

 

小学6年生のときに芸能界デビュー。


2003年『ホットマン』で連続テレビドラマに初出演。

 

そして2004年の映画『問題のない私たち』初出演となるわけで、ほぼ役者をやりだしたときと同時期に薬物に手を出したということになるのでしょうか。

 

数々の新人賞は”薬物なしには存在しなかった”と言われても何も言えないほど長年にわたる中毒ぶりですね。

 

さきほど東京地裁も沢尻容疑者の勾留期限を12月6日まで10日間延長する決定を下したと報道がありました。

 

10年前から使用していたという供述以上に、今はその入手ルートの解明に焦点が絞られているということかもしれません。

 

5億円以上と言われている違約金総額。

過去の事例では所属事務所が建て替えるケースがほとんどといいますが、いっぽうで芸能人本人が自己破産して返済不能になることもあるといいます。

 

これからの10日間にどんな事実が暴露されるのか。

 

あるテレビ局関係者の証言では、

 

沢尻は、“完落ち” したそうです。取調べで、次々とシャブ仲間の芸能人を自白。沢尻の供述をもとに、警察が次に狙っている複数の芸能人の名前が、テレビ局にまで漏れ伝わっています。

キー局では、制作サイドの管理職が、沢尻容疑者の『自白リスト』を作って共有。『リストにある芸能人を、絶対に使うな』という指示が、現場に出ています」 

 というのですから、警察とマトリの動向から目が離せません。

イニシャルトークでマークされている芸能人の記事も目にしますが、これは読んでもフラストレーションがたまるだけですね。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:11/26(火) 6:33配信 FLASH)

 

【こちらも読まれています】

沢尻エリカ山口達也と同じ施設へ転院!?1泊20万個室を軽減か 

片瀬那奈の薬物検査に「抜き打ちじゃなきゃダメ」の声噴出

 

沢尻エリカ保釈で蘇る「週刊文春」とその「関連記事」たち

沢尻エリカ特別病棟はVIPで契約解除なし「後悔」の意味とは

FRIDAYが沢尻エリカ容疑者と片瀬那奈の4人Wデートを再報道 

 

沢尻エリカの「次なるターゲット」は沢尻会メンバーの2人!?

沢尻エリカ代役に川口春奈「薬と無縁な感じ」人選に納得の声 

川口春奈が格闘家矢地祐介と熱愛報道に「意外」「残念」の声 

沢尻エリカの有力代役は蒼井優!?ネット予想の菜々緒はなしか