毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

くみっきー旦那はホスト王!?に「根はギャルなんだね」の声

 

 

 

ころもです。

 

くみっきーこと舟山久美子さん28歳の結婚相手が話題です。

形容詞は「平成のギャルファッションシーンを牽引した人気モデルで”ギャルの神様”「くみっきー」と長い。

 

個人的には「貧乏」を前面に押し出してキャラづくりをしていたタレント・モデルという印象でしたが、今回何が話題なのかといえば、そのお相手である旦那さんが、

 

「歌舞伎町の巨大ホストグループを率いるホスト王」

 

だったということです。

 

これは本日11:01に配信された「東スポWeb」の記事で報道されていたのですが、舟山さん自身はお相手のことを「36歳の一般男性」として先月「ヒルナンデス!」で紹介しています。

 

しかし記事によればその男性は、

 

「東京・歌舞伎町などで24店舗ものホストクラブを展開する”ホスト王”と呼ばれる男性A氏だと報じられている」ということで、およそ我々が想像する一般人とはだいぶかけ離れた感じがしてしまうのですが、芸能界以外の方は等しく「一般人」としてしまうのでしょうか。

 

なんだか、新川優愛さんが現在のご主人を紹介したときのことを思い出してしまいました。ロケバスの運転手であったご主人。

 

正しい一般人というものをかっちり定義することも難しいかもしれませんが、新川さんの場合はIT関連社長のことを「一般人男性」と語る女優のようなことはなく、想像の範囲内にとどまる一般人枠だったのでなんとも清々しさがありました。

 

その流れでいくと、くみっきーの「一般人」というお相手もなんというのか一般企業の経理担当だったり、アパレル系の営業マンだったりといった男性かなと勝手に想像してしまったんですね、これが。

 

なにせ、裕福な家庭から貧乏へと転落してしまった幼少期のことを語っていた彼女なので、堅実な家庭生活に憧れがあるのじゃないかと。

 

加えて本人が電気や水道が止められるといった苦労話を語り、4000万円にものぼる借金を約6年前に完済したという話もあったのでお金に対する幻想などはとうにないだろうし、

 

「希望を持ち続ける事と人を思いやる優しさを大切にする事は忘れたくない」

 

と語っていたこともあるので、芸能界に席をおいていてもどん底時代を忘れず、芸能界に染まること無く結婚をするのだろうと、これまた勝手に思っていたわけです。

 

しかし記事なかのホストクラブ幹部の話では、

 

「A氏はホストクラブのみならず、ホスト周辺ビジネスにも手広く参入しているヤリ手です。ホストの同伴やアフターに生かせるバーやレストランなどの飲食店コンサルティング、ホストや客のキャバ嬢などの名刺の製作や写真撮影のデザイン会社、出勤前の髪のセットに対応する美容室、アパレルブランド、セレクトショップ、夏には海の家も経営しています」

とあり、

 

くわえて20歳で独立、巨大なホストグループを作った手法まで注目された人物というではないですか。

 

一般人ではあるでしょうが、予想を遥かに超える一般人でした。

個人的な感想ですが。

 

 

ネットの反応は、

 

  • 芸能人のいう「一般人」は一般人ではないことがよく分かりました。
  • ご本人は意外と堅実で真面目な人という印象でしたが、男性を選ぶ基準は自由奔放なのでしょうか。
  • テレビで貧乏だったから結婚は絶対に金持ちって言ってたな、ある意味有言実行w
  • ホストグループのボス→一般人?ね〜〜この人が何で女性から支持されてるのか?
  • 元彼もギャル男でしたね。結局好きなものは変わらないって感じですかね。
  • 記事読んで、離婚の二文字が浮かんだ。
  • 数年後に何かしらのトラブルで報道されそうなイメージ…
  • やっぱギャルはギャルなんだなって思ったw お似合いだと思います。
  • 金持ちだろうなとは思ったけどね。アンジェリカみたいにならないといいね。

(引用元:東スポWeb 10/25(金))

 

歓迎ムードだったのが明らかに風向きが変わったことを感じさせるコメントばかり。

 

歌舞伎町で24店舗展開できることに対する偏見もあるでしょうが、偏見抜きにしてもかなりの実業家なのだなという印象はあります。

 

 

しかし最近ではお酒も飲まず、

 

知的さと信念と実行力でホストのイメージそのものを変えつつあるROLANDさんの出現もありますから、懸念が懸念のまま終わる可能性は十分にあると思います。

 

ただこれほどまでのやり手の旦那さんを実業家じゃなく「一般人」として紹介したことにむしろくみっきーの後ろ暗さなのか闇のようなものを感じてしまった自分がいます。

 

なんにせよ、お幸せに。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:東スポWeb 10/25(金)より)