毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

カトパン朝夜ナオトとキス!?さんま質問に頷きファン激怒か

 

 

ころもです。

 

カトパンこと加藤綾子アナウンサーが昨日、16日の「ホンマでっか!?TV」で交際相手NAOTOさんとの熱愛に関する「ある質問」に頷き話題となってますね。

 

実際に視聴してましたが、あれはファンじゃなくても気持ちのいいものではない。

生々しくて無駄に想像を駆り立てられるし、何よりお互いに大勢のファンを持つ身としては「あってはならない」瞬間だったように思います。

 

いったいカトパンは何について頷いたのか!?

 

先月24日の熱愛報道から初の番組収録ということもあり、どういう展開になるのかと思っていたら、やはりそこはさんまさん主役の番組ですから「いじりまくる」形になったというのは予想の範囲なのですが、

 

これ、熱愛が本当なのだからいいだろうとかそういう問題じゃないと思うのですよね。

 

この二人は視聴者やファンという見えない人たちに支えられて仕事をしているわけです。

 

 

まずそこが一般社会で淡々と仕事をしている我々とは違う

 

ファンあっての、イメージあっての現在の地位ということになる。

 

ましてやNAOTOさんは人気グループ、EXILEのメンバーであり

三代目 J SOUL BROTHERSのリーダーまで務める要の人物。

 

現在の人気や地位を築いたのは実力は当然でしょうが、何より応援してくれている多くの女性ファンあってこそ。

 

その女性たちがその数だけ違う性格の持ち主であるとしても、自分が応援する異性が「ある特定の異性と熱愛中」であると知ることは単純にショックだと思うわけです。

 

人間心理について浅い思慮しかない人々は、本当のファンなら相手の幸せを考えるものだから、その人の愛する人をも応援、結婚したら「おめでとう」しかないだろうという通り一辺倒の答えで諭そうとしますが、

 

果たして人間はそれほど単純でしょうか

 

もちろん、本当のファンの定義をそう考えて実行している方々もいるでしょう。それが正しいとか正しくないとかではなく、そういう考えで今までもこれからも応援するファンがいることは事実だと思います。

 

いっぽう、

 

付き合うことは実際にできなくとも、好きなアーティストの歌や踊りに触れていろいろな夢を抱き、一定の距離を保ちつつコンサートといったライブで一緒に燃焼したい、そのためにも誰か1人のために歌や踊りがあって欲しくはない、そこは夢を見させて欲しいと願うファンがいるのもひとつ偽らざる事実でしょう。大げさじゃなく。

 

 

こういうファンが正しいということは言えないのです。

迷惑行為に属することは論外ですが、この応援の仕方、ファンのあり方が一番、最高、というものは他人が決めることじゃないし、決められるものでもない。

 

では有名人たちは誰ともお付き合いや結婚をすることが許されないのかといえば、それは極論というものでしょう。

 

自分たちが好きな有名人、アーティストたちですから魅力があることは当然説明が不要な部分であって、それゆえおそらくは、考えたくはないけれどもきっとどこかには大事にしている「異性」がいるのだろう、熱愛中の可能性もあると何とはなく思ってはいるのです。

 

けれども本人がその事実を必死に隠しているのなら、

それはその気持に感謝しながらもう少し夢を見させてもらおう、楽しませてもらおうという気持ち。

 

私生活のことは私生活のこと、見えないことは見えないままでいい、そういう暗黙のマナーのようなものによってファンは動揺しつつも変わらず応援し続けていこうと思い直すのじゃないでしょうか。

 

それなのに、

 

昨日カトパンは、

 

「加藤は昔、言うてたもんな。朝、キスすんねやろ?朝も夜も(キス)」 

 

さんまさんの誘導尋問のような強引さはあったにせよ、それを違う話題を振ったり答えないという形で回避する術があったのに、無言のままコクンと頷いてしまったのですよね。

 

言いたくてしょうがない、よくぞ質問してくれたぐらいの気持ちだったのじゃないかと思うほどの喜びがその「コクン」にあふれていたように感じたのと同時に、

 

あの「モニタリング」のワイプでよく微笑んでいるNAOTOさんの顔がふっと浮かび、瞬間想像してしまいそうになった自分がいました。

 

これ、NAOTOさんはどう思うのでしょうか。

ここまでの具体的な展開は予想できずとも、二人の熱愛に関する質問があってもファンあっての自分たちなんだから刺激しないように注意しよう、ぐらいの話し合いなどはなかったのでしょうか。

 

だとすれば、回避することもできたのに朝も昼もキスをすることに頷いたカトパンはもとより、NAOTOさんも多くのファンを失望させ、ファン離れを加速させる思考回路ということになってしまうのでは?

 

 

ネットの声

  • 私生活をそこまで明かさなくていい。皆が祝福してると思って浮かれてるんでしょうか…
  • 付き合ってても認めてもいいけど、一回きりにしてほしい!掘り返さないで!サンマさんも回りも無神経すぎ。女性ファンあってこその三代目でしょ?
  • わざ私生活知る必要はないというかファンなら知りたくないんじゃないかな。自分さえ良ければいい人なんだね。
  • もう少し彼氏の仕事のことを考えてうまくかわしてはどうですか。あなたがのろける度に彼氏のファンが減ってますよ。
  • ファンからしたら一切そんな事聞きたくもないと思います。やるならやるでお二人の時に勝手にやって下さい。
  •  この放送を見てNAOTOファンを逆撫でするようなこの無神経な態度!すみませんが、もう無理です。この2人を応援する気はなくなりました。
  • ファンに対して思いやりがないですよね。まだ結婚してないのに。
  • NAOTOさんも、加藤さんに対して何を話しても、許しているのか、注意が出来ないのか、わからないけど、ファンからしたら、情けなくて仕方ない。

(引用元:デイリースポーツ 10/16 22:23配信)

 

自分なら両方のファンをやめます。

 

理屈じゃない。
性格が悪いといわれても結構。

 

全く応援する気持ちにはなれないですから。

 

これはカトパン1人の暴挙とみなす人も多いでしょうが、予定にある番組の収録ですしメンバーもわかっているのですから、スイス旅行の合間、あるいは熱愛発覚の報道がされたあとにでも互いに示し合わせて取り決めるべきは取り決める猶予があったはず。

 

それがカトパンが声こそ出さなかったものの、そして、質問されての返答だったにせよ、それを回避することができたのに無言で頷くという行為をしたということはすなわち、

 

そういうことなんだろうなと、

 

自分ならそう思うので。

 

つまり、

 

いいよ好きに対応してという許しがあったのだろうと解釈します。

見返りが欲しくて応援していたわけじゃなくとも、誰かたった1人のために歌ったり踊ったり夢を語られても単純にシラケて耐えられないですから。

 

ファンの方が気の毒、本当に気の毒です。

 

生涯独身でいろとは言わないし、街で手をつないでデートもしたいでしょう、それは人間ですから。

 

でも昨晩の「頷き」はない。

あれは、全くファンじゃない自分でも「これはファンにはたまらないな」と思ったもの。

 

おそらく、カトパンにだってそのぐらいの想像はできるはず。

その上でああいった回避可能な場面で自分の「女としての見栄」のようなものを全面に出してきたあたり、これは終わりの始まりかも、そう思ったものです。

 

ではまた。

(出典元:デイリースポーツ 10/16 22:23配信)

 

 

 

こちらも読まれています

椿原慶子アナ結婚!実家も彼氏もお金持ちで何だか清々しい

週刊ポスト2019「好きな女子アナ嫌いな女子アナ」TOP20!

カトパンNAOTO交際を文春報道!婚前旅行になぜスイス!? 

カトパン彼氏はNAOTO!文春報道に真剣交際認めて結婚か 

週刊文春恒例2018「好きなアナ・嫌いなアナ」ランキング発表

一番好きな女子アナランキング発表!大手広告代理店資料から