毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

神田うのインスタで記念日ランチ自慢!?に「心が貧しい」の声

 

 

ころもです。

 

 

タレントの神田うのさんがインスタで結婚記念日ランチを報告。

しかしその空気の読めなさがちょっと話題です。

 

本日のデイリーが配信した電子版の記事によれば、

 

神田うのさんは2007年10月8日に挙式&結婚披露宴を行い同月13日に婚姻届を提出したとなっているのですが、インスタに投稿されたのはなぜか10月12日。

 

史上最大級と言われ世界も注目していたスーパー台風19号がまさに日本列島を直撃するまさにその日だったというわけです。

 

10月8日の結婚記念日なら当日、遅くとも翌日、何なら投稿せずとも誰も困らないと思うのですが、ご丁寧にうのさんは過去の記念日ランチの話題を、

 

あろうことか、

 

「誰も経験したことがない」「生命を最優先に」「迷ったら避難」と、どのチャンネルをひねっても日本がこれから迎える未曾有の災害への警鐘真っ只中の日に発したわけですね。

 

もちろん、

 

国難のときにプライベートな幸せを口にしてはいけない、世界発信してはいけないという法律はないですから問題があるかないかといわれれば、それは個人の自由でしょということで終わります。

 

しかしこれが人気稼業といっていいタレントという位置づけから考えたときにどうだったのか、という視点は持ち続けて欲しいもの。

 

実りの秋に作物が壊滅状態に追いやられ、人生を生きる土台となるべき家屋や財産が

失われ、いたるところで川が氾濫、床上浸水に床下浸水、年間降水量の3〜4割近くの雨がわずか2日間で降るようなカタストロフ的な状況下で、

 

「10月8日結婚記念日当日はランチしました。結婚は山あり谷ありと言いますが私の場合は結婚してなくても私の近くで関わる人々はジェットコースター人生を歩む事になってしまいますから(笑)結婚したハニーちゃんはシートベルトを締めて振り落とされないように良く頑張ってくれているなぁと感謝しかありません(笑)」

 

自分は幸せです、そしてセレブですとでも言わんばかりのフランス料理店でドレスアップしてランチをした内容をあげる意味、意図はいったい何なのかと批判を招いても致し方ないでしょう。

 

それどころじゃない!

 

という怒声が日本中から聞こえてくるようです。

そうまでして自分たち個人の祝い事を知らしめる必要があるのかということもさることながら、緊急性のかけらもない内容を敢えての台風上陸当日にもってくるあたり「空気をなぜ読まない」と批難されても納得です。

 

 

ネットの声

 

  • 台風で人が亡くなろうが、怪我をしようが、家が壊れようが、住む世界が違うセレブ様には関係ないのでしょうね。
  •  わざわざ関東が台風真っ只中の12日になんてしなければいいのに。本当に神田うのなんだな。
  • 停電、床上浸水で困っている人もいる、お亡くなりになっている人もいるというのに。
  • 今こそ自慢するくらいお金あるんなら寄付してはどうでしょうか?
  • どうして台風当日に関係ないおめでたいこと載せるのかな。人としてどうかと思います。
  • 家族を含めて自分のステイタスにしか興味が持てないのでしょうね。
  • なんだかんだで貧しい人な感じがします。
  • 金銭的には裕福かもしれないけど、心が貧しいと思う。他人の気持ちがわからない人なのだろう。
  • 記念日の祝いとかでしか幸せを感じられないのって、ある意味不幸かもね。
  • 楽しむのは勝手だけど自慢げに投稿する神経が許せない。
  • 哀れな感じがする。この方他のタレントさんに比べて災害寄付金した事あるんかな。

(引用元:デイリースポーツ 10/13 11:35 配信)

 

真の豊かさや幸せについて結論を出すことはできないし、出す必要もないことを百も承知で思うのは、

 

幸せで心豊かな人に共通することとして「アピールをしない」ということがあるかなと。

 

つまり、

 

何をしたこれをした、何を食べたこれをもらった、いちいち誰に何をどう思って欲しくて報告をしているのだろう、アピールし続けているのだろうと単純に不思議に思うわけですね、世間の多くの人々は。

 

そして最終的に、

 

トン

 

と落ちるわけですよ、腑に。

 

ああ、この方は満たされていないのだなと。

 

神田うのさんが満たされているのか満たされていないのかは本人以外わかりようのないことですが、少なくとも世間は今回のような発信方法、内容を冷静に受け止めそのうえで「心が貧しい」という言葉を使うことで理解不能な言動に終止符を打とうとしているのだなと個人的に腑に落ちました。

 

広い視野を持ちたいものです。

 

ではまた。

 

 (出典元:デイリースポーツ 10/13 11:35 配信)