毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ事実無根と法的手段を検討!なぜ投稿は誤解生んだか

 

 

ころもです。

 

結婚ラッシュに湧く芸能ニュースのなかで、ひときわ目立った「法的手段検討」の文字。

 

よく見れば、堀ちえみさんとある。

 

何があったのか。

 

松居直美さんと仲良く柚子コショウを作って幸せな時間を堪能していたと思っていた堀さんが、翌日のヤフーニュースでは「警察署」やら「法的手段検討」やら「名誉毀損」といった文字の中にいる。

 

読めば、

 

9月29日に投稿した記事で「ご主人が飲酒運転をしたかのようなネット上の書き込みが拡散」したことに対し、事実無根ということで警察署に名誉毀損など被害届の相談をしたことを明かしているではないですか。

 

なぜにそんなことになっているのか、飲酒運転をしていないのに飲酒運転をしたかのように書かれてしまった29日の問題の投稿を振り返ってみましょう。

 

誤解するのが悪いのか、されるのが悪いのか!?

 

 

10/2(水)22:34にweb配信された「スポーツ報知」の記事には、

 

堀は「大変心を痛めていること」という題名でエントリー。9月29日に投稿した記事で「主人が飲酒運転をしたかの様な、ネット上の書き込みが拡散しています」とした上で「日頃から主人は決してそのような行為は、致しておりません」とつづった。

 当時の状況について「主人はお酒を飲んだので、私が運転を代わって、子供と一緒に自宅に戻ったという事です」と説明した。 

 

とあり、あくまでも堀さん自身が運転をしたということを主張しているわけですね、これを読む限りは。

 

だのに世間では堀さんが言うところの「主人が飲酒運転をしたかの様な、ネット上の書き込みが拡散しています」という内容が示すように、

 

ご主人が飲酒運転をしたのじゃないかと嫌疑をかけ拡散したということになるのでしょうか。

 

注目すべきは、事実はあくまで「ひとつ」だということ。


しかしそれを他者、それも不特定多数の見ず知らずの赤の他人に正しく伝えるということがいかに難しいかを十分に考える必要があるということです。

 

事実を書いたのにどうして事実と違う話になり拡散されてしまうのか。

 

考えられる最たるものとしては、事実が事実として「正しく」相手に伝わっていない、伝わりきれていないということになるかと。

 

では、

 

なぜ「正しく」伝わらなかったのかとなれば、それは「伝わる内容になっていなかったから」という声が返ってくるのじゃないでしょうか。

 

故意に歪められることもゼロではないですが、記述されている文章を正しく受け止めた結果であるのにそれが事実と相反する解釈になってしまったのだとしたら、問題は「発信された内容がそもそも伝わる内容だったかどうか」であり、それを今一度検証する必要があるということです。

 

誤解をする世間が悪いのか、誤解される投稿をした堀さんに落ち度があるのか!?

 

当事者でない者にできることは、冷静沈着な検証ぐらいしかありません。

 

シンプルにどのような投稿内容であれば「堀さんが運転したのにご主人が飲酒運転をしたかのように拡散」されてしまうのか。

 

誤解を生むことになった投稿内容を先入観なしに読み直す。
これしかないのです。

 

問題となった9月29日の投稿内容を、以下、引用させて頂きます。

 

2019-09-29 19:22:56

(ブログタイトル)サクッと夕飯を食べて帰りました!

 

今日は本当に素晴らしい体育祭を、
見させていただきました。

娘彩月もホッとしたようです。

今夜は早めにゆっくり休みたいので、
四人でサクッとラーメンを食べて帰りました。

大塚にある「Nii 」

 

素晴らしいこだわりのラーメンです。

出汁も化学調味料は一切使っていないので、
安心していただけます。


麺もチャーシューも、
玉子もメンマも全てが美味しい。

 

お洒落な佇まい。

 

主人はハイボールをキューっと

 

息子楓季と娘彩月は、
生姜醤油ラーメン。

 

主人と私は生姜醤油ラーメン、
煮玉子入りを。

生姜を少しずつ混ぜながらいただきます。

化学調味料が苦手な私。

「ラーメンのスープが飲める」

というのが、
とても嬉しいです。

帰りに明日の朝ごはんの材料を、
買って帰りました。

愛犬みき・ちかちゃんと遊びながら、
家族団欒の時間を過ごしています。

 

都度、店の外観画像やお料理の画像が実際のブログではアップされています。

 

この流れで次の投稿に続きます。

 

⬇⬇⬇

 

2019-09-29 21:37:55

(ブログタイトル)心地よい疲れです!

 

今日はとても心地よい疲れが、
身体に残っています。

帰りの車の中では、
ちょっとだけうとうとしてしまいました。

主人が頑張って運転してくれていたので、
なるべく寝ないように、
頑張っていましたが…

私はコーヒー飲んでも、
眠くなるタイプのようで

今日の運動会の話をしながら、
お喋りに花が咲いて。

子供たちは冷たいお茶と、
和菓子を食べていました。

 

主人は缶チューハイを。

疲れたので、
ガッツリは飲めないそうです。

 

明日からまた仕事だしネ。

さっき話をしていて思い出したんだけど、
10月1日は都民の日なので学校は休みです。

 

以下に続く無関係な部分は略しました。

 

 

堀ちえみさんの文章とか、話題の投稿とか、一切合切の先入観、雑念をのぞいてニュートラルな立場、気持ちでこの文章を読んだとしてまず思うことは、

 

 

主人が頑張って運転してくれていたので、
なるべく寝ないように、
頑張っていましたが…

 

に、はっきり「主人が頑張って運転してくれていたので」とあるので「そうなんだ、ご主人が運転してくれたんだ」と、何の疑いもなく受け止めたということです。

 

読者はブログに書かれている文章だけがすべてですから、そこから事実を見るという作業をするしか術はありません。

 

そして、

 

普通に読解力はあると自負する自分も、ご主人が運転して堀さんは助手席で眠らないように頑張っていたのだなと思ったし、この投稿を最初に読んだときにも何の疑いもなくそう解釈していました。

 

しかし実際のところは、

 

「主人はお酒を飲んだので、私が運転を代わって、子供と一緒に自宅に戻ったという事です」

 

という堀さんの主張が事実というわけですね。

 

これは相当数の人が誤解するのも仕方ないのじゃないでしょうか。

偏見でも意地悪でもなく、そう書いてあることをそう受け止めたというだけのことではないかと。

 

もちろんだからといって、事実確認もせず拡散するという行為は許されてはならないです。

 

ただ、プライベートを必要以上に世間に公表する投稿内容を連日幾度となくしている姿勢は、多くのことを見て欲しい、知って欲しい、という意思表示であるわけだし、そこには読んだ側にも人格がありますから、それぞれに感想、意見というものも湧き上がってくることも承知しておかなければいけないでしょう。

 

 

少なくとも今回の記述、投稿部分においては、拡散は論外ですが、ご主人が運転していたのかと解釈する人が出てきてもおかしくない書き方になっている。

 

事実無根のことを拡散することは罪ですが、書いてあることからわかった事実について賛否があることは回避できないと知って、ブログの継続、存続そのものについても改めて考える余地があるかもしれないです。

 

 

主人が頑張って運転してくれていたので、
なるべく寝ないように、
頑張っていましたが…

 

 と書かれている堀さんの投稿を読んで、

 

ご主人は助手席、運転は堀さんが頑張ってしていたんだと解釈する人は一体どのぐらいいたのでしょうか。

 

今回の問題となった投稿のひとつ前の投稿から引用させて頂いたのは、パーツではなく前後の脈絡があったほうが文章を解釈するうえで役に立つと思ったからです。

 

 

事実無根であるのに全く事実が歪曲されて拡散されてしまう。

 

それは当然あってはならないことです。

 

間違えようもない内容を書いたのに事実が意図的に歪められ、そのうえ拡散されたなら怒り心頭になるのも致し方ありません。

 

けれども、

 

もし自分だったらどうかと考えたとき、おそらくというか絶対に、自分の書いた文章が誤解をされる内容になっていたかどうかを何度も読み直して確認することでしょう。

 

そして、

 

もしあの文章を自分が書いたなら、これは誤解されてもしょうがないなと猛省します。

 

誤解するほうが悪いのか、されるほうが悪いのか。

 

冷静さが求められます。

 

 

ではまた。

 

(出典・引用元:「堀ちえみオフィシャルブログ」、10/2配信 スポーツ報知)