毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

城島茂の結婚・妊娠報告に「気持ち悪いドン引き」の声続出か

 

 

ころもです。

 

 

TOKIOのリーダー城島茂(じょうしましげる・48歳)さんが結婚を自身の番組で生報告しましたね。

 

お相手はグラビアアイドルの菊池梨沙さん、なんと24歳。
倍の年齢。

 

言ってはいけないかもですが、城島さんが24歳のときにまだこの世に産声さえあげていない年の差婚ということだけでもだいぶ驚きですが、すでにお腹の中には子供がいるとのことで、これまた二重にびっくり。

 

というか「ドン引きした」「気持ち悪い」という声がネットに続出しています。

おめでたい半分、気持ち悪い半分。

 

少子超高齢化であるがゆえに、子供が生まれるとなると手放しで賞賛しなくてはいけないような風潮が見えない形で蔓延してますが、冷静に考えればそれはそういう感想にもなるでしょう。

 

この報告に対するヤフコメのなかでも、

 

もちろん寛容な意見もあることはあります。たとえば、

 

「やっと結婚ですか。デキ婚って言われるかもしれないけど、そんなの幸せなら関係ない。末永くお幸せに…」

 

という非情に穏やかな意見です。

 

勝手ながらこの方はかなりの年の差婚をしているデキ婚経験者じゃないかと疑ってしまいたくなるほどに、優しい方というかシンプルな考えの持ち主とみました。

 

なぜなら、

 

個人的には「幸せなら関係ない」という考え方はどうしても好きになれないからです。時と場合によりますが。


これが人気稼業、つまりはイメージで収入を得ている商売じゃないのならそれでも全く問題ないと思うのですが、やはり夢を「売っていた」はずの人が、お金を稼ぐときにはスターを気取り、プライベートを守りたいときには一般人であるような発言にすがるのはちょっと虫がよすぎると感じてしまうのです。

 

ネットの声を一部見てみましょう。

 

  • なんか気持ち悪いスケベおやじにしか見えない。「けじめ」とかいっても全然カッコよくなくて、若い子と結婚したくて必死みたい。
  • 恋人と言うよりも娘と言える年齢の子と恋愛して子供を授かったと聞いて、ちょっとドン引きしてしまいました。
  • 完全にできちゃった婚やなぁ、城島が芸能人じゃなかったら絶対相手されてないよね
  • 同世代の娘を持つ身としては正直複雑な気持ちがするのが本音。二周りも年上の男が嫁にくれなんて言って来たら許さないと思うし、そんな極端に若くてまだ未熟な女しか相手にできないロリコン野郎って思って軽蔑するだろう。
  • 年齢差とグラビアのという仕事を考えると遊びでつきあっていて出来てしまって責任取る形で結婚、というイメージ
  • 自分の娘ほどの子とそういう行為をするのであれば、避妊は最低限のエチケットじゃね?

 

これまでのTOKIOのリーダーとして喜んであげたい気持ち半分、けれどもあまりの年の差できちゃった婚に対して気持ちがついていかないが半分。

 

一周り上ならまだしも…

 

やはり二周りも違うというのはインパクト大ですね。

 

  • 順番が全てじゃないですが、やはり無責任さは感じる
  • できちゃったからこその結婚という印象がついてまわる
  • 娘ほどの歳の差というのがやはり衝撃的

 

そういう感想は致し方ないかと。

 

 

24歳といえば「城島さんが何歳のときに相手は◯◯才」とみなそれぞれに考えたりするわけですが、

 

たとえば30歳のときに相手はまだ幼稚園、不惑の40歳に突入したときにも相手は高校2年生。

 

こうやって見ていくと本当に申し訳ないですが、「ドン引きした」という声が少なくないというのも納得です。

 

勝手にイメージを持ったという言われ方もあるでしょうが、そのイメージも全く色も形もないところから発生したわけではなく、たとえばグループでの立ち位置、番組での人間性や価値観の伝わり方など多くの要因あってのイメージであるわけです。

 

とすれば、

 

勝手なイメージでドン引きしているというより、実生活とかけ離れた虚像のイメージを押し付けられ、それを信じていたがためのギャップによるドン引きであるわけで、純粋に心が狭い、勝手に失望するなというファンなどへの言葉は一方的すぎるし、お気の毒。

 

山口さんの件があり世間からの見方も厳しくなっているなか、娘と父親ほどに年の差のあるグラビアアイドルとの結婚、相手のお腹にはすでに子供もいるというのは多くのファンを抱え持つ人気グループのリーダーとして果たして責任ある行動なのかという問いはどうしても出てくるでしょう。

 

というか、

 

周り巡った言い方をしなくても、単純にデキ婚だから結婚しただけでかっこよくもないし、潔くもないと世間が思っているところにファンクラブサイトで、

 

「人生の半分はTOKIOとして、そしてグループの年長者としてこれまでやってまいりました。リーダーという名前においても、1人の男としてケジメをつけるべく、きちんとご報告しなければと思いました」 

 

と、「男のケジメ」とか後付けでもってきても「カッコ悪い」しかないし「気持ち悪い」とネットも白けるでしょう。

 

リーダーとしてどうこうというのはわからないし、

ファンでもアンチでもないですが、お相手の菊池さんが小学校6年生でランドセルを背負っているときに、城島さんが36歳と考えるとなかなかシュールな絵が浮かびます。

 

もしそんな二人が前を歩いていたら、お父さんが娘の手を引いて通勤、通学の途中なのだなと思ってしまうでしょう。

 

もちろん矛盾するようですが、年齢はある意味記号ですから「愛があれば年の差」なんて関係ないのですが、関係ないの中に実は「暗黙のルール」がみなあったのだなということに気付かされるニュースであったことは確かです。

 

できちゃった婚による既成事実を作ることが芸能界のスタンダートになってきているように感じるのですが、それは言い過ぎでしょうか。

 

ジャニーズさんが亡くなってからそれまで話すことのなかった恋愛についてもタレントの皆さんが語るようになったと感じます。

 

それがジャニーズさんへの忖度だったのか、まったく違う理由によるものなのかはこれから続く報道で明らかになっていくのでしょう、きっと。

 

ではまた。

 

(出典元:9/28配信 ザテレビジョン、東スポWEB)

  

 

あわせて読みたい

▶山口達也の現在は丸坊主で修行僧のよう!?元嫁はSNS応援か 
▶山口達也「早く死にたい」危険な7月現在に病院は見張り3人! 

▶山口達也も患う躁鬱病のサインとは!?深刻なのは「躁状態」

▶山口達也 契約解除で後半人生は嫁と同じくハワイ移住か

▶山口達也の病院はどこ!?高畑裕太の入院先と同じか!?

▶山口達也 日テレ出禁宣告、事務所はクビ!TV界から永久追放か