毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ「ヒールで歩き過ぎました」も島根から娘の文化祭へ

 

 

ころもです。

 

 

なんだかモヤモヤすることが増えてます。

千葉の方々に罪はないですが、一部損壊に関する国の支援問題や無施錠の家に起こった惨事、大勢のキャンプで行方不明になったままの少女などなど…

 

自分の身は自分で守る、そうはいっても不可抗力の部分も多々あって生きにくい世の中であることはたしかです。

 

さて、

 

一昨日の堀さんのブログを遅ればせながら見てみます。

 

 タフであることには変わりない

 

 

一昨日、9月22日(日)のブログ投稿は全部で9記事。

タイトルは以下のとおり。

 

1 穏やかな島根県安来市での目覚め

2 出汁が美味しい朝ごはん

3 島根県安来市さぎの湯「さぎの湯荘別邸鷺泉」

4 出雲の献上そば

5 東京に戻りました

6 模擬店で食べたもの!

7 まつたけではありません バカマツタケです

8 新大久保で身体にいいスタミナ回復の薬膳料理

9 お疲れ様の一杯

 

では、遅ればせながら一昨日、22日の投稿をちゃちゃっと見てみます。

 

1 穏やかな島根県安来市での目覚め

島根県安来市で小雨の降る朝を迎えた堀さん。一晩中鳴いていた秋の虫は日の出とともに鳴きやんだと。前日にヒールで歩き過ぎ、朝になり筋肉痛が出たようで、疲れた足を温泉で温め贅沢な気分ということで、今日も島根を堪能したいという投稿でした。

 


2 出汁が美味しい朝ごはん

朝ごはんをいただきに、
ロビー館まで歩きました。

小雨の降る中、
相合い傘で。

この年齢になると、
夫婦仲良く過ごした方が、
より素晴らしい人生を過ごせるという事も、
私たち夫婦は病気から教わりました。

突然大病を患い、
苦難を乗り越えなければならないのは、
どちらにも可能性があるからです。

お互いに元気で身体が動くうちは、
仲良くして思う存分に生活を充実させないと、
勿体ないと心からそう思います。

 勿体ない、そう思える瞬間、物事というのは本当に歳を重ねるごとに増えてきたように思います。

ガラス戸に、相合い傘の夫婦が写っています。堀さんとご主人、浴衣のうえに羽織物を着ていますね。

さぎの湯荘別邸「鷺泉」は、
とてもお洒落な旅館です。

和モダン、といった内装が大人の隠れ家的な場所という感じ。

古い柱などはそのままで、
改築された建築物。

そのためロビーは天井が高く、
そのうえ空間も家具も照明も、
何とも言えない趣きがあります。

 大人になってからでないとわからない、「枯れた」感じの粋を感じる空間です。

朝ごはんは、
昨日とはまた違うお部屋で。

板の間の和室、大きなガラス戸の向こうには小ぶりの松の木が見えます。

窓から見える山々。

小雨も演出の一部のようです。

松の葉から滴り落ちる雨粒は、
ずっと見入っていても飽きる事なく、
時を過ごせます。

 朝食が向かい合わせで用意されている画像がアップ。

朝ごはんはとてもシンプル。

私好みなのでテンションが上がります。

焼き魚・サラダ・ひじき・もずく・
湯豆腐・漬物・しじみの味噌汁など…

大好きな品ばかりです。

お出汁がいい香りで、
幸せな気持ちに包まれ、
お腹が温まります。

 際立ったご馳走ということではないですが、普通のものがお膳として用意されているだけでも有り難いもの。

宍道湖のしじみの味噌汁。

身体に染み渡ります。

有り難いです。

ごちそうさまでした。

感謝です。

 感謝の言葉が本当に増えました。
なにかさらに思うところがあったのかもしれないですね。

 


3 島根県安来市さぎの湯「さぎの湯荘別邸鷺泉」

島根県安来市さぎの湯、
「さぎの湯荘別邸鷺泉」で、
ゆっくりと とても素敵な時間を、
過ごさせていただきました。

静かで優しいひとときでした。

朝ごはんの後のコーヒーを、
屋根裏部屋風のバーで

「 階段を昇っていくと…」の階段画像のあとは、

お洒落な空間が、
広がっていました。 

完全に和モダン。華美なものがなにもない、朴訥な家具、そして空間。 

何処に座っても落ち着くので、
悩みましたが…

ということでしたが、結局はソファに腰掛けたようです。

グレーに塗ったような柄のあるカップアンドソーサーのブラックコーヒー。

 

美味しいコーヒーの香りが、
木の香りと温もりの中で、
より一層引き立ちます。

もう少し時間があれば、
この空間で読書をしたかったなぁ〜照れ照れ照れ

なんて贅沢な事を考えたりしました。

まさかの温泉旅行だったので、
本もフェイスマスクも、
持って来ていなかったから、
ちょっとだけ後悔しました(笑)

 温泉よりこの空間のほうが癒やしになるかも。
嫌いじゃないです、この和モダンな雰囲気。

 

ピンクベージュのブラウスにパールのネックレス、黒のスカート。堀さんの膝上の画像がアップされました。

部屋に戻り、
最後にもう一度温泉に浸かって、
気持ち良かった

次の打合わせは、
2年後です。

その時にまた必ず訪れたいと思う、
「さぎの湯荘別邸鷺泉」でした。

2年という歳月も、健康だったときと大病をしたときではだいぶ捉え方が変わったことでしょう。

1年先どころか、明日どうなるかもわからないような日本を取り巻く世界情勢やら自然災害やら、自分だけで完結する人生じゃないだけに、刻々と変わる世の中の動きにはどうしても巻き込まれる運命にある私たちです。

 


4 出雲の献上そば

空港に向かう途中で、
出雲そばの名店に立ち寄りました。

出雲そばは日本三大そばのひとつだと、
言われています。

献上そば「羽根屋」 

画像には、マルイエンの中に毛筆体で「献上そば 羽根屋」の文字が。 

50人以上待ちの日もあるそうです。 

 風情のある落ち着いた中庭が見える座席。

割子そば三段。


出雲独特の割子という器に入った、
代表的な冷たいそばです。

出汁が風味があって美味しいのと、
そばが細くて滑らかなのが、
特徴ですね。

喉越し良くて香りも良くて、
大満足の出雲そばでした!

で終わり。 


5 東京に戻りました

島根県出雲縁結び空港を、
お昼過ぎに出発。

台風の影響は雨ぐらいだったようですね。

羽田空港に到着しました。

東京は曇りです。

雨は止んでいました。

今から車で、
娘彩月の高校へと向かいます。

なぜ?

首都高は今のところ、
渋滞情報では大丈夫ということです。

連休の真ん中の日だしね。

 天候も台風の影響でだいぶ乱れ、遠出を控えた人も多かったことでしょう。

 

BGMは、宇多田ヒカルの「Automatic」

なんか…
ついさっきまでの、
あの美しい風景が遠い過去のようです。

 首都高の無味乾燥な風景と淀んだ空画像。

しかし宇多田ヒカルさんの歌を聴いている最中にそう思うのはちょっと勘違いされてしまうかも…、都会的な歌なので首都高にいる、東京に戻ったという感じがさらに増したという意味では間違ってないですが。

平日では考えられないほど、
車が走っていません。

あっという間に、
高速を降りて新宿へ。

 いきなりの東京都庁を下から見上げた画像が登場。

無機質、無味乾燥な都会の代表作のようにデンと構えています。

現実に引き戻されました(笑) 

 確かに、出雲の宿の情緒はキレイに消えましたね。

 


6 模擬店で食べたもの!

東京に戻り、
娘彩月の高校の文化祭へ行ってきました。

私たちが到着した時に、
ちょうど彩月の部活の演奏が、
終わったところでした。

彩月の友達のお母様が、
DVDを焼いて下さるので、
それを楽しみにします

文化祭では学生の皆さんの元気な姿が、
とても励みになりますね。

いやいやいや、タフ過ぎますって。

飛行機で帰ったその足で高校の文化祭って…。 

模擬店ではワッフルとコーヒーをセットで。

こちらではダンスを見学。

可愛い女子高生のダンスが、
とでも微笑ましい 

文化祭でもスイーツタイム。 

そして娘のクラスの模擬店では、
フランクフルトを買いました。

蕎麦より、なんだか堀さんらしい日常と感じてしまうのはなぜか。

「100円です」

と言われた主人が、

「Suica使える?」

ってジョーダンを言ったら、
周りから大爆笑が

「余計な冗談言わないで!」と、

彩月から怒られていました(笑) 

 やっちゃいました。

こういうときのこういう冗談、娘にしたらキツイです。

術後初めて先生方ともお会い出来ました。

「お元気そうで、
本当に良かったですね」と、

仰っていただきました。


彩月のメンタル面などで、
色々とサポートをいただいたと思います。

ありがとうございました。


笑顔溢れる文化祭でした

 いきなりの『金スマ』登場、公表の流れでしたから、娘さんは学校でいろいろ大変だったのじゃないでしょうか。

好奇心旺盛な世代では、どういうふうに今回の件は受け取られ今も語られているのか。

プライバシーが筒抜け状態の娘さん、大丈夫なのでしょうか。他人事ながら気になります。

 


7 まつたけではありません バカマツタケです

こちらの立派なきのこ。

島根県安来市の尼子一族会の、
幹事を務める岩田耕さん(画家)から、
お土産にいただきました。

「松茸ではありません
バカマツタケです!」

と言いながら手渡してくれたのです。

「?」
と興味しんしん。

蓋を開けてびっくり

 松茸が10本以上は入っているように見えますが、この何が馬鹿なのか。

バカマツタケは、
早めに出てきた早松茸だそうです。

それで、
「発生時期も早いのでバカな松茸だなぁ〜」
って事から、
バカマツタケと、
呼ばれるようになったそうです。

香り・風味・味などは、
松茸そのものだそうです。 

 ずいぶんと手前勝手なネーミングをつけられたものですね。

松茸そのものなのに、ちょっと早く出てきたからといって「バカ」をつけられて気の毒としかいいようのない、立派な松茸たちです。

 

次の画像では「農家のお米」という文字が見えます。

 

こちらの「農家のお米」は、
安来市広瀬町で作られた、
美味しいお米だそうです。

安来市の石原さんに、
子供たちのお土産にと、
いただきました!

バカマツタケと農家のお米は、
明日炊き込みご飯にして、
いただきます


とでも楽しみです。


さて!娘彩月の文化祭も終わり、
帰って来ました。

愛犬みき・ちかちゃんが、
お利口にして待っていました。

暫く遊んで

 だから、「バカ」はつけなくていいですって。

久々のミキちゃん、チカちゃんの画像。驚いた感じで目をまん丸くして見上げているチカちゃん、ツルピカフローリングの上に立ちカメラ目線のミキちゃん。

そんな子供たちへのお土産です。

「因幡の白うさぎ」

「抹茶餡です。」ということで、抹茶色の素朴な包み紙がほどこされてます。 

今夜のスイーツタイムが楽しみね。 

 糖分に対しては全く気にかけてないのが不思議。

箱の中身が披露されました。11個入ってます。

東京も小雨が降ってきました。

文化祭の後片付けを終えた娘彩月から、


「雨が降ってきたから
駅まで迎えに来て下さい!」

とSOSのラインが! 

 暑かったり寒かったり、降ったりやんだり、また降ったり。

本当に翻弄される三連休です。

 

 

8 新大久保で身体にいいスタミナ回復の薬膳料理

家族四人で新大久保へ行きました。

久しぶりの新大久保です。

街のネオンが濡れたアスファルトに映し出されキレイです。 

 

娘彩月も文化祭が終わり、
疲れたようです。

私はリウマチが再発したのかな。

久しぶりに左半身に針で刺したような、
懐かしい痛みが走っています。

さて!新大久保で身体にいい、
スタミナ回復になる薬膳料理を食べました。


新大久保の高麗参鶏湯です。

島根では足湯につかったり客室露天風呂に何度もつかって疲労は取れるはずですが、結局はバカンスだろうがなんだろうが、遠出をするということだけで十分に疲れるし、行きの疲れはとれても、帰る段階で新たな疲労が蓄積されるということでもあるでしょう。

 

温泉に行ったことでむしろ疲れが増したという声は少なくありません。場合によっては夫婦で温泉にいき会話があまりになくつまらなかったということで、早く帰宅したいと思う人もいるぐらいで、温泉すなわち幸福いっぱい、という図式にはならないものだということがさまざまなアンケートでもみられます。

 

参鶏湯専門店です。 

 韓国のりでしょうか。キムチ系のおかずが2品見えます。

ご主人は生ビール、堀さんと子供たちはウーロン茶ということで画像がアップ。

 

高麗漢方参鶏湯。

こちらのお店の参鶏湯は、
最高に美味しかったです。

それに何と言っても、
出汁がトロトロで栄養満点。

漢方ですが苦味もクセもなく、
とても甘みとコクのある出汁です。

薬膳を食べて身体を内からも、
温めましょう。

 ということで、4人分の参鶏湯が画像アップされたのですが、鉄鍋のようなものに鳥が一羽ずつ、合計で4羽も犠牲になるということですか。

 

お肉を食べないころもにはきつい、きつすぎる映像です。

それぞれ一人前を、
ペロリと食べちゃいました。

ペロリって…

そのペロリされた鳥にも家族がいたのですよ。

そしてじゃがいもチヂミ。

チヂミは外側カリッと、
中はもっちり。

じゃがいもも山芋も、
たっぷりです。

素材の良さが旨さと安心に繋がっている、
そんな参鶏湯のお料理でした。


帰りに明日の朝ごはんの材料も買って。


愛犬みき・ちかちゃんの待つ我が家に、
戻りましたよ!

 まだ一匹じゃなくて良かったです。

世間ではひとりきりで飼い主の帰りを待つペットが沢山いますから。

 


9 お疲れ様の一杯

 

お疲れ様でした!

雨が かなり強く降り出しました。

夕方はあんなに暑かったのに、
今では肌寒いです。

帰ってきてから主人と荷解きをして、
子供たちとお茶を一緒に、
お土産のお菓子を!
と楽しみにしていましたが…

子供たちは疲れたのか、
即寝落ちしてます(笑)

 

それが正常な反応ですね。
疲れますよ、外食続きでもあるし。

 

明日は三ヶ月ほど前から予定していた、
あるイベントを親子で楽しみます。

今夜はゆっくり休んで、
明日に備えます。

今夜のお疲れ様の一杯は、
いつも通りのコーヒーと。

 

ひぇ〜、ゆっくりして下さい。

アクティブ過ぎる。

 

と、ここで堀さんはスイーツタイムのよう。

コーヒーと「とろける食感 杏仁豆腐」が並んで映っています。

 

甘すぎずにスッキリとした、
トロトロ系の杏仁豆腐です。

本当に充実した一日でした!

色々と今週も忙しいので体調を整えて、
無理しないようにしたいと思っています。

首元もシートで温めながら眠りますね。

明日も素敵な一日を 

 めまぐるしい一日でした。

読んでいるだけでも。

 

では。

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 

もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ