毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

辻希美めまいと手の震え!?たけしの家庭の医学診断での結果は

 

 

ころもです。

 

 

4人の子を持つ辻希美さん。

 

いつまでもミニモニの辻さんだと思っていたのに、気づけば立派なブロガーとなり炎上なんのそのという逞しさで新たな道を切り開き続けてますね。

 

ヤフーニュースにあがってくる画像は毎回どれも同じ角度で代わり映えないですが、そんな辻さんが昨夜は「名医とつながる!たけしの家庭の医学」に出演。

 

なんだかとても場違いな感じがしたのですが、再現ドラマを観るときのワイプの顔などは真剣そのもの。

 

やはり4人の母ともなるとしっかりしてくるのかと納得して見ていたら、辻さん自身も「ある悩み」を抱えているということが判明。

 

それが「頻繁におこるめまい」ということだったので驚きました。悩みがなさそうといっては失礼ですが、病気とは無縁のような印象を勝手に受けていたのでなおさら。

 

いったい何が原因なのか。

 けっこうな「めまい」に悩まされていた?

 

何が驚きって、

 

強いめまいに悩まされてきたのが第1子を生んだ12年前からだということ。

12カ月前じゃなく、12年前。

 

辻さんいわく、

 

「めまいがひどいというか多い。立った瞬間に4、5分、何かにつかまっていないと立っていられない時がある。立ちくらみもあるんですけど。普通に歩いていてフラッとすることもある」

 

というじゃないですか。

 

一瞬のめまいや立ちくらみ程度なら誰もがといっていいほど経験しているのじゃないでしょうか。

 

しかしそれが4〜5分も続くかといえば、ここは分かれるところでしょうね。すぐに治る人もいればもっと長い人も当然いるだろうし。

 

ただ、これは地味にきつい。

 

そんな症状が12年も続いているというのに、その間に4人もの子供を生み育てていたとは素朴に驚きます。

 

しかも、

「立ち上がった瞬間に前が真っ白になるとき、真っ黒になるときがある。頭に血が上った感じで頭に心臓があるような。それが数分続く。動悸(どうき)があるときもあり、手がしびれる」

というではないですか。

 

これ、通勤の必要なOLだったら本当に大変です。ある意味、そういう自覚症状があればこそ炎上しようがなんだろうがブログ収入で稼いでいくというふうに舵をとったのじゃないかと思ってしまうほど。

 

番組では東京医科歯科大学教授の竹村洋典氏がスタジオで症状をたずね、診断したわけですが、その結果示された病名は、

 

「血管迷走神経性前失神の疑い 過換気症候群の疑い」

 

の2つでした。

 

わかりやすく言えば「血管迷走神経症前失神」とは、朝礼の時に倒れる原因と同じらしく、迷走神経のバランスが崩れ、血液が十分に脳にいかなくなりめまいが起こるというものなのだそう。

 

たしかに無駄に長い朝礼ではよくバタバタと生徒が倒れていたような…。

 

これはストレスがかなり強い方に起こりやすいというのですが、これまた失礼ながらストレスというものとも無縁とまではいかないまでもあまりイメージにない辻さんだっただけに、非常に意外でした。

 

ただ何かといえばブログが炎上、批判の嵐というこれまでの長いブログ生活を振り返れば、それがストレスとなっていくのは自然だし、なにをやっても批判が絶えず注目され続けるのが日常となれば、よほどの強心臓の持ち主でなければ上下関係の厳しい社会で働いてなくともストレスまみれになるということはいえるでしょうね。

 

もうひとつの病名「過換気症候群」なるものはではなにかと言うと、

 

これまた原因はストレスと考えられるのだというのです。

 

竹村医師は心臓の検査を受診するよう勧めていましたが、辻さん自身も「過呼吸なんです」と打ち明ける場面もあって心当たりがありそうな雰囲気でした。

 

客観的に見れば、ブロガーとしてブログ収入はゆうにサラリーマンの年収相当のものを月収として稼ぎ、好きな人と結婚、子宝にも恵まれ…と、順風満帆に見える人生ですが、12年間も強いめまいに襲われていたとは改めて人はわからないものです。

 

 

ストレスからくるめまい、という言葉がどうしても辻さんと馴染まないのですが、ちょっと検索すれば、

 

「杉浦太陽 辻希美の病状に不安ぬぐえず」

 

といったタイトルのデイリーニュースに行き着きそこも今回初めて読んでみたのですが、

 

その記事ではご主人の杉浦太陽さんが取材に応じ、

 

先月末から激しい頭痛などの体調不良を訴えている妻で元モーニング娘。の辻希美(27)が、投薬治療で症状が緩和したものの、いまだに断続的に頭痛が続いている状況を明かした。 

(引用元:デイリー 2014.9.4)

 

とあるんですね。

 

2014年ということは今から5年前。

 

しかもその前年の9月には、無菌性髄膜炎症候群で約2週間入院していたということも明かされていて、5年前のこの記事のときには「今回も似た症状」ということで、病院でCT検査を受けたとの説明もあったり、けっこうたいへんな状況だったことが伺えるわけです。

 

しかもこの記事のなかで「昨年に」といっているので2013年になると思うのですが、辻さんは抗生剤によってアナフィラキシーショックを起こしてICUに入ったこともあったというではないですか。

 

これはなかなかの状況。

 

お気楽な炎上気にせずのブロガーとしての認識しかなかったので、非常に意外でした。 

 

 

今回のめまいに関する記事についてネットの声は…

 

  • ブログアップが1番大変でストレス溜まると思う。
  • ブログを止めたら一気に快方する。笑
  •  お金稼ぎたいだろうけど、一度ブログ休んでひっそりと暮らしてみたらいいと思う。
  • 常時炎上させてるブログがストレス源では?
  • 毎日遊んでばっかりのブログ見てたら全然共感できない内容
  •  1人目で辛かったなら、4人作らなきゃいいかと。
  • 第一子出産した時からそんなだったのに、よく4人も産んだなぁ
  • 年齢的にも、blogなど辞めてみても良い歳ではないかな?
  • ブログやめて、のんびりしたら。
  •  ブログやユーチューバーと普通の主婦以上に
  • 稼いでストレスない方がおかしいですよ
  • まずは全部やめてみるべきだと思います

(引用元:デイリースポーツ 9/3 22:19配信分)

 

殆どの方が、やはり頻繁なブログ投稿について触れてますね。

 

実際、強いめまいがある人がパソコンやスマホを見なくてはいけないという状況は避けたほうがいいでしょうね。

 

そして第1子が生まれたときから強いめまいに襲われていたというのに、それから3人子供を生むということについても世間からの共感を得にくい部分はあるかもしれません。

 

ご主人が働いているのだから、本来ならこのご主人が力づくでもブログなりスマホから離れてもいいということを言ってあげればいいと思うのですが、本人が生活のために続けたいのか生きがいなのか続けたいということなのでしょうか。

 

単純に子供が一人いるだけで大変だろうに、それが4人。最近ではユーチューブまで始めたりということで、症状とやっていることが矛盾しているというのは頂けません。

 

生んでからが大変なことを思えば強いめまいといった症状があるなかで、責任だけが増えていくような生活では治るものも治らなくなるでしょう。

 

かといってこれだけ続けてきたブログをやめることでそれがもしストレスのはけ口の役目もになっていたとしたら、返って悪影響になる場合もあるし、まずは試しにブログを休止してみる勇気も必要かもしれません。

 

杉浦さんも本気で辻さんの健康を考えるなら、強いめまいを訴える奥さんがいくらブログをやりたがっても「自分が稼ぐから大丈夫だから」と言ってあげることも重要かも。

 

それでも相手がいうことを聞かないということなら余計な事を言って申し訳ないですが、一度本気でそういう言葉を伝えてみては?

 

莫大な収入も捨てがたいでしょうが、健康が失われたら、そのとき何を捨てるべきだったのかがきっと見えてくるでしょう。

 

しかし大概はそれでは「時すでに遅し」だったりするので、要注意です。

 

ではまた。

 


(出典元:デイリースポーツ 9/3 22:19配信より)

  

 

こちらも読まれています

辻希美ブログ「やらせ疑惑」炎上!?三男坊イタズラにわざと!? 

辻希美、体調不良の娘も激写発信「何でも飯の種」批判続出! 

辻希美”運動会弁当”存続祈願でわかる平和ボケ想像力欠如か 

辻希美ヘアカット動画22万視聴に「こんなことがニュース!?」

辻希美おもちゃ扱い子供画像に「これは幼児虐待」と非難轟々

 

辻希美ゾンビメイクされた三男の目に異変で眼科も笑顔の怖さ

辻希美ハロウィン自虐コスプレが予想以上に不評「まるで…」 

辻希美が恋愛論を熱く語るも「出来ちゃった婚でしょ」の指摘 

辻希美の毎回同じ角度に「余計に目立つよね」も馬耳東風!?