毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶さんま御殿夫婦出演に「同じ話ばかり」ネット苛つく

 

 

ころもです。

 

 

順調に一巡してますね。

とうとう「さんま御殿」にも出演しましたか、しかも夫婦で。

 

観なくてよかったです。

出演することがわかった時点でテレビを消しました。

 

小林麻耶さん以上に「裏の顔」を思わせるご主人、あきら。さんがどうも。

 

しかし各社記事を読むだけでも、そこで何が語られたのかが観てもいないのに映像となって浮かぶから面白いです。

 

話すことといえば亡くなった大好きな妹麻央さんの話と、交際ゼロ日婚の夫とのなれそめぐらいのものではないでしょうか。

 

麻耶さん夫婦が一巡を終えるまで、好きなバラエティ番組を「一度は観ることを断念しなくてはいけない」状態になるのが残念。

 

とにかく、早めにバラエティ番組を一巡してもらえると助かります。

 

同じ話をまるで「芸」のように使いまわしてる?

 

いくつかの記事を読んでみました。

トーク番組なのでしょうがないのでしょうが、トークの中身ぐらいバラエティにいきましょうよ。

 

またまた「結婚のきっかけとなったエピソードについて」語ったとあるじゃないですか。ワンパターンにもほどがある。

 

人生がそこで止まってますね。

 

そんな一過性の出来事、それも専売特許でも何でもない、多くの人が横断歩道を渡るがごとくナチュラルに通り過ぎる「こと、場面を」いつまで後生大事に語ってあちこち巡っているんですか。恥ずかしい。

 

「最初はお客さんとして夫の整体サロンに行っていました。初めて見た時から、かわいい!って思い、母性本能をくすぐられたんです」 

 (引用:8/27 スポニチ 21:53配信分)

 

想像つきますね。
そのときの麻耶さんの挙動。

それがあればこその、

 

「夫と友人と3人で晩御飯食べて、タクシーに乗って話していたら急に『僕と結婚してください』とプロポーズされたんです」

 (引用:8/27 スポニチ 21:53配信分)

 

 

におそらくつながったのじゃないでしょうか。推量ですが。

おそらくご主人は麻耶さんも自分に好意があるということを察したのでしょう。なので麻耶さんにしてみれば「急に」でも、ご主人にしてみれば「相手が自分を好きな感じなので」という注釈なり前置きがつく状況だったのかもしれません。

 

「結婚は大変ですよ。やめたほうがいいですよって断ったんですが、何度も何度もプロポーズしてくれたんです。」

 (引用:8/27 スポニチ 21:53配信分)

 

一般人であるのに、

 

そして特別な才能を発揮して芸を披露するわけでもないご主人が今現在テレビに嬉々として出る姿をみたことがある人なら、なぜにそんなに執拗に麻耶さんにアプローチをしかけていたのか理解できているかもしれません。

 

芸能人だから、という部分が大きいのじゃないでしょうか。それも自分を大変気に入ってくれていると実感できる態度を存分に見せられてきた可能性すら想像できます。

 

「家に帰ったらわけもわからず泣いちゃったんです。どうしたらいいんだろう…と思った」

 (引用:8/27 スポニチ 21:53配信分)

 

と語ったようですが、この話あと何百回すれば自分の中に閉じ込めることができるのでしょうね。

 

プロポーズをされたことがない人のリアクションじゃないですか。どうしたらも何も、その気がなかったら断ればいいだけ。

 

そんな話より、

 

週刊誌記事にあった宇宙ヨガによる施術の高額料金の内訳や効果が出ないお客さんへ霊媒師を紹介するといった本業の現状について誰かメスを入れて欲しいものです。

 

上沼恵美子さんの番組がいいかも。

 

今回の「さんま御殿」への夫婦出演にネットは、

 

・助けてあげられるのは、医療だと思いますが、宇宙パワーに走っちまった…ご両親のことを思うと本当に気の毒

・同じ話しばかりで飽きるわ。。。

・馴れ初めネタを各局で一通り話したら次はどうするんだろう。

・結婚するくだりTVで言うの何回目?10回くらい聞いてる…

 ・麻耶が話してるとき、他の出演者が引いてたよね。シーンとしてた。

・最近TVによく出るけどチャンネル変えるわ…。

 ・ 結局は出たがりで自身が注目、脚光を浴びたいといった感じ

・また、同じこと言ってるのね。人をイライラさせる天才かもね。バカップル 。

・いっつも涙が止まらなくてって言ってるけど、止まらないなら引きこもって泣いていたら良いと思いますが。

 ・気分が悪くなる人たくさんいると思う。マジで嫌い。

 ・いつも番組見てるけど、こいつらが出るのがわかって見るのをやめた。

・ この2人が出てくると気分が悪くなる。わざわざ旦那と仲が良いことを自慢する見たいにアピールするのはいい加減にしてほしい。この2人がますます嫌いになる人は更に増えると思う。構ってほしい病気をなんとかしてほしい。

 

(引用元:デイリー、スポニチアネックス 8/27 配信 ヤフコメ欄より)

 

とさんざん。

 

追いかけないで欲しいマスコミに、夫婦ともども飛び込む姿。

哀れです。

 

年内はこんな感じでしょうか。

 

一般社会で働いた経験がないとこういうことになるのかもしれないですね。収入を得る方法でもっとも「安楽な方法」を考えた結果が今の選択なら、それは自業自得と言わざるを得ないし、あの一年前のマスコミに追われて泣いていた姿は何だったのかということになる。

 

人は変わる生き物だけれど、変わり方には成長があって欲しいものです。
亡くなった妹の話と芸能界大好きなご主人からのいきなりのプロポーズ2本ではあまりに芸に秀でるタレントさんに失礼でしょう。

 

1日でも早く一巡してくれることを期待している視聴者の数は少なくないはず。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:スポニチアネックス、デイリー 8/27 web配信)

 

 

もっと読みたい
小林麻耶・関連記事まとめ