毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶「徹子の部屋」出演に「まだ妹ネタで稼ぐのか」の声

 

 

ころもです。

 

 

小林麻耶さんが「徹子の部屋」に出演したとのこと。

驚きでしたね。

 

ゲストは厳選されているものと勝手に思っていただけに、この「どこにプライオリティを置いているのかわからない」ゲストの人選に幻滅のひとこと。

 

徹子さんそのものの品格まで問われるのじゃないかと心配です。

 

話題性があれば何でもいいの世界ではこういう人選もありなのでしょうが、「旅サラダ」のように大好きな番組に出演されると非常に打撃が大きいわけです。

 

「徹子の部屋」にしても、人によっては出演できるよう頑張るといった目標にされることも多い番組なわけですから、そこはしっかりと人選して欲しいもの。

 

少なくとも安易に引退をほのめかし、安直に復帰してくる芸・NO人をふるいにかけてくれなければ困るのですよ。

往年のスターたちが泣きます 

 

まあ、「徹子の部屋」に限らずですがスタッフの質が全体的にかなり落ちたなと感じます。

 

思えば番組名や企画自体が変わらなかったにしても、それに携わってきたスタッフ諸々も歳を重ね現場を離れ面々はすっかり入れ替わってしまったという現場も数多くあることでしょうし、これからもその連続と思います。

 

なので、

 

かつての「番組の方針」や「信念」といったものもお飾り的には存在しても、視聴率が全ての時代になってしまってからは「数字を叩き出す」ことが正義となって志の高さやクォリティといったものは二の次になってしまったのかもしれません。

 

でなければ、「徹子の部屋」に小林麻耶さんが出演するということには激しく違和感があります。

 

生島ヒロシさんの事務所に入ってから、

 

ひととおり回りますという声が聞こえるほどにあちこち出演しまくっていますが、どれも「帯に短し襷に長し」で場にそぐわない。

 

それでも奇々怪々なエピソードや人物であれば「とりあえず全番組を一周する」ことはこれまでも観てきたようにあると思うので、それまではじっと時がすぎるのを待つしかないだろうなという考えに落ち着いてはいました。

 

一人の人物に対する需要というのはその人物の成長とともに対象も時期も変わっていいわけですが、小林麻耶さんに求める需要がどういったものなのかがそれにしても読めない。

 

引退騒ぎから復帰。

 

それからの「金スマ」「シンソウ坂上」「バイキング」「ダウンタウンDX」「旅サラダ」「スカッとジャパン」「徹子の部屋」…

 

今のところざっと挙げるとこんな感じですが、「スカッとジャパン」以外はどれも一度出て終わりといった感じじゃないでしょうか。

 

相性のいいのは前の事務所のときからやっていた「スカッとジャパン」ぐらいのものですが、この若さゆえに許されるぶりっ子キャラも今ではただ痛々しいだけ。

 

男女ともに好感度がアップし女優としての資質にも光があたりはじめた田中みな実アナがいる以上、本来なら「スカッとジャパン」にすら需要があるかどうか眉唾ですが、残るものがあるとしたら有力なのはやはり「スカッと」ぐらいか。

 

 

いつだって麻央、どんなときでも「妹の死」がワンセット

 

テレビの番組表で今回の「徹子の部屋」の内容なるものを見たところ次のような記述がありました。

 

昨年、整体師の男性と交際わずかで電撃結婚したばかり。元々料理は苦手だったが、彼のために勉強中だという。そんな麻耶さんは、2年前に妹の麻央さんを乳がんで亡くした。子供の頃から3歳下の妹が好きでたまらなかった彼女にとって、病気を知ってからの日々は記憶すら定かでないほどにショックだったという。死の前に発表された彼女の前向きなメッセージに涙ぐみ、残された甥と姪の成長を楽しみにしていると語る。 

 (引用元:ヤフージャパンテレビガイドより)

 

いやいやいや、

 

もういい加減にしましょうか。

 

いつまで麻央さんの「死」をひっぱるんですか。
いい加減、麻央さんもうんざりですよ。

 

海老蔵さんもいろいろ言われてますが、小さな子供たちですら芸を磨き芸に生きる道に励んでいることを思うと、寝ても覚めても「妹ネタ」でくいつなごうとする伯母の浅ましさというのは際立って異様と映ります。

 

語弊を恐れずに言えば、誰だって身内の一人や二人ぐらい亡くしている。身を裂かれるほどの悲しみのなかで日銭を稼ぐために頑張っている。

 

生きるということは清濁併せ呑み生老病死も避けられないもの。

あらゆる葛藤のなかでみな生き抜いているわけです。

 

悲しみのヒロインにどっぷり浸かって多くの同情を集めながら、いっぽうでは享楽を貪っているとしか思えないブログ投稿をし、いわくつきの島に海外旅行、よくわからない子宮系の広告塔ではないかと噂されてみたり、交際を1日もしたことのない男性と結婚をしたことも芸の中に取り込んでしまったのごとく夫婦そろって番組行脚。

 

これは世の反感を買うためにしているのか、と思えるほどの矛盾パレード。

 

”病気を知ってからの日々は記憶すら定かでないほどにショックだったという”

 

と言いながら、妹の死後すぐにハワイでバカンスを楽しみ、その様子をはばかることなくSNSで投稿する言動の不一致さ。

 

今さら妹が妹がといっても、言うは自由、信じるも自由で誰も本気で相手にはしないでしょう。当然です。

 

 

ネットの声

 

・いい加減妹のネタ話すのもうやめろよ。

・この人と堀ちえみは、やたらと感謝ていって、感謝の価値を下げましたよね。

・自分から逃げ出したはずのマスコミに気持ち悪い笑顔振り撒いてしれっと出れるんですか?  もうかわいそうな私アピールうんざりです

・世間一般の仕事と比べたら、とても割がいいって今更ながら気付いたのかな。

・海老蔵は早くこの女と縁切った方が良い

・元々お互いを利用するだけの姉妹だったんじゃないの?若くして幼い子を残し病死なんて最高のネタじゃん。妹に感謝感謝感激

・いつまでひっぱるんだろうねえ。成仏できないよ。

・お涙ちょうだいのぶりっこBBA 胡散臭い旦那とセット売り頑張ってください

 

(引用元:Yahoo!ニュース

 

 

異口同音とはまさにこのこと。

 

ほぼほぼ全員といっていいほどのコメントが”妹ネタで稼ぐのもいい加減にしろ”という言葉に集約できます。

 

それほどに女々しく長たらしくわざとらしい。

 

この夏だけでも一体どれだけの人が家族と穏やかな最後を迎えることなくいきなり熱中症であの世へ召されてしまったことか。

 

あらゆる自然災害を網羅している昨今の日本、それに加えて通り魔殺人から理不尽の頂点をいくような京アニ事件など、悲しみに無関係の人間を探すほうが困難なほどのこの日本で悲嘆にくれるだけならまだしも、それを「ネタ」として持ち歩きテレビで稼ぎまくるような戦略は嫌悪感しか招かないでしょう。

 

しかしそれ以上に腹立たしいのは、視聴率の数字のためなら手段と道具を選ばないテレビ局。

 

黒柳徹子さんの鉄拳が振るわれることを期待します。

 

ではまた。

 

もっと読みたい
小林麻耶・関連記事まとめ