毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小林麻耶TV復帰に生島ヒロシ「パッケージで」も批難轟々

 

 

ころもです。

 

 

チャンネルを回していたら小林麻耶さん。

なんと、所属している「生島企画室」の会長でありタレントの生島ヒロシさんの横にいるではないですか。

 

番組は「ダウンタウンDX」。

 

バラエティ番組をひとつひとつお邪魔しているなという予想そのままなので、ちょっと笑ってしまいました。

 

こういうタレントさん、過去も沢山いましたね。
そして一巡したあとにいなくなる。

 

まさにその路線を規定通りに歩いているようで、ある意味ちょっとだけ観てみようとチャンネルを変える手を止めたのですが、それにしても……

 何も変わらないことの「怖さ」しかない

 

変わらないですね。

悪い意味で。

 

ぶりっ子の感じそのままに、話すゲストの顔を目を丸くしてキョトンとして、すきあらば両手を頬に持っていく感じの様子も相変わらず。

 

しかし確実に変わった年月はそれを残酷に映し出してしまう。

 

同じ髪型、同じ仕草、声のトーンも話し方も若い頃と変わらない、ただ他のタレントたちと同じ場所にいるのに素人が紛れ込んだような挙動の忙しさ。

 

変わらないということは褒められるときにも使える言葉ですが、麻耶さんに限っては「変わらない」イコール「成長がない」を意味するようで見ていて痛々しさしかない。

 

二十代の頃はぶりっ子をしても媚びを売るような仕草をしても、それなりに周囲も大目に見てくれるし可愛いねとほめそやしてくれる。

 

けれども、

 

さすがに結婚もし、マスコミに追われることを忌み嫌って辞めたはずの芸能事務所のこともあり賢明な引退だと思っていたら、すぐさま撤回、自分はそんな引退なんて言っていないといった言い訳を仲間内でもある坂上忍さんの番組を使って、夫婦揃って出演、訴える。

 

 

どう考えても進化を感じることができない

 

 

いったいどこに落ち着きたいのか。

芸能界にどんな芸を持って存在し続けようとしているのか、全く見えません。

 

番組で浜ちゃんが、夫の顔を最初は隠していたことを麻耶さんに突っ込むと、

 

「そうなんです、もとは一般人だったので顔隠してたんです」と説明。「(そのうち夫が)海老蔵さん似とか、海老蔵さんと再婚説とか書かれて、悩んでたら、『僕が矢面に立つよ』って(言ってくれた)」

 

言い訳にもならない言い訳を美談のように話す神経。

こうでないと芸能界に興味など持たないのかもしれないですね。

 

海老蔵さんに似ている、海老蔵さんと再婚か? といった説に悩んでいたらさらに芸能界とは物心両面で距離を置こうと考えるのが本来の姿でしょう。

 

なのに麻耶さんは、

 

一般人の夫と一般人となった自分の生活を脅かすメディアに立ち向かうために、せっかく一般人として穏やかに暮らしていくことができたはずの夫の「僕が矢面に立つよ」という言葉にのっかったというわけですか。

 

それはずいぶん手前勝手な言い訳というか、美談にすり替えたものですね。

 

夫にしてもまるで犠牲になるような言い方をしてますが、要は虚栄心を満たすこともできるし過去にバックダンサーとして芸能界に興味があった方のようですから再度復帰できるいい機会ぐらいに思ったのじゃないでしょうか。

 

 

ネットの声

 

「麻耶の力を借りないと養っていけないわけですね」

「何の芸も無い人が芸能界に入って何ができるんやろう」

「2回めのオファーは無理でしょう」

「死にたいとまで思った芸能界なのにね。それで引退したんですよね?やはり金が欲しかったのか」

「あきらさん、芸能界楽勝って思ってるでしょうね」

「旦那さん、なにか裏がありそうで怖い」

「この旦那は胡散臭い」

「どこに需要があり、何を供給するのでしょうか」

「弱ってるときに麻耶さんに近づいて胡散臭い男の人だと思ってしまう」

「麻耶さん、洗脳されてます。。。」

 (引用元:デイリースポーツ8/8配信 ヤフコメより)

 

僕が矢面に立つよ。

 

がなぜに芸能界でのタレントデビューになるのかずいぶんと都合よく思考をひっくり返し本人に気づかれないようにした感じですが、自らの功名心を満たすため未だ芸能界に執着があり、精神的に不安定な麻耶さんをいいくるめたようにしか世間に映らないのですが、それはなぜなのでしょうか。

 

麻耶さんの芸能界への未練、ご主人の芸能界への未練。

 

その2つに経済的な大人の事情が絡めば手っ取り早く「芸能界復帰」というのが一番という答えに落ち着いたのだろうな。

 

それが、一般的な見え方かもしれません。

 

際立った需要があるとも思えない、むしろ任意に街なかで声をかけた一般人のほうが才能豊かで芸達者な人が多いはず。

 

ダウンタウンDXに出演しているときも、他のゲストの話を大げさにウンウンとうなずいいて訊いて不自然に笑顔を振りまき続けているだけという感じで浮いているし、カメラマンも他のゲストに比べてあまり映さないようにしている感じがわかってしまう。

 

生島さんは「あきら。」さんとの夫婦セット売りになったことを、

 

「僕もね、最初は(夫を)色眼鏡で見てたんですけど、会ってみたらエエかんじで、これはパッケージでいこう、と(決めた)」 

 

と弁明してますが、なんだか下品な発想。

 

なにが「エエ感じ」なのか。

ずいぶん短い勝負に出たなという感じ。

 

一周はほぼタレントなら誰でも可能だと思うので、生き残れるかどうかはそこから以降。それからが本当に「芸が身を助ける」の領域です。

 

ではまた。

 

(出典元:デイリースポーツ 8/9 配信)

 

もっと読みたい
小林麻耶・関連記事まとめ