毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

麻耶夫あきらに「霊がついている」除霊勧められたと親友暴露

 

 

ころもです。

 

 

 

本日発売『女性セブン』に、小林麻耶さんの夫であり芸能界デビューも果たした「あきら。」さんの記事が掲載されていました。

 

あきら、のあとに「。」をつけるだけでもイラッとしますが、さらにイラッとくるのは全く芸能人である意味をこちら側が感じていないのに、芸能人扱いをしなくてはいけないところでしょうか。

 

そこは乗り越えましょう。

 

では、さっそく記事の内容を見てみます。

 

 芸能人になったことのデメリットが出始めたということか

 

一芸に秀でた人が芸能界なる場所で活躍することは素晴らしいですが、芸もないのに芸能界デビューを果たしたがる人を世間は厳しい目で見ることがあります。

 

そのひとりに数え上げられるのが、小林麻耶さんのご主人かもしれません。

どさくさに紛れたという表現をされてもぐうの音も出ない復帰、それにかこつけてという表現をしたくなるほどの便乗デビュー感が否めないご主人「あきら。」さんの存在。

 

一般人から芸能人に移り変わったその安直さゆえのデメリットが、まさに本日発売『女性セブン』となった気がします。

 

タイトルは、

 

麻耶の夫あきら。の親友告発!疑惑の「宇宙パワー動画」

 

というもの。

 

 

冒頭は「あきら。」さんの過去を知るという、友人Aさんの、

 

「彼はTVで”宇宙パワー”のことを否定していましたが、私にはハッキリと言っていました。”宇宙からのエネルギーを吸収して治している”と」

 

という証言から始まります。

 

需要がとくにあるとは思われない「あきら。」さんの身辺を調査しての結果というよりは、過去を知る人物から週刊誌への告発があって今回の記事掲載という捉え方になるのでしょうか。

 

今でこそ「元整体師」という肩書で活動しているようですが、結婚当初は「宇宙ヨガインストラクター」「宇宙ヨガ講師」ということでブログ読者には浸透していたように思います。

 

ちょうど昨年の今頃から始まったように思いますが、忘れてはいないもののどうでもよくなってきていた今になってまたも彼につきまとう「宇宙」や「ヨガ」というワード。

 

それもこれも一般人として静かに暮らしていたなら味わうこともなかっただろうことを思えば、追いかけないで欲しいと願っていた麻耶さんの事務所を退所してまでの平穏な生活というのは両者揃っての表舞台に立つ意気込みによって見事に崩壊したといっても言い過ぎではないでしょう。

 

麻耶さんの芸能界復帰だけでも大問題、衝撃であったのに、一般人のご主人が便乗する形で「二人羽織」的にタレントデビューしたのですから、それは驚きます。

 

 

表に出ることで……

 

4年前には地元の神奈川県藤沢市を中心に友人知人らの自宅で施術をしていたという「あきら。」さんであるだけに、ぽろぽろと当時を知る、まさに施術をじかに受けたという人物から証言も上がってくるわけです。

 

冒頭で証言したAさんは、当時の「あきら。」さんの施術を受けた際、「何も感じなかった」ことに、

 

「4年ほど前、出産で痛めた骨盤の施術を受けました。その内容は腰に手をかざすだけ。”エネルギーを感じるでしょう?”と言われても、彼の体温以外は何も感じられませんでした。40分の施術台として1万800円を請求されました」

 とも証言しています。

 

 

 

神奈川県のバイトの時給がせいぜい950円〜1000円程度が多いだろうなかで、わずか40分、それも手をかざしただけで「1万800円」もの金額を請求するというのですからずいぶん割の良いお仕事です。

 

それでも本人が「体調がよくなった」「施術を受けたおかげで調子がいい」と納得の上ならまだしも(それでも怪しいことは怪しいですが)、

 

「体温以外、何も感じられませんでした」

 

と明らかに効果を実感できなかったというのに高額な施術代を請求される。

これは完全にそのパワー、施術そのものがどうだったのか疑って当然だし、お金を払うどころの騒ぎではないでしょう。

 

形ある商品なら、返品されるレベルの話だと思います。

 

面白いのは「何も感じない」とAさんが伝えると「手をかざす箇所をモモ裏に変えるなど、あの手この手」でパワーを送ってきたという記述です。

 

とんだパフォーマンスですが、これで真夏の炎天下で一日立ち通しの交通整理をするバイトの人以上のお金を稼ぐことができるのだとしたら、みんなこの「宇宙ヨガ」なるものを駆使するようになってしまうかもしれません。

 

 

ここまでのAさんの証言だけでも十二分にあやしいですが、さらに親友Bさんが登場。

 

彼は、

 

「4年前にヘルニアの施術を受けましたが、いくら続けても改善されませんでした。彼からは”おれがこれだけやっても治らない人は初めてだから、霊がついている”と親戚の霊能者を紹介され、除霊をすすめられたのには驚きました。もともとスピリチュアルな人でしたが、いつからか鬱病や骨折まで治せると豪語し始め、歯列矯正の話をして”歯なんておれがちょっと施術すれば動いて治るのに”と言われた人もいました」

 

と驚きのエピソードを披露。

 

・施術をいくら続けても改善されない

・改善されない理由に霊が登場

・親戚に霊能者がいる

・鬱病や骨折まで治せると豪語

 

ざっと拾っただけでも、この証言のなかにはこれだけの検証の必要がありそうな話題が入っている。なかなかです。

 

記事での証言が真実ならば、まるで除霊させるための入り口として宇宙ヨガなるものがあると誤解してしまう人も出てくるのじゃないでしょうか。

 

 

それぐらいよく出来たシステムに見えてくる

 

Bさんはさらに、

 

「領収書も帳簿もなく、確定申告の時期には、”大丈夫かなぁ、ヤバいかなぁ”と心配そうにしていました。何か心配なことがあったのでしょうか」

 

と記事中で証言。

 

つい最近、小林麻耶さんがバラエティ番組に出ているのを観ました。慌ててチャンネルを変えましたが、こうしてまたも表舞台に復帰してくれば、そのご主人であり一般人ではなくなったタレントとしての「あきら。」さんのことが記事になることも増えてくるでしょう。

 

麻耶さんを観て「あきら。」さんを思い出し、そこから過去の記憶が蘇り、今は宇宙ヨガと語ることもなく「麻耶さんを支える整体師の夫」でありタレントというイメージに落ち着いてはいても、活躍の場が広がるほどに異論を唱える人がひとり、また一人と増えていくのじゃないでしょうか。

 

その証拠といっては何ですが、施術を受けても「何も感じることができなかった」と冒頭で語っていたAさんは、

 

「テレビに出ていた彼が”宇宙ヨガ講師はただのキャッチフレーズ”と言っているのを見て心底驚きました。私には”宇宙からのエネルギーを感じて、人のために使っている”と語っていましたから、あまりにもひどいと…」

 

と、テレビを観たことで思い出したことを裏付ける証言をしています。

 

結婚しただけならまだしも、自らもタレントデビューして麻耶さんと一緒にテレビ出演をするようになったことでパンドラの箱を開けてしまったのかもしれません。

 

 

別の週刊誌では、麻耶さんの実母がひとりにならないようにと「あきら。」さんが同居し「マスオさん状態」である記事が掲載されていました。

 

麻耶さんの未来について心配するのも変ですが、週刊誌の記事すべてを信じることはないまでも、やはり昨年から今年にかけての不可思議な夫婦そろっての迷走ぶりを見ていると今回のような記事は今後ますます増えていくのだろうなと推察しています。

 

女性セブンは、「あきら。」さんが患者に配ったという施術動画も手に入れ、それを観た感想として、

 

仰向けになった患者の頭に手をかざしてパワーを送っているのか、微動だにしない。だが、しばらくすると突然患者の体が波を打つように動いた。宇宙パワーが注入されたのだろうか。

 

と疑問を投げかけています。

 

「あきら。」さんの所属事務所はこういった一連の言動に対し、

 

「所属前のお話ですが、事務所としては今後、誤解されかねないような言動をしないよう、注意を致しました」

 

と語ったようです。

 

誤解されかねないような言動…

 

高額な料金を請求し、霊能者を紹介し除霊をすすめるまでの行為は誤解というレベルをはるかに超えているように思うのですが、所属事務所はそういう捉え方で小林さん夫婦というのか、國光さん夫婦を見ているという理解でよいのでしょう、とりあえずは。

 

今回の記事が事実なら、ほかにも該当する人たちが声をあげる可能性もまたあるかもしれません。

 

昨年の事務所退所は一体何のためだったのか。

ますますわからなくなる現実になっていきそうですね。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:女性セブン 8月8日号)