毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ蜂の巣駆除のその後に言及「戻り蜂が一匹出没して」

 

 

ころもです。

 

京都アニメーションの凄惨さ、理不尽さ、言葉もありません。

立ち位置によって思うこともさまざまでしょうが、犠牲になられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。

 

一寸先はわからない世の中。

世界中がカタストロフの状況を呈してきてます。

 

さて、

 

定例となった昨日の堀さんのブログを引き続き見てみましょう。

 蜂の話、画像が欲しかったかも

 

昨日、7月18日(木)のブログ更新数は全部で7記事

6記事までは昨日更新済みなので、今回は7記事目のみです。

 

6記事目まではこちらから
堀ちえみ整体の後はショッピング「どれも半額セールでした

 

 

・07:41 昨日は久しぶりの晴れ間が見られて有り難いと思いました

・11:47 愛犬ちかちゃん 嬉し過ぎてついついボコる

・12:11 30分お散歩して

・12:57 何でもかんでも乗せて ぶっかけうどん

・17:12 整体を受けた後 のんびりとティータイム

・18:13 半額セールで購入した物

・22:03 神楽坂「睦」

 

 

 

では見てみましょう。

 

昨日、7月18日(木)最終となる7記事目

・22:03 神楽坂「睦」 タイトルでは、

 

今日は息子楓季はバイト、
娘彩月は友だちと食事。

私一人でご飯かなぁと思っていたら、
主人から連絡があり、
仕事終わりで合流して、
神楽坂の「睦」に行く事になりました。

 子供たちの予定を世界発信するのは相変わらずですね。

これ、少なくとも読者には全くどうでもいいことなので、子供たちの行動を知りたい「別の誰か」近親者への伝達をブログで行っているということなのだろうと推察しています。

 

私一人でご飯かなぁと思っていたら……

 

あのダイニングテーブルで一人ご飯を食べるのは確かに侘しい。ミキちゃんとチカちゃんがいても、あの空間で夕飯一人というのはだいぶ寂しいでしょう。

 

ここで、「睦」という見せの看板のようなものが画像アップ。

 

こちらのオーナーやっさんとは、
8年程のお付き合いです。

主人と初めて神楽坂で食事をしたのが、
やっさんが独立前に勤めていたお店でした。

お食事処というよりは、男の隠れ家的な外観をした店の画像がアップされました。

  

もちろん手術をしてからは初めてです。

何度かお店の前まで行ったけど、
ちらっと外から見たら満席だったので、
諦めた事も何度かありました。

今日はたまたま、
空いていました。

 

 お洒落な居酒屋という感じの画像がアップされました。

壁際に細長い黒板が吊るされていて、そこに色とりどりのチョークでオススメらしい料理メニューが書かれています。

  

やっさんのこだわりがいっぱいの店内です。

写真には写っていないけど、
装飾品とか とてもお洒落なんですよ!

 

メニューが書いてある黒板だけがズームアップされました。「みんな大好きアジフライ」という文字も見え、その下にはアジフライのイラストも色付きで描かれてます。 

 

メニューはこれ以外にも沢山ありますが、
この黒板のメニューに惹かれます。
 

 

ここで、ドリンク画像がドン。

「女王蜂」と書かれた芋焼酎の瓶と、氷が並々と入ったグラスが見える。

 

私は熱い蕎麦茶をひたすら飲み続けました。

三杯は飲んだね!

主人は女王蜂の芋焼酎を。

女王蜂という文字を見ると、
この前 我が家のバルコニーに、
気付かぬうちに出来ていた、
スズメバチの巣の事を、
久しぶりに思い出しました。

あっ!あれからやはり、
戻り蜂が一匹出没して、
追い払うのに大変でした。

箒で何とか追いやり、
そこら辺に蜂の駆除の薬を、
撒き散らしました。

 

そして、あの「蜂の巣」の話が出ました。
 
配置が変わっていた蜂の巣の画像の不思議については今後も言及されることはなさそうですが、蜂の巣の一件という大まかなくくりではこうして再度話されることもあるのですね。
 
あの蜂の巣バスターズのことは未だに謎です。
 
あれほどの蜂の巣に気が付かないということのおかしさ。
蜂の巣駆除の様子がわかる画像がなく、最後まで蜂の1匹も画像アップされない不思議。何より、最初の画像と蜂の巣が移動したとしか思えないもう一枚の画像の違いがひどすぎる。
 
辻褄が合わないことだらけのまま強制終了されたような1件だっただけに、芋焼酎「女王蜂」で思い出したとはいえ、この蜂の巣の話が本人から出たのはちょっと驚きです。
 

これはもう蜂の巣もなく、戻り蜂が出没したといっても画像もないので検証のしようもないですが。

 

 

それはいいとして…

 

と本人もまたも一蹴して次の話題に移りました。

 

 

画像は小鉢2つ。

 

お通しは
ツルムラサキのおひたし
豚の角煮大根

壁の黒板にイラストで描かれていたものとそっくりの「アジフライ」が実物として画像アップされました。

アジフライ
昨日も鯵を食べたけど、
今日もまた鯵が食べたい!

 

このアジフライを包んでいるパン粉はそうとう食べにくそう。

家庭で作るパン粉のそれとは違って、刺々しい感じも伝わってくるし、何より粉があらめ。

 

これ100%自分の舌でもそうとうなものですが、堀さんは再建した舌でこれを食べることが出来たのでしょうか。

 

昨日のアジフライとは違って、これをわずか5ヶ月前に舌の半分以上を失い、再建した舌で食べるなんてちょっと想像できないですが、これ、いけたのですね!?

 

単純に、こんな食べにくそうなアジフライを再建した舌でもう食べることができることに純粋に驚きます。

それとも、ご主人だけが食べた?

 

いやいやそうじゃないですよね。

 

「今日もまた鯵が食べたい!」

 

と綴ってあるのですから、これは本人、堀さんが食べたいと叫んでいるのだし、食べたということになるでしょう。

 

驚異的すぎる……

 

とても大きなアジフライ。

おろしポン酢でサッパリと。

こちらのお店は油が命!と、
やっさんは新鮮な油しか使わないです。

 

大きさ以上にパン粉が凄い、ささくれだっている。

 

これは舌がん患者の人たちが一番不思議に思う部分でしょう。

 

今度はジャガイモのようなコロコロした揚げ物料理の画像がアップ。

 

かんぷら味噌

かんぷらとは、
じゃがいもの事だそうです。

福島県の郷土料理。

とても美味しかったです。

次に登場した画像は刺身の盛り合わせ。7種類ぐらいが盛り合わせられてます。

 

そして刺身の盛り合わせは、
やっさんが捌いて出してくれます。

これが新鮮でたまりません!

いつ来ても睦の料理は、
美味しいです。

 

玄米おにぎりが最高! と言っていた言葉が忘れられません。

 

次は磯辺揚げの画像。

 

初めて食べたけど、
山芋と納豆の磯辺揚げ。

外はカリカリサクサク、
中はもっちり山芋と納豆がトロ〜リ。

綺麗に揚がっていました。

締めでしょうか、「おかかおにぎり。」ということで白米に海苔が巻かれたおにぎりが1つ画像アップ。

 

そのあとにはどうやらデザートということでしょう、アイスも登場。

 

お酒が飲めないので、
飲んでいる主人の隣で、
とうとう最後に黒蜜きなこアイスを、
注文してしまいました。

 酒豪だったのにお酒が飲めなくなった、その代わりに甘い物が必要なんです、という訴えですね。

お酒が全く飲めなくなってから、
すっかり甘党になっちゃったなぁ。
 
おまけに術後以降は、
味の濃い物も、
辛い物も好まなくなってしまったし…
 
新しい舌の味覚は、
まるで子供のようです(笑) 

 

「お酒を飲まないので」という表現を以前していて誤解を招くと指摘した覚えがありますが、今回は「お酒が全く飲めなくなってから」と吐露してますね。

 

こういう些細なところが大事です。

 

お酒が全く飲めなくなってから、ということはつまり、前はお酒を飲んでいたということを告白しているも同じわけですから、事実に即している。こういうことが信頼を作っていくうえでは重要。

ただ、味の濃いものも辛いものも好まなくなってしまったし…
 
という部分はちょっとどうなのか。好まないのにキムチをあえて頼んで食していたのかということになりますね、術後に。
 
なんとも不可解な発言です。

 

やっさんが、
 
「いやぁ本当に心配したよ〜
元気そうで本当に良かった!
こうやって顔が見れて嬉しいね〜」
 
と言って喜んでくれました。
 
ありがとう。
 
そして心のこもった、
とても美味しいご飯を、
ご馳走様でした。
 
さぁ!明日も雨でしょうね。

でも笑顔いっぱいに過ごす!

明日も素敵な一日を
 

 

どんなときでも食欲がある。
 
それが再建した舌であっても動じない。それは堀さんならではのものであって、舌がんの患者さんの多くは参考どころか、落ち込むだけのブログ内容になるでしょう。
 
元気になろう、いえぇーい!
 
と言われて元気を出せるなら誰も苦労しないという悲痛な叫びも聞こえてきます。
 
堀さんのブログは元気な人にはさらに元気を与えるものかもしれないですが、同病で思うように治療が進まない、なかなか回復がきびしいといった状況下にある方々には辛く残酷な部分があるのは事実。
 
それにしても、このアジフライを食べることができるならもう怖いものはないのじゃないでしょうか。
 
ギネスものです。
 
ではまた。
 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ