毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ 山形の温泉で「食べられちゃいましたよ!」と舌鼓

 

 

ころもです。

 

 

堀さん夫婦は山形の温泉宿にいるようですね。

特徴的な客室、露天風呂、4月リニューアルということでわかったのですが、

「日本の宿 古窯」ですね。

 

夕食の個室、その特徴的な障子の柄などから総合すると、「ハイグレード貴賓室」でしょうか。

 

食事メニューは高級ブランド米沢牛のステーキをメインとした古窯特別会席ですね。

料理人が目の前で焼き上げるスタイルのはず。

 

この部屋は大人1名税抜きで63000円ほどだと思います。

ヒントが沢山、人気の宿です

 

 

本日は現時点で6記事更新済みです。

 

・08:46 連休二日目 肌寒い雨の朝です

・10:10 雨にも負けず 午前中家事を頑張る!

・11:43 午前中に家事を終わらせて出掛ける準備を!

・13:28 久しぶりに大好きな東北へ行って来ますね!

・16:08 今年の四月からリニューアルしたお部屋

・21:32 大変美しく季節を感じられるお食事

 

細いタイトル4記事分はすでに更新したので、まだの方はこちらからどうぞ。

堀ちえみ「ドキドキしますね」夫婦で思い出多き東北の旅へ 

 

まだの太い文字タイトル、2記事分を見てみましょう。

 

 

 

本日14日(日)5記事目の

 

・16:08 今年の四月からリニューアルしたお部屋 タイトルでは、

 

宿に到着しました。

 ということで抹茶と「らくやき」のようなものが画像アップされました。

抹茶は二人分ありますね。

 

先ずは喫茶室で、
抹茶と茶菓子を頂きました。

一人分の茶菓子も画像アップ。

 
こちらには何度も訪れていますが、
今回は新しいお部屋。

今年の四月にリニューアルされたそうです。

 ヒントを沢山出してますね。

そのフロアに入ると、
とてもいい木の香りがします。

 

長い廊下の画像が。

 

新しいお部屋は、
どんな感じかなぁ。

ドキドキ

 室内画像の一部、廊下らしきものが画像アップされました。

 

入って先ずドーンと、
お部屋の温泉が見えました。

そして部屋の画像。

 

これでわかりました。

「古窯」ですね。

 

 

お部屋も明るくて、
とても綺麗です。

貴賓室、一室しかないと思います。

 

床の間も現代風で。
半露天のような客室風呂が画像アップ。
小さいですが、客室のならこれで十分でしょう。
 
 
お部屋の温泉なので好きな時に何度でも。

身体を温めて、
ゆっくりしたいですね。

鳥の鳴き声がします。

窓の外は静かでのどかな風景。
 
和室のテーブルで♡マークのついたご主人が何か書き物をしている画像がアップされました。
 

主人は明日の昼ごはんのプランなどを、

考えてくれています。

夕飯まで温泉に浸かって、
マッサージを受ける予定です。

そしてその後はとても楽しみな、
夕飯です


有り難いです。

感謝です。
 

 

リニューアルということで、宣伝をしてもらいたいのでしょうね、宿も。 

 

 

 

本日6記事目の

 

・21:32 大変美しく季節を感じられるお食事  タイトルでは、

 

山形県の温泉旅館にいます。

身体をよく温めてから、
マッサージを受けたので、
さらに血行が良くなりました。

お腹も空いて、
楽しみな食事の時間です。

 

の冒頭のあとに、特徴的な部屋と座椅子の背面が映る状態で、夫婦ツーショット。ご主人は顔にピンクのハートマークが大きく入り、堀さんの頭髪は今にも抜けそうな感じで左右非対称に浮いています。ピンクの羽織、ご主人は紺色で、乾杯の図。

 

主人は食前酒のスパークリングワイン、
私は山葡萄のジュースで乾杯。

「ありがとう」と、
日頃の感謝の気持ちで、
乾杯。

 

 

日本酒の画像に夕食画像。

特徴的な障子の柄と座布団でも、ここがどこかわかりました。

 

 

主人のお酒は山形の出羽桜です。

部屋からは、
中庭の滝が綺麗に見えます。

 

ピコラージュで編集、加工された料理画像が1枚の画像でアップされ、

 

前菜は季節の盛り合わせ。

夏らしく納涼をイメージできる、
美しいお料理の数々。

夏の雲・天の川・空・川・山・木々・星…

お料理を頂きながら、
いろいろな景色が想像出来ました。

 

とのコメント。
 
刺し身の画像。
 
お刺身もとても美味しくて。

胡瓜が雨蛙の形をしていました。

山形県では蛙のことを、
ベッキやビッキと言うそうです。
 
料理人が星型のマークを顔につけられ小さく登場。他の2枚の料理画像とピコラージュで編集され、1枚の画像のようになっています。
 
この料理人がいるということも特徴ですね。
 
 
米沢牛のステーキ。

お部屋で焼いて下さいました。
 
6万を超える部屋ですから、このぐらいはしてもらえるでしょう。
 
山形名物の芋煮。

里芋がホクホク、
大好きです。
 

画像のあとには、肉画像。

 

ロース肉の下に、
野菜が沢山敷いてあります。

蒸しなので、
余分な脂は全部落ちて、
旨味だけが残っていて…

口の中でとろけました。

 

締めのご飯とデザートの画像が続きます。

 

山形県推奨米つや姫。

ふっくらつやつやで、
甘くて美味しい。

お腹いっぱいだったのに、
ペロリとお茶碗一杯分、
食べられちゃいましたよ!

 

出ました、ペロリ。

 

そして別腹デザート。

自家製窯焼きプリンとさくらんぼ

この窯焼きプリンが大好きなんです。

旅館の売店で買えるので嬉しい
おねがいおねがいおねがい

お土産に買って帰ろう。

そして山形は、
やはりさくらんぼですね


甘いさくらんぼを、
美味しく頂きました。

季節を感じながら、
産地の美味しい物を、
堪能出来ました。

幸せです。

今日も有難うございました。

感謝です。
 

 

4月リニューアルということで、貴賓室を特別公開、皆様おいでくださいというになるのでしょうね。

 

平日で大人1人62000円(税抜)ぐらいですから、数千円割増になるぐらいで済んだのじゃないでしょうか。

 

ブログ収益からすれば、なんのことはない。

朝食はビュッフェ…か?

 

免疫力アップのための温泉なのかもしれないですが、連日外食続きで温泉という流れでは、包丁の名入れも泣くかも。

 

 

ではまた。

 

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ