毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ外出三昧の言い訳!?「平日は毎日家では一人でした」

 

 

ころもです。

 

不治の病や余命宣告をされた人々が凄まじい勢いで精神的成長を遂げる。

そういった姿を間近で見たことがあるという人は少なくないでしょう。

 

自称、舌がんステージ4の堀さんのブログを読みながら抱く最大の違和感はまさにそこです。

 

驚異的な回復力で健常者以上のアクティブな日々を過ごしている堀さんではあっても、生身の人間であり、医療に「絶対」がない以上、ステージ4の重みというものが生活の随所に出て然るべきと大抵の人間は思うわけです。

 

しかし、残念ながら術後のブログからそれに該当するような精神的成長を思わせる生活の実態が感じられないというのが正直なところ。

 

さて、昨日はどうか。

見てみます。

 食べることで何を忘れようとしているのかと問いたい

 

昨日、7月10日(水)のブログ投稿数は全部で5記事

以下、タイトルです。

 

・08:04 一人じゃない!

・11:40 久しぶりのお日様にヤッホ!

・13:50 アマニ粉末と素麺を使ったお昼ごはんです

・16:39 娘彩月のショッピング

・22:03 娘彩月のリクエストの焼鯖 

 

 

昨日7月10日(水)の1記事目

・08:04 一人じゃない!  タイトルでは、

 

おはようございます。

今朝も梅雨空が広がり、
やはり気温は低めです。

半袖だと寒いですね。

相変わらずの曇り画像がここでアップ。

 

娘彩月はこの先、
終業式までほぼ休み。

登校日がポツポツとあり終業式、
そして夏休みに突入といった感じです。

愛犬みき・ちかはいますが、
平日は毎日家では一人でした。

息子楓季の大学も、
遅れて夏休みに入るし。

息子尋紀もバイトの状況次第で、
帰ってくると思うしね。

賑やかな毎日が待っていますね!

 

愛犬みき・ちかはいますが、
平日は毎日家では一人でした。

 

孤独が身にしみているようですね。

 

そうでなければ「一人じゃない!」なんて言葉は浮かびようもないし、タイトルにしようとも思わない。

 

今の事態を招いているのは堀さん自らが撒いた種によるものなのですが、それでも目に見えて家から人がいなくなっていく様子を実感しているのでしょう。

 

読書の習慣があれば時間があまることもなく有意義な時間が過ごせるわけですが、そもそも本好きでなければそれすら苦痛かもしれません。

 

でも堀さん、他者は自分の時間潰しのために存在するのじゃないのです。癒やしのために存在するのでもない。

 

みな長短の差こそあれ、限りある人生を生きているのです。

喜びを自力で見いだせない自分の慰みとして見たり、使ったりする発想そのものを捨てなければ、振り回される人々は疲弊しきって、ひとり、またひとりと安らげる場所へ消えていくだけのこと。

 

居心地のいい場所や人柄には、放っておいても人は集まります。そして他者と嘘のない関係を結んでいたら、物理的に一人でいても寂しさはあれど侘しさにまでは至らない。

 

 

 

2記事目

・11:40 久しぶりのお日様にヤッホ!  タイトルでは、

午前10時を過ぎた頃から、
お日様が顔を出しました。

このところ東京は雨か曇りの日が続き、
お日様を見るのは本当に久しぶりです。 

 いつものパティオが、ちょっと斜めになって画像アップ。

久しぶりのお日様に、
思わず「ヤッホ!」と、
小さな声が出てしまいました。

嬉しかったです。

観葉植物にも水をあげて、
掃除も済ませました。

そして…
久しぶりのお日様に喜んでいるのは、
愛犬みき・ちかちゃんも同じです。

いつもよりも、
バルコニーへの掃き出し窓の所で、
ピョンピョン跳んで、
「お外に出たいよ!」
アピールをしていました。

 留守番が多いですからね、それはそうでしょう。可哀想に。

早朝よりも気温も上がり、
お日様も出だしたので、
気持ち良さげだ!って、
そう感じたのかも知れませんね。

おかしな言い回しですが、スルーします。

 

懇願するようなミキちゃんとチカちゃんの画像が登場。座っているのはもちろん、あの一人分の広さしかないキャンプ用の椅子です。

 

でもお日様のご機嫌は、
なかなか安定しませんね。

雲に隠れたり、
出てきたり…

梅雨の晴れ間を、
少しでも感じられたのだから、
高望みしてはいけません。 

諌められたのでしょうか、「散歩にいきたいです」と懇願するようなカメラ目線のミキちゃんとチカちゃんは、次の画像では萎れた花のようにぐったりとうつ伏せ状態になっています。

今日は速攻で寝るのね(笑)

可愛いですね。

違う。

寝たのじゃなく、諦めたのですよ。

わからないのだろうなぁ、2匹の気持ちが。

 

ここでバルコニーのテーブルの上にのる、珈琲の入ったマグカップと「よもぎぷりん」の画像が。

 

お昼ごはんまで、
ひと休み。

コーヒーを入れて、
よもぎぷりんを食べて、
バルコニーでほんわかした、
静かな時間を過ごしています。

 

散歩だけが楽しみといっていいミキちゃんとチカちゃんが、久しぶりのお日様に散歩を期待したことに、

 

”梅雨の晴れ間を、
少しでも感じられたのだから、
高望みしてはいけません。”
 
といいながら、自分はいつものスイーツタイム。
 
なんとも不憫なミキちゃんとチカちゃん。
 
桜風味の黒みつソース。 

よもぎぷりんとソースが別々に画像アップされ、

 

もっちりとした食感で、
甘過ぎずつるんと食べました!

皆様から頂いたコメントを、
今日も読んでいます。

いつも本当にありがとうございます!!!

感謝です。

皆さん優しい。

沢山の言葉、
情報、
そして何よりも、
愛と真心をありがとう!

ツ・ナ・ガ・ル・コ・コ・ロ

大切にしたいです。

この部分、バッサリ要らないです。

愛と真心、もらえるだけで大満足ということでしょうが、それで本当に満足できるのでしょうか。

 

もらうだけの人生、食べるだけの人生、そんな人生のために病を克服したかったのかと、そんな人生を見せられる読者の心のほうが萎える。

 
 
 

昨日3記事目の

・13:50 アマニ粉末と素麺を使ったお昼ごはんです タイトルでは、
娘彩月と二人で昼ごはん。

息子楓季は今日は、
大学の授業が夕方まであるそうです。

スーパーで見つけた、
アマニ粉末を使いたいなと思い、
何を作ろうかなぁ。

取り敢えず豚肉は買っておきました。
 ここで、商品画像がアップ。
昨日の野菜も残っているし…
 とのことで、素麺2束の画像が。
 
沢山ある素麺も使おう!

炒めた素麺…
この間ナンタのママ韓さんが、
作って下さったメニューにもあり、
とても美味しかったのを、
思い出しました。
 調理中なのでしょうか、フライパンにのる素麺画像がアップ。
 
豚肉をごま油で炒めて、
塩胡椒と中華スープの素で、
味を整えて。

野菜を入れて又炒め、
茹でた素麺を最後に。

そしてアマニ粉末を
掛け入れました。

写真はアマニ粉末を入れたところです。

最後の最後に、
醤油をほんの気持ちだけ入れました。

そして最後に手早く混ぜて出来上がり。
 
 出来上がった画像がアップされましたが、プチトマトが素麺の皿に2つ、なんだか場違いな感じで入っています。小鉢にはぶどうが。
盛り付けた後、
すりごまをパッと。

すりごまは、
風味がいいです。
 こういうこと、いつまで続けるのでしょう。
誰でもができることより、堀さんの実体験こそが重要なのに。 
二人分の画像がアップ。 
 
 
娘彩月も喜んでくれたメニュー。

焼きそばや焼きうどんより、
食べやすいですね!

昼ごはんの次は、
夕飯の準備です。

彩月と今日も話をして、
盛り上がっています。

お昼ごはんを食べ終わるのに、
一時間は過ぎましたね。

そろそろ片付けなくちゃね。

食後のお茶でも入れますか。
 
何度も書いてきたことですが、生きるための人生じゃなく、食べるための人生と揶揄されても言い返せないようなこの1日。 

食べてるそばから、次の食事の話をする。 

食べて食べて食べまくる。その合間にちょっと人生にかかわってみる。そんな位置づけに思われてしまう生き方のどこにガンで苦しむ方たちへの「励まし」があるというのか。 

何を隠すために必死なのか。
今の注目はまさにそこ。 
 

 
昨日4記事目の・16:39 娘彩月のショッピング  タイトルでは、 
靴下と靴を買いたいとの事で、
娘彩月とラクーアへ買い物に行きました。

今日の東京ドームシティは、
人出も少なくて、
ショッピングしやすかったです。
 また外出!? 散歩は?
 
チュチュアンナで靴下。
 ショップ画像。 
ABCマートで、
コンバースのスニーカーと、
サンダルを購入。 
 これまたショップ画像。
 
低気圧の関係なのかな。
 
眠いねぇ。

なんて言いながら、
お茶を飲みに。

そしてスイーツで糖分補給して、
眠気を覚ましました!
 さっき、スイーツとお昼を食べたばかりだというのに、またスイーツ。

それより、お日様が出たことに目を輝かせたミキちゃんとチカちゃんの期待を見事に裏切っている。

娘は一人で買い物に行ける。でも、ミキちゃんとチカちゃんはお金もないし、お出掛けもできない。かけがえのない存在といいながら、扱いは「心のない生き物」を扱うかのような投げやりさ。 

あの無機質な家で時を過ごす2匹が不憫すぎる。 
ナナズグリーンティーで。
 
遊び歩きたいがために娘のショッピングに便乗、というのが正直なところでしょう。
私は黒胡麻クリームあんみつとほうじ茶。
 画像不要なのに、あろうことか、「黒みつをかけて」という説明つきで、またも拡大画像がアップされる始末。
 
彩月はほうじ茶白玉パフェ。

 全く興味なし。
 
と玄米茶。

これから夕飯の買い物です。

頑張ろう。
料理をするということが身についてないのでしょう。だから、頑張ろうと自身を鼓舞する言葉が出てしまう。
夕飯づくりは頑張るものではなく、淡々とこなすレベルのもの。頑張るから、毎回トゥーマッチな小鉢軍団で食卓があふれるのです。
 

昨日最後、5記事目の

・22:03 娘彩月のリクエストの焼鯖   タイトルでは、 
今日は娘彩月のリクエストで、
焼鯖をメインにしました。

一緒に夕飯の買い物に行き

「この鯖美味しそう!
ねぇ これ食べたい!」

と言われました。

息子楓季も鯖は大好きなので、
喜んでくれるね。
 
調理していない「サバ」は柄が迷路のようにグロテスクなので、それを見て年頃の女の子が「この鯖美味しそう!」と叫ぶことは考えにくいです。
 
なので十中八九、「焼鯖」という完成されたお惣菜状態を見ての発言なのでしょう。
 
大根と人参・鶏モモ肉の煮物
ブロッコリーとカリフラワー
小松菜のお浸し
レタスとミックスビーンズのサラダ
湯葉豆腐
白菜の浅漬け
私だけ納豆

楓季も彩月も納豆は苦手です。
と最近は一人分の画像からアップ。
 
メインの焼鯖の他に、サラダも含めて7つの小鉢が囲むように配置されています。
 
これは、やりすぎですね。
栄養「過多」という言葉を知らないのでしょうか。
 
カロリーオーバーだろうし、眠る前の食事ということ以上に、働いているわけでもない人が摂取するものとしてはすべてが多すぎる。
 
どうしても数を増やしたいというのなら、せめてそのひとつひとつの量を今の半分に減らしましょう。
 
もやし・キャベツ・玉ねぎ・人参・
小松菜の味噌汁
 
野菜炒めのような味噌汁。
多すぎるおかずの逃げ場となる味噌汁がこれでは、休まる場所がないという感じ。
 
上空画像から見えるのは3人分の夕食。
 
子供と堀さん。
ご主人はもはや語られることもない感じ。
 
焼鯖の拡大画像がここでアップ。
 
焼鯖は鬼おろしと針生姜で食べました。

さっぱりして、
とても美味しかったです。

今日も野菜をたっぷり。

沢山食べていっぱい笑って。

明日も向日葵のような笑顔で過ごします!

ファイト。

愛犬みき・ちかちゃんも、
手作りごはんを、
モクモク食べていました。

明日もお散歩いこうね。

おやすみなさい
 
焼鯖を焼いたという記述はないので、これは完全に「焼鯖」のお惣菜をメインにしたということでいいのでしょう。
 
調理もされていない生の鯖を見て「美味しそう、食べたい」という表現にはならないですが、さばの味噌煮や焼鯖という、お惣菜としてのビジュアルでなら「美味しそう」という発言も不自然じゃないし、それを購入してメインにしたということなのだと思います。
 
堀さんは煮たり焼いたりするのは苦手そうなので、こういうものはお惣菜に頼っているのでしょう。
 
それにしても、
 
明日もお散歩いこうね
 
と書いたことでお散歩に行ったことにしてしまったようですが、お散歩に行ったという記述はどこにもないし画像もない。
 
 
晴れ間を少しでも感じられたのだから、高望みをしてはいけない
 
と2匹を失望させたシーンはありましたが、散歩をした記述も画像もないわけで、結果散歩には行っていないはず。
 
だのに、
 
明日お散歩いこうね、の「も」を入れたことで、今日も散歩に行ったことにするところが姑息。
 
あまりにミキちゃん、チカちゃんが気の毒。
 
それとも散歩に行ったのにそれには触れず、画像もアップせずということなのでしょうか。それだけは考えにくい。
 
自分最優先主義の人は動物との共生はそもそも無理です。
 
 
堀さんの目指す丁寧に生きるというのは、「あらゆるものを食べ尽くす」という意味においてのみ忠実かつ丁寧ということに思えます。
 
そこに昨日を超える今日がないのが、ブログを通しても伝わってくるよう。
 
 
ではまた。
 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ