毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ 引越し終了「全てが上手くいった」焼き鳥屋で乾杯

 

 

ころもです。

 

 

ー公的年金だけでは老後に2000万円不足するー

 

6月3日に公表された不安を煽るいっぽうの報告書を、堀ちえみさんはどんな気持ちで聞いていたでしょうか。

 

自分なら、食べログで4ヶ月もあれば稼ぎ出せる金額で世間は大騒ぎ、面白すぎる、ぐらいの気持ちだったりしますか。

 

預金残高を見て青ざめるサラリーマンの父親や主婦たち。

 

そういう人たちが、どういう思いで二人に一人は罹患する可能性のある「癌」に不安を抱き、日々の食生活から見直そうと節制ある日常に取り組んでいることか。

 

生活の9割以上が外食といっていい堀さんの価値観では、何一つ理解できないことばかりでしょう。

 

さて、昨日の続きの投稿を見てみます。

 絶望的に他人の気持ちがわからない

 

昨日、7月7日(日)のブログ投稿数は全部で6記事

以下、タイトルです。

 

・07:53 早朝起床の日曜日 今日は大仕事が控えています!

・09:47 家族で力を合わせて

・11:31 昨日購入した私の洋服を何店点か

・14:46 引越しは大変ですね!

・18:11 全て終わりホッとしています!

・22:36 四人で焼き鳥

 

うち、4記事までは昨日投稿済みですので、まだの方はこちらを↓。

堀ちえみ引越しで大家族の結束アピール!娘のベッドも公開か 

 

本日は、昨日の残り2記事(太文字の分)を見てみます。

 

 

 

昨日7日(日)5記事目の

・18:11 全て終わりホッとしています! タイトルでは、

 

社会人の娘真由の引越し全て完了。

ダンボールの中身も、
全部出して収納しました。

主人が

「収納の仕方とか物の配置なんかが
やっぱり家と同じ感じだなぁ
面白いね」

と言っていました。

確かに…

見て育つというのかな。

夕方思っていたより早く終わり、
みんなでドリンクとスイーツタイム! 

 

木製のテーブルらしき上に商品が並んでいる画像が登場。
 
おおまま(主人のお母様)と私は、
ホットコーヒーと抹茶&抹茶パフェを。
 
自分だけの商品を別に画像アップ。
 
あぁ、 やれやれです。

三週に渡り、
真由の新生活のサポート。

今日で無事に終わりました。
 

 

翻訳すれば、

”三週間もかけてこんなことやってられない、やっと終わってせいせいした”という感じでしょうか。

 

なかなか素敵なお部屋になりました。

落ち着ける空間なので、
みんなで暫く談笑して。

最後に掃除機を掛けて、
拭き掃除。

お疲れ様でした!

おおまま(主人のお母様)は、
甥っ子の まさき君が、
送って行ってくれました。

その後に私たちは、
社会人の息子あきひろと、
真由とでAOKIに来ています。

二人ともスーツを買いたいとの事で、
付き合っています。

それぞれに個々のカードで、
支払いをしていました。

二人とも社会人だものね。

そんな姿を見て…
当たり前だけど成長を感じたのでした。

今日はこのまま夕飯だね!
 

 

それぞれに個々のカードで、支払いをしていました。
 
当たり前のことなら書かない。当たり前じゃなかった、つまりいつもお金を払うのは自分だということを仄めかしているも同じ。
 
しかし支払いの仕方まで世界発信するとなれば、間違って暗証番号をブログにあげてしまうのも時間の問題かも。
 

今日イチの本音は、一番最後の行にあった、

 
”今日はこのまま夕飯だね!”
 
でしょう。

 

推量するに、この瞬間のために今日の引越しがあったといってもいいぐらいじゃないでしょうか。そのぐらい、脚色されたセリフにはない耀きが「今日はこのまま夕飯だね!」にはあります。

 

ほとばしる喜び、隠せない興奮。


今日はこのまま夕飯だね!

 

これで夕食を作らずに済むという歓喜の声。

 

かけがえのない存在と豪語していた”名ばかりの愛犬たち”を思えば一秒でも早く帰ろうと思うものですが、この方の場合、一秒でも在宅時間を少なくしたいという願望が出てしまっている。

 

それはなぜ?

家族の実態が感じられず、孤独と向き合わなくてはいけないシュールな空間だからじゃないですか。

 

 

 

 

昨日最後となる6記事目

・22:36 四人で焼き鳥  タイトルでは、

 

社会人の娘真由の、
引越しのお祝いです。

焼き鳥屋さんで、
社会人の息子あきひろと四人で乾杯!

たった4行のなかに、「社会人」というワードが2つも。

肉々しい日々が続いてますね。

 

緑黄色野菜なるものが見えない、編集済みの料理画像が「4カット1枚」の状態に編集され画像アップされています。

 

焼き鳥屋さんですが、
餃子やチーズ餅揚げなど、
いろいろなメニューがありました。 

 油ギッシュなものばかり。

私は厚揚げ納豆やサラダ、
冷奴などを中心に食べました。

中心に、ということは他の餃子やチーズ餅揚げも多少は口にしたかもしれませんね。こういうもののほうが好みだとも思います。

 

はんぺんも美味しかったですね。 

 

誰が編集しているのか、ピコラージュというものを使って加工編集された画像が次々にアップされています。 

 

真由の引越しも無事に終わり、
ホッとしました。

 

ホッとしました、

 

の文字がぜんぶ「せいせいしました」に読めてしまうのは、ころもの悪い癖です。

 

新生活に乾杯。

主人はメガジョッキビールや、
ホッピーを飲んでいました。

 

ひときわ大きな、ビールジョッキの画像がドン!
 
帰りの車の中、
運転している私の隣で、
グッスリ眠っていましたよ(笑)

全てが上手くいったので、
安心したんだと思います。

今日も一日お疲れ様でした。

明日も素敵な一日を

 

眠っていました、って、誰もそんな情報求めていません。押し付けないで欲しいです。

 

 

 

しかしそれ以上に気になったのは、

 

”全てが上手くいったので、
安心したんだと思います。”

 

なんとも言えない表現をしますね。

 

全てが上手くいった……

 

う〜ん、こういう言い方はしないほうがいいでしょう。

まるで悪巧みが成功したように聞こえてしまう。

 

手下が親分に向かって「すべて上手くいきました」「お、ごくろうだった」みたいな寸劇がふと浮かんでしまうような言葉遣い。

 

百歩譲って引越しの搬入、荷物の受け取り、セッティング、そういったことを総称して「全て」といい、「上手くいった」というのは予定通りに終えることができたことを意味したのだとしても、

 

”全てが上手くいったので、”

 

とつなげると、本音が出た!と思ってしまいます。

 

滞りなく終えることができたので、

 

ぐらいにしておきましょう。

 

それこそすべてにおいて表現がオーバーすぎて真実から遠ざかる傾向にあるのですから、事実を脚色しすぎず、正直に伝える真摯さを身に着けることが大事です。

 

 

それにしても、昨日の朝のうどん以降ず〜〜〜っと外食、惣菜づくし。

この生活を見ていると、闘病の歴史も頷けます。

 

ではまた。

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ