毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ食べログの裏に見える孤独!?なぜ疑惑を放置するのか

 

 

ころもです。

 

ヤミエイギョウに関与した。

 

そのこと自体の罪はいうまでもないけれど、それ以上に世間や仲間、スポンサーが許せないと思ったは、「その罪を知ってからも嘘をつき続けたこと」でしょう。

 

人間誰しも過ちはある。

転ぶことそれ自体を人は長く責めることはない。池袋の母子が亡くなった件にしても、自分の罪を認め、深く心から謝罪の気持ちを示していれば、あれほどの騒ぎにもならなかったはず。

 そこに愛はあるのですか

 

 

堀ちえみさんのブログが舌癌ブログとしての記録として意味がなさないにもかかわらず耳目を集め続けているのは、まさに「そこ」なのです。

 

それって本当ですか。

それって事実ですか。

それって、それって、それって…。

 

今回、闇営業の件でロンブー亮さんは謹慎処分となりましたが、彼はまだ幸せですね。

 

相方の敦さんは、

「被害者から騙し取ったお金で支払われたギャラを受け取っておきながら返金もせず嘘をついて、このままで平気なのか!おまえを軽蔑する!世間の皆様、所属事務所、番組のスタッフにも正直に全てを話すべきだ!怒りに任せて言いました」 

(引用元:6/25 1:14配信 スポニチアネックスより) 

 

と厳しく叱責してくれてます。

 

間違ったことをしたとき面と向かって叱責してくれる友達がいる、家族がいる。

 

ロンブー亮さんは道を踏み外したかもしれないけれど、それほど悪い人生を歩んできたわけでもないんだなと思った瞬間でもあります。

 

舌癌・ステージ4が真実なら、そして詐病疑惑を本人、もしくは関係者が一度でも耳や目にしたのなら、堀さんの疑惑払拭の姿勢のかけらもない今のブログ発信に必ずや異を唱えるだろうし、しかるべき場所で、疑念をはらすために必要な何がしかの対策を打つよう助言をするでしょう。

 

そのことによって、たとえこれまでの関係性が崩れようとも。

 

舌癌・ステージ4が事実なら、そしてそれを乗り切って今があることに一片の嘘もないのなら、こんな疑念や疑惑が持ち上がることに人として耐えられるはずがない。

 

本当のことだから世間の疑惑に答える必要がない。
本当のことだから世間には言いたいように言わせておけばいい。

 

そういう問題ではないことは、説明不要のはず。

他でもない堀さん自身が提示した「舌癌・ステージ4」の話ですから。

 

 

世間から噴出している疑惑の目や声があることを知っているのなら、外食メニューをだらだらとブログに書き連ねるその労力のすべてを、人生かけて疑惑の払拭のために費やしたらどうでしょう。

 

なぜ周囲の人間が誰一人彼女を救おうとしないのか。

それが彼女が抱える最大の「孤独」の正体かもしれないです。

 

あなたが大事だから、あなたの真実をちゃんと自分の口から話したほうがいいよ、それがどんな結果であれ自分たちはあなたを見捨てないよ。

 

なぜそう言ってあげないのか。

あるいは言っても本人がきかないのか。

 

丁寧に、わかるように、脚色抜きで真実をひとつひとつ話そうよ、そう諭してくれる家族、知人、友人、仲間たちが誰もいないとしたら、何という孤独でしょう。

 

舌癌・ステージ4が回復したことが叩かれているのじゃない。

舌癌・ステージ4がここまで劇的に回復したことが素直に信じられないのですよ、大抵の人々は。

 

 

信じることがたやすくできない、そのこと自体は罪じゃない。

 

どうして、なぜ?

 

そうなるのは当然でしょう。

 

家族や友人など多くの人が癌で亡くなっていく現実を目の当たりにしてきたら、術後わずか4ヶ月足らずで健康な人以上の気力体力を見せつけてくる「癌患者」の人に、その驚異的な回復力のなんたるやを教えて欲しいと思うのは当然のことです。

 

知りたいのはそっちの勝手、教える義務はないということは、「堀さんに限っては」言えないことは、本人が一番理解していなければいけないことではないでしょうか。

 

誰が始めた「舌癌・ステージ4物語」なのか。

わかりきっていることですから。

 

 

ロンブー淳さんが亮さんに吐いた、

 

このままで平気なのか! 

 

の言葉を、今世間の多くの人は堀さんに叫びたいのですよ。

 

お菓子をもって快気祝いをする友人の方々も冷酷ですね。この絆が切れても、彼女がこれ以上批判を浴びないよう自分が食い止めなければと思うこともない。

 

その場しのぎの、事なかれ主義。

 

お菓子より、金言を贈ってくださいよ、敦さんのように。

 

あなたは大変な思いをして病を乗り越えたんでしょ?

言いたい放題言われて悔しくないの、平気なの! 正直に全てを話すべきよ!

 

と、ロンブー敦さんの言葉を借りてでも助言、叱咤、どんな形でもいい、本人に言うべき段階に入ったのじゃないでしょうか。

 

自分ならいいます。

たとえそれで永遠に縁が切れてしまっても。

 

刹那的な時間に食事をし笑って盛り上がっても、そこに愛はありますか。

そこにあるのは「エゴとエゴの会合」でしょう。

 

 

堀さんにも一片の語るべき真実はきっとあるはず。

それを誰が引き出してくれるのか。

 

何とも切ないブログです。

 

ではまた。

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 

もっと読みたい堀ちえみ 最新記事まとめ