毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ「すっかり元気になった」発言と連日快気祝いの狙い

 

 

ころもです。

 

「このまま人生の幕を閉じていい…」

 

そんなセンセーショナルな発言で深海から浮上した、ころも的には完全に記憶の遥か彼方にいた堀ちえみさんが、「すっかり元気になった」と連日快気祝いで盛り上がっています。

 

さて、そんな不可思議な癌患者として日々疑惑を深めている堀ちえみさんの昨日の投稿を見てみましょう。

 竹内まりや風に、まいにちが〜♪スペシャル

 

元気アピールに余念のない堀さん。

一体何が真実なのか、検証をされないうちに急がなくちゃ、という焦りのようなものさえ感じられる今日このごろ。

 

枝葉末節をとりのぞき事実だけを経緯として眺めてみれば、ステージ4の癌患者が腫瘍を切除しただけで4ヶ月未満に全快した、というシンプルな現実だけが浮き彫りになっていきます。

 

さて、そんな堀さんの昨日のブログ投稿数は全部で6記事

内訳は以下のとおり。

 

・07:58 今週もラストまであと少し!

・10:13 家事の後の朝スイーツ

・14:54 お友達三人でランチ

・15:40 ランチの最中にサプライズ

・18:15 ツンデレちかちゃん

・23:28 新大久保スミね食道

 

中身を開かずとも予想できるようなタイトルばかりですが、見てみましょう。

 

 

昨日、6月20日(木)の1記事目、

・07:58 今週もラストまであと少し! タイトルでは、

 

天候挨拶のあとに、

ラジオ体操をしたら、
身体もやっと起きだします。

恐るべし!ラジオ体操です(笑)

影も形もない、ラジオ体操報告です。空画像がアップされ、

今朝は昨日の夕飯のハヤシライス。

気温が高くなったので、
夜のうちに冷蔵庫に保管しています。

なぜ毎日ほぼ残り物?

というより、朝は作らなくていいように必要以上の量を夕飯に盛り込んでいるのか。

はたまた夕食だけヘルプに任せ朝はその余剰分を使うことで、結局堀さん自身は、クックパッド投稿のお料理以外はまったく料理を作っていないとか!?

 

あれほど暇を持て余してたっぷりとスイーツ時間まで確保しているのに、子供の朝食作りに励むどころか、いかに手を抜くかを計算した朝食の連投では「ママ部門」維持も危ういのじゃないでしょうか。

 

なにせ外食ばかりで作る暇もないのが実状では?

 

一人分のハヤシライスと、夕飯を作った人と同一人物とは思えない、乾いた感じのカットレタスに、1個のゆで卵を半分にしてのせただけの雑なサラダの画像がアップされ、

 

社会人の娘真由は、
朝早くから綺麗にお化粧をして、
朝ごはんもしっかり食べて、
元気に出勤です。

「みんな元気にいってらっしゃい!」

さぁ!今日もお友だちと約束があります。

それまでに家事を頑張りましょう。

その前に愛犬みき・ちかとお散歩に行こう。

実名入りの娘は化粧をしたことまで世界に発信され、朝からプライバシー丸出しの1日がスタート。

 

 

 

昨日2記事目の、

・10:13 家事の後の朝スイーツ タイトルでは、

 

日課の掃除をこなして、
後は掃除機を掛けるだけ!

ここらでちょっと、
コーヒータイム


先日金沢の田鶴酒店さんが、
送って下さった、
烏鶏庵の烏骨鶏かすていらを、
たんぽぽコーヒーと一緒に。 

 子供の朝食は前日の残り。。

しかし自分にはとっておきのスイーツとコーヒー。

素敵です。

 

「かすていら」と書かれたお菓子が、万華鏡のような歌舞伎座のような派手派手しい柄の入った皿の上にのって画像アップ。

 

プレーンも抹茶も美味しいです

二つペロリと食べちゃいました!
 

 

ペロリ、より、再建したのに何でも食べることのできる頑強な舌をベロリと一度だけでも見せて欲しいですが、そこだけはセキュリティがしっかりしている感じ。

目一杯光があたって爪が真っ白になっていますが「抹茶かすていら」を指でつまむ画像がアップされ、

 

ありがとうございました。

次の金沢も楽しみです。

これは、お土産を期待しての「次の金沢も楽しみです」かな。

 

ここで、いつ撮ったとしても問題のない、グレーのワンちゃんとツルピカのフローリングと掃除機の先端の3つが入り込んだ「定番画像」が登場。

 

ブレイクの後は、
掃除機掛けです。

愛犬みきちゃん、
今日も掃除機を掛ける私を、
じぃーっと見に来ていました。

何か面白い事が、
この子なりにあって、
見ているんだろうなぁ。

喋る事が出来たら楽しいのに(笑)

なんて、
しょうもない事を考えたりしています。

 チリ1つないのにどうして毎回掃除機をかけているんだという抗議の姿にすら見えますが、そうはとらないでしょうね。

昨日ママ友もとこさんが、
お菓子のセットを、
自宅に持って来て下さいました!

時間がなかったみたいで、
ゆっくり話せなかったけど…

今度ゆっくり会いたいね。
大好きなLISZTです 

 他の癌ならともかく「舌癌」で闘病している「はずの」堀さんに、お菓子セットを持ってくるママ友。

 

不思議ですねぇ。

 

金沢の知人にしても仕事仲間にしても、まるで舌癌であることなど問題ないということを承知しているかのように「お菓子セット」ばかり、それも癌の大好物の糖分たっぷりのものを敢えて選んでますよね? まるで再発を促すかのようなものがズラリ。

 

本人からのリクエストでしょうか、遠隔的にブログでそれらを要求しているように受け取った上での選択なのかも。毎度スイーツを食べていることを世界発信してアピールしていますから。

 

 LISZTと表記の入った淡いブラウンに濃い茶のリボンがかかった箱の画像がアップされ、

オレンジピールと、
ピーカンナッツ。

と説明が入り、もちろんフタをあけた画像もアップ。

 

どちらも再建した舌では食べにくそう。これを選ぶって、ある意味すごい。

しかし当の本人は、

 

こちらのコレ、
大好きなのです!

食べ出すと止まりません


かなり美味しいです。

久しぶりにLISZT のお菓子食べました。

もとこさん、
ありがとうございました。

しかし…

私よく食べるわぁ。

ごはんもしっかり食べて、
スイーツも堪能して。

運動しないとね!

今痩せているうちに筋肉つけようと、
毎日いろいろとコソコソ自宅で、
トレーニングを始めています。
 

もしかしてこのお菓子、リクエストしたものでしょうか。

普段話していなければこれだけピンポイントに「大好きな」お菓子を贈ることは難しいもの。でも「なにか食べたいお菓子はありますか?」といった感じで、相手の食べたいものを電話なりラインなりで堀さんに確認したならドンピシャリで喜んでもらえるお菓子を贈ることは可能です。

 

あるいは、食べるものが大好きという印象が世界レベルで拡散しているので、食べられるお菓子であればこのぐらいの感想になるということかもしれないですが。

 
退屈そうに、いつものグレーの簡易椅子の上に佇む2匹のワンちゃん画像がここでアップされ、

 

蜂の来ないバルコニーで、
のんびり寝ているみき。

ちかもウトウト


今日もいい日です。

 

蜂が来るか来ないか、なぜわかるのか。

「蜂の巣が無くなったバルコニーで」ならわかりますが。蜂の未来の行動までわかっているような「蜂の来ない」という断定した言い方はおかしい。

 

 

 

 

昨日3記事目の

・14:54 お友達三人でランチ タイトルでは、

今日は代官山で、
お友達と三人でランチしました。 

 それにしても毎日毎日、まるでランチのために生きているような毎日ですね。

全方位ガラス張りのビルの画像がアップされ、

代官山のお洒落な、
T−SITE の中に、
今日のお店はあります。

と、一階のガラス部分に「蔦屋書店」と入ったビルを違う角度から撮影した画像が続けてアップ。

お昼頃から、
お天気が良くなってきましたね。

今度は「貴真」と書かれた店名の画像が。

テーブル上の花のアップとドリンクの画像が続けてあり、
有機野菜のサラダ。 

 から始まり、

とてもみずみずしくて、
酸味の効いたさっぱりドレッシングが、
かかっていて、
とても美味しかったです。
と再建した舌なのか旧来の舌なのか境界線の部分なのかもわからぬ、とにかく舌で感じたはずの感想をさらっと綴り、

 

三人でシェアして食べました。

と、鉄板の上にカットされた肉の塊がのっている画像が無駄に2枚アップ、

ステーキ肉と。 

のあとには鉄板の上に二つのハンバーグがのっている画像が続いてアップ。

ハンバーグ。

 今度は、鉄板ハンバーグに添えられたタレも映り込んだ画像を追加し、

おろしわさび醤油で。 

 ときて、次に、

冷やし中華です。

 と入って、その画像もアップ。

 

親の仇のように食べまくります。

 

癌患者が、同病の方に寄り添うどころか「こ〜んなに食べることができるんだよ、いいでしょう? 羨ましいでしょう?」と言っているかのよう。

 

なんなら、

 

ざまあみろ、といった言葉さえ聞こえてくるぐらい。

 

お出汁のいい香りが、
食欲を増進させてくれます。

沢山話をして、
いつもどおりに、
いっぱい笑って。

入院中にお二人は、
病院へ駆けつけて下さいました。

その時は今より話も出来なくて。

それでもそばに居て、
励ましの言葉を掛けてくれました。

すっかり元気になった私に、

「良かったね
もう大丈夫よ!」

と言ってくれました。

快気のお祝いだね〜って、
乾杯してくれて、
とても嬉しかったです。

こんな機会を作っていただいて、
それだけで感謝の気持ちでいっぱいだったのに…

 

いつもどおりに、いっぱい笑って。って久々の知人との会食なのに、「いつもどおりに」って……、いったい何が基準?
 
もうなんていうのか、本当にツッコミどころがあり過ぎ。
 
病院へ駆けつけて下さいました、とありますが、駆けつけるという表現もヘンですね。交通事故じゃなく、全国に前もって宣伝した入院ですから慌てて駆けつける必要もなく、普通に病院に見舞いにきてくれたでいいのじゃないでしょうか。
 
駆けつけるほどに心配する人なら、今の堀さんの炎上スタイルに便乗せずに、きちんと諌めるでしょう。
 
「こういうやり方は得策じゃないよ、お金より大事なものがあるよ」と、そう諭す人たちなら駆けつけるほどの友情があるかもしれないですが、この方たちはそういうジャンルの方たちじゃないとこれまでの経緯から勝手に推察してます。
 
 
しかし本題はそこじゃなく、
 
 
すっかり元気になった私に、
「良かったね もう大丈夫よ!」
と言ってくれました。
 
 
のくだり。
 
 
まだ11時間の大手術から4ヶ月しか経っていないわけです。
首のリンパに転移、そこも切除。
 
失った6割の舌の代わりに太腿組織が移植され、そのリハビリも始まってまもない段階で食道にも癌が見つかっている。
 
ある意味、闘いの真っ最中とまではいかずとも、経過観察中の身であるはず。外出ができ何でも食べることができるからといって、完治したと勘違いさせるような表現は減に慎むべきなのに、傲慢にも、
 
 
克服、と言ったり、すっかり元気に、と言ったり、常に誤解の生じる表現を好んで使うのはナゼですか?
 
 
それほど自信満々なら、仕事のオファーもたくさんきているようなことを以前話していたのですからさっそくそれら仕事に着手すればいいだけのこと。
 
ひとつ推測できるのは、
 
それが望む仕事じゃなく、病気に関するQ&Aに終始するものばかりなら躊躇するだろうなと。
 
出たいのに出られない、ジレンマだと思います。
 
それにしても「すっかり元気になった私に」のインパクトにかき消されそうになりましたが、
 
「良かったね もう大丈夫よ!」
 
と友人が断言したように語るのも激しく違和感を感じます。
 
もう大丈夫よ!って、本人の身体じゃない他人がいうべき発言ではないでしょう。
百歩譲って「もう大丈夫だよね?」という感じのお伺いならわかります。
 
でも、
 
世間的に「舌癌・ステージ4」となっている堀さんに「もう大丈夫よ!」と言い切る友人の言葉の根拠はなんでしょう。
 
まさか、そう言い切ってもいい「親しい人たちだけが知りうる」、世間の認識とはまた別の事実があるとでも言いたいのでしょうか。
 
あるいは出る料理出る料理なんでも食べ尽くす堀さんを目の当たりにして、これはもうどこからどう見ても健康体以上の食欲だわと最大の皮肉を込めて、
 
「もう大丈夫よ!」
 
と断言したのでしょうか。それはあり得ないこともないですね。
 
 
 
 

昨日4記事目の

・15:40 ランチの最中にサプライズ タイトルでは、

今日のランチを、
ご一緒させて頂いたのは、
辻沢杏子さんと渡辺めぐみちゃんでした。

お二人ともいろいろな事に、
とても知識が豊富でいらっしゃるので、
話していてとても勉強になります。

めぐちゃんからは、
筋肉を鍛えるトレーニングを、
教えてもらいました。

どこでも気が向いたら出来る、
簡単だけど効果のある筋トレも教わりました。

めぐちゃんのボディ、
凄い綺麗なんですよ!

話し込んでいたら、
まさかのサプライズ。

お店「貴真」のオーナーさんが、
ケーキを持って部屋の中に。

可愛い
 

 友人の名前を明かし、花火が2本刺さった状態で、黒い四角いプレートに丸いケーキ、その中央に茶色のクマがイチゴを抱えて座っている画像がアップされ、

 

くまさんのケーキを、
杏子さんとめぐちゃんが、
用意してくれました。

と。

 

続いてクマの部分が大きく画像アップされ、

 

くまさんもショコラで出来ているので、
食べられるそうですが、
可愛い過ぎてもったいないです。

それでもっと驚いたのは、
天井からパンという音とともに、
金箔が降ってきた事です!

天井から金箔ですよ〜
 

生まれて初めての経験ですから、
思わずこんな感じでした。 

 お肉を貪る姿しか連想できないので、くまさんショコラを「可愛すぎてもったいない」という言葉には笑いました。

 

可哀想で食べられない、じゃなく、可愛すぎてもったいない。

 

あくまで「食べる対象」としてしか見ていないということが丸わかり。

 

二人の友人に挟まれ、ケーキの置かれたテーブルを前に、横一列にならぶ三人の画像がアップ。みな上を見てそれぞれに驚きの表情を浮かべていますが、堀さん、珍しく赤っぽい口紅をしているような。

 

お店のサプライズで、
めぐちゃんは知っていたとの事!

だから一人冷静だったのね(笑)

 

天井にシルバーの丸いくす玉のようなものが見える画像がアップされてます。

この中に金箔が入っていたそうです。

のコメント後にアップされている画像は、直前の天井を見上げている画像とは並びが逆。

両脇の二人の位置が入れ替わり、中央は堀さん。これは同じ。

 

ただ、目一杯開いた目とアゴのラインが、金沢駅前の上半身画像のときの小太り感とは別人のよう。

いじりましたかね、毎回毎回、ヘアスタイルも顔そのものも変わりすぎて、等身大の今がどんな感じなのか検討もつきません。

 

混沌としたガラパゴス状態です。 

 

今日はありがとうございました。
 
とても楽しかったです

 

この言葉、二人に伝えたならブログで言う必要はないです。

 

あの「蜂の巣駆除」の業者は画像一枚ないというのに、紹介し終えたクマのケーキをここで再び画像アップし、

貴真の代官山ぷりん。

ということでこれも画像アップ。

 
天井から降ってきた金箔で、
より一層キラキラに。

このプリンは濃厚で
滑らかでとても美味しいです。

そしてナント、
今日は杏子さんのご主人様の、
ご馳走と言う事でした!

皆さまに感謝ですね。

本当に本当にありがとうございました。

杏子さん、めぐちゃん、
又近いうちにお会いしたいですね。

それまでそれぞれ健康に気を付けて、
素敵な毎日を過ごしましょう。

いつも優しさをありがとう。

 堀さんにとっては、食べ物を提供してくれた人々が”感謝の対象”であって、金スマから応援していた名もなき、スイーツを送ってくれるでもない読者や視聴者は、自慢話をする対象としての認識しかないようです。

 

少なくとも世間にはそう映っています。

 

炎上するわけです。

 

 

 

 

 昨日5記事目の
・18:15 ツンデレちかちゃん タイトルでは、

 
夕方時間があったので、
愛犬みき・ちかとお散歩をしました。

雨が降っていないうちに、
沢山歩いておこう。

…なんて歩き貯めが出来るわけでは、
ないけどね〜

お散歩は気持ちがいいです。

風が涼しい。
 
「夕方時間があったので」ということは、ルーティーンとして散歩は組み込まれていないということでしょうね。
 
バギーに乗るチカちゃんと歩くミキちゃんが一緒に映り込んだ画像がアップされ、
今朝もそうでしたが、
お散歩中ずっと楽しそうです。

るんるんるんという、
鼻歌が聞こえてきそうな感じ。

ご機嫌です。

でもちかは…

と、正面を向いているのかバギーにのった白いチカちゃんの頭部と背中だけが映り込んだ画像がアップ。

楽しいんだか、
どうなんだか?

のコメントのあとは、口を開いて舌を出し、撮影者を上目遣いに見ているグレーのミキちゃんの画像がアップされてます。

みきは笑顔。 

続く画像に映る白いチカちゃんは相変わらずの無表情。

気が向いたら、
時々私の方を、
上目遣いで見るツンデレさ!

たまらないのですよ。

明日も雨降らなきゃいいのにね〜

 で終わり。

 

 

 

昨日最終、6記事目の

・23:28 新大久保スミね食道 タイトルでは、

 

信じがたいことにまたも外食。

 

昨日メイクの趙さんに教えてもらったお店。

新大久保の、
「スミね食堂」へ行って来ました。

韓国の家庭料理のお店です。

 

店の看板画像がアップされ、

 

韓国ソウルにあるお店が、
最近新大久保に、
オープンしたそうです。

趙さんオススメなので、
早速行ってみようと思いました。

お店は地下一階にあるのですが、
階段の壁には沢山のポスターが、
貼ってあります。

 ということで、野菜を両手に持つ女性のポスター画像がアップされてます。

「この女性は誰なんだろう〜」
と子供たちと話しながら、
店内へ入りました。
「やっぱりスミね」という言葉の画像がアップされ、

 

店内は韓国の食堂風で、
まるで韓国にいるような錯覚。

と説明。

 

メニューも豊富です。

 ということでお料理のメニューが。

 

 

日本で言うお通し的な、
おかず。

チャプチェが美味しかったです。

是非ともキムチを、
味わってみたかったのですが、
手術後辛い物が苦手になってしまったので、
食べられませんでした。

子供たちも辛い物が苦手なので…

主人がいれば必ず頼んでいたでしょうね。

そしたら一口味見が出来たのですが…

ちょっと残念。
 

 

食べることへの執念がすごい。

 
甘い豆も、
柔らかくて美味しいです。

甘さをどこで感じているのか、柔らかさといった食感に関する記述、報告もあれば親切なのですが、それはナシ。

 

楓季はケジャンを。

こちらは看板メニューのようです。

 

このあとはしょうもなく料理画像が続き、

 

「ホタテです。」

「サラダも胡麻ドレッシングが、
フルーティーでさっぱりと。」

と語り、

 

カルビタンをそれぞれに頼みました。

ご飯が付いてくるのですが、
コレが一人前を、
ペロリと食べちゃいました。

トロッとした出汁は、
栄養がたっぷりです。

と。そして「オリジナル韓国海苔も。」のあとは、魚の画像がアップされ、

 

イシモチの塩焼き。

イシモチ大好きなので、
久しぶりに食べる事が出来て、
嬉しかったです!

何年か前に韓国の豊基で、
美味しいイシモチを食べたのが、
忘れられない。

懐かしいです。

 

息苦しくなるほど食べ物について語る、舌。

 

ここでキムチ炒飯の画像がアップされ、

 

キムチ炒飯。

やはりどうしても、
キムチの物が食べたくてね。

辛くないという事で、
頼みました。

あまり辛さは感じられず、
目玉焼きのトロリンとした黄身を混ぜたら、
まろやかになるので全然オッケー!

美味しかった。

大満足なスミね食堂でした。

 

 知らんがな、の言葉が思わず出るほど。

 

この方は完全に道を踏み間違えてますね。

残る擁護も敵に回すつもりなのかと思うほどの、食への貪欲さ。

 

100を体験したらそのまますべて100を吐き出さなくては気がすまないのでしょうが、人間の品格というのは、それを「取捨選択」する賢明さにこそあるということを、誰か教えてあげて下さい。

 

最後にしつこく店の看板画像が登場し、

 

オーナーさんは、
韓国の有名な女優さんだそうです。

息子楓季と娘彩月も、
喜んでいました。

趙さん、
素敵なお店をご紹介ありがとう!

 

で終わり。

好きにしたらいいです。

 

留守番をしているワンちゃんたちは何を食べているのか心配になりますが、堀さんは食べることに夢中でそれどころではないかな。

 

近ごろ、腹八分目で食べ終えようとする自分を誇らしく思うようになりました。

食べることができない人々が大勢いるこの世の中で、食べたもの全てを披露せずにはいられない病に陥ってないだけでも幸福なのだと、強く実感しています。 

 

ではまた。

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 もっと読みたい堀ちえみ 最新記事まとめ