毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ蜂の巣騒ぎで「ステージ4詐欺」ネットの疑念拡大か

 

 

ころもです。

 

昨夜の震度6強。

大変驚きました。

 

被害を受けられた地域の皆様の無事をお祈り致します。

 

津波に関しては、「より遠く」ではなく「より高い」ところを目指して避難することが重要です。また、繰り返し襲ってくることがあるので油断のないよう、警報や注意報が解除されるまでは決して海には近づかないように。

 

こんなときに大変不謹慎ではありますが、昨日の堀ちえみさんの違和感満載のブログをチェックします。

 いろいろな意味で”ジュウショウ”ということでしょう

 

昨日6月18日(火)のブログ投稿数は全部で5記事。

・07:56 検査!検査!検査!ヨシ!頑張る

・11:35 病院に行くまで

・12:11 怖いよぉ〜どうしたらいいの?

・17:32 検査全て終わりました

・19:29 夕飯の準備中にバタバタと

 

光を失った元アイドルが「自称癌ブログ」で活路を見出し取り憑かれている。世間に映る堀ちえみさんの姿はまさしく商魂たくましい「自称ステージ4?患者」という奇々怪々なるものに変容しています。

 

 

昨日投稿5記事のうち3記事目の「怖いよぉ〜どうしたらいいの?」まではこちらに記しましたので、まだの方はこちらをお読み下さい。↓↓↓

 

前半3投稿:堀ちえみ舌がん検査直前「美味しい」ジャイアントコーン貪る 

 

 

 

後半2記事について見ていきます。と

 

昨日5記事目にあたる、

・17:32 検査全て終わりました タイトルでは、

 

大学病院で本日の、
全ての検査を終えました。

リウマチ科の血液検査、
同じくリウマチ科のX線検査、
耳鼻科のエコーの検査、
そして針を刺して、
顎下腺の組織の検査。

顎下腺が腫れているので、
念の為の検査です。

これが痛かった

右の顎の下に針を刺して、
のですからね。


今日は口腔外科の診察とチェック、
クリーニングもありました。

検査の合間に、
耳鼻科とリウマチ科の診察も受けて。

でも私の場合は、
不思議な事に、
病院にいると落ち着くんですよね。

何が起きても大丈夫という、
安心感からかも知れません(笑)
 

 

病院にいると落ち着く?
 
なぜ?
 
しかし慌てることはない、その答えを自ら続けて書いています。
 
何が起きても大丈夫という、
安心感からかも知れません(笑)
 
 
 
つまり、
 
そもそもステージ4などじゃないのだから、という余裕。
世間に公表した病状とは全く違う、病院にいても恐怖や不安を感じることなく、縁側のおばあちゃん風情宜しくといった「落ち着く」表現を用いるその深層心理には、堀さんだけが知っている、そして世間には知らせていない違う「現実」があるということを示しているようにも受け取れます。
 
少なくとも、そういう推察を許す発言ですね。
 
この「何が起きても大丈夫という、安心感からかもしれません(笑)」というのは。
 
自ら発するブログ内容がヤフーニュースに掲載される優越に浸り面白がっていればこその、最後の(笑)をつける余裕。世間なんてちょろい、という文字に読めました。
 
鳥肌が立つ文章です。
 
ブログの続きはこう、
 
今日も各科の先生方、
本当に丁寧に診察をして下さいました。

顎下腺の検査と、
アレルギーの血液検査の結果は後日ですが…

後の検査は異常ありませんでした。

とりあえずホッとしました
 
舌癌ステージ4についてはどうだったのでしょう。
術後の経過、その後の治療云々にかんする全てについてはどうなのでしょう。
 
 
まさか、世の中を無駄に騒がせた「舌癌・ステージ4」は、
 
「後の検査は異常ありませんでした」の、
 
後の検査、に含まれ、それだけで報告が済まされてしまったのでしょうか。
 
後の? もしこの「後の検査」に舌癌ステージ4が組み込まれているのだとしたら、それこそ詐病疑惑が再燃するのは当然であるし、「金スマ」スタッフたちも堀ちえみさんという題材をとりあげた責任もあるのですから、この不可解、あるいは前代未聞のような驚異の上をいくような回復を特番で放送するのがいいでしょう。
 
日本人の2人に1人が癌にかかると言われるこの時代に、これほど奇跡的な回復を見せた人が、少なくとも元アイドルというわずかな灯火の芸能人ではあってもいるのですから、その方の軌跡の物語を24時間が特集する前に制作したらいいのです。
 
 
 

ブログはまだ続きます。

 
ここで、予想どおりのタリーズコーヒーの看板が画像アップされます。
 
血液検査とX線検査を終えたタイミングで、
お昼ごはんを食べました。

タリーズです!


チキンと彩り野菜の瀬戸内レモンパスタ。

サラダを付けて。
この方にとって世間の動向というものは冥王星より遠い星の出来事なのでしょう。何があっても、これから何を食べるかが優先されているように感じます。
 

そしてホットコーヒー

 

パスタのアップ画像が掲載され、
 
皆様からのコメントを読ませて頂きました!

ありがとうございます


とても勉強になりました。

呑気な私は

「なんか最近蜂が頑張って飛んでるなぁ
のどかで平和で幸せ」

と思っていたぐらいで、
まさか巣を作っているとは…

家族や愛犬が刺されていたら、
大事になってたところです。

いつから巣を作っていたんでしょうか?

昨日今日の話ではないですよね、
きっと…

でも刺されなかったし。

上手く共存出来てたのであれば、
駆除するのも可哀想に思えてきたよぉ。

でも命にも関わるほど、
恐ろしい蜂なので。
(そう、これは絶対にスズメバチです)

駆除は業者さんに、
お願いしようと思っています。

…でもこんな時間からは、
無理だろうしなぁ。

洗濯物を取り込むのどうしようかしら?
愛犬を飼っていたら、一匹のハチを見かけても恐怖を感じ、巣を作っていないかどうか上を見上げ確認してしまうでしょう、本当なら。
 
そして一度でも見上げたならば、あの大きさの蜂の巣なら気が付かないことはない。
 
見上げようともしない、のんきでいられたことの本当の意味は、それが安全なものだとわかっていたからか、もしくは、それがあることを知って対処済み、あるいはそのすべてにおいて理由がわかっているから、という判断をされても仕方ありません。
 
少しでも知識があれば、ハチの怖さはわかっているはず。
ましてや愛犬2匹は散歩よりバルコニーらしき場所で日光浴をすることが多いのだから、真っ先にその部分をチェックするもの。
 
語るに落ちるとはこのことです。

 

 

ツッコミどころ満載すぎて指が痛いですが、

 

 

昨日最終となる5記事目の

・19:29 夕飯の準備中にバタバタと  タイトルでは、

 

夕飯の準備をしていたら、
バタバタと宅配便が届きました。

と冒頭から始まり、ダンボール箱の画像がアップされ、

 

先日金沢の田鶴酒店と、
九谷焼諸江屋さんで購入した品物です。

箱から出して、
食器を洗いました。

夕飯作りのキリの良いところで届いたので、

先に荷解きをやってしまった方が、

いいかなぁと思ってネ。

田鶴酒店の女将さんが、
烏骨鶏プリンとカステラを、

送って下さいました。

金澤烏骨鶏プリン、
とても美味しいんです!

 

ときました。

もちろん、金沢のビジネス?ホテルとは違うので、烏骨鶏プリントカステラが一緒に入っている箱は画像があります。存在すれば、画像になるようですね。

 

嬉しいです

カステラもコーヒーと合うし、

明日からの楽しみが増えました!

ありがとうございます。

そうそう!我が家のバルコニーを占領した、

蜂の巣ですが…

洗濯物を取り込む為に、
皆さんのコメントアドバイスの通りに、
白い服にマスクして、
白い帽子を被って、
そろりそろりと、
取り込みましたが…

そのうち一匹の蜂のお尻が巣から見えて、

威嚇されました。

怖かった


やっぱり怖いわ。

今まで何事もなくて、
本当に良かったなぁと、
つくづく思いました。

 

これは十中八九、嘘じゃないかと推察しています。

 

プリンを画像アップし、トイレの芳香剤をアップし、このあとにもスーパーで見つけたというわさびの入った小瓶をも画像アップせずにはいられない堀さんが、

 

 

タイトルにするぐらい恐怖だった「蜂の巣」を業者に頼まず、自分で取り込んだ、つまりは外したということですよね?

 

あり得ないでしょう。

 

あったとしたら、なぜ取り外したその蜂の巣を画像に収めないのですか。収めたなら必ず、120%画像アップせずにはいられないはず。

 

でもそれはしない。

それだけはしない。

 

考えられることは一つ、

 

それが、見せられるものではないから。

あるいは、見せてしまうといけないことが発覚してしまう恐れがあるから。

 

そう想像するのがまっとうでしょう。どこにも無理がない。

 

そしてそうまでしてなぜ蜂の巣の話をしなければいけないのか。

そんなまわりくどい、面倒な小話をナゼにする必要があるのかという反論があるとしたら、きっとこういう答えがいいかもしれません。

 

それによって、舌癌の検査結果からいっときでも、あるいは今現在でも注目がそれませんでしたかと。

 

昨日のタイトルの流れを今一度見て下さい。

 

 

・07:56 検査!検査!検査!ヨシ!頑張る

・11:35 病院に行くまで

・12:11 怖いよぉ〜どうしたらいいの?

 

前半3記事のタイトルですが、

 

今日は検査があるのかと読者はまず思います。そして、病院に行くまでとあるので、さぞかし不安な面持ちでいることだろうと想像たくましくしたかたもいることでしょう。

 

検査結果は大丈夫だろうかと真剣に心配された方もいるかもしれません、そんな流れのなかで、

 

怖いよぉ〜どうしたらいいの?

 

というタイトルを見たら、ほとんどの人は検査についてのことだと思うでしょう。

またなにか病気が発見されたのではないか。

大変なことが起こったのじゃないかと慌てて堀さんのブログを読んだかもしれません。

  

そして、それこそが蜂の巣の目的と思います。

 

本来なら蜂の巣とわかってからブログ記事を作成投稿しているのですから、タイトルには「蜂の巣発見!」がふさわしいはず。ひねりはいらない。

 

でも、それではせっかくの検査の流れにインパクトが与えられない。蜂の巣という回答を先に出すのではなく、内容を読んでもらうため、ページビューを一つでも多くしてブログアクセスによる収益を増やすためには、アメブロのオフィシャルでやっている芸能人にとっては、つまり堀さんにとっての旨味は、PV数を増やすこと、これに尽きるということで炎上狙いのタイトルをつける策が取られたと、そういうことになるかと個人的に推察を深めています。

 

事実、相当増えたことでしょう。

ヤフーニュースにも掲載されたので、なおのこと。

 

大事なのは次に食べるもの。

なのでヤフコメの内容など意に介さないと思われます。

 

 

なにせ、

 

ヤフーニュースにまで取り上げられた、くだらなすぎる「蜂の巣」の件がありながら、そしてそんな大騒ぎをした怖いはずの蜂の巣を結局は、他人をかまさず、自分で解決したことにし、これまでのどんなものより画像にする価値がある「蜂の巣」を、その片鱗すら画像アップしない終わり方。

 

これで納得する方がいるとしたら、それは協力者としか思えませんね。

そのぐらいの滑稽な、なんとも詰めの甘い集客作戦ということになってしまう。

 

どこにでもあるわさびの瓶詰めを大画像で2枚連続でアップする堀さんが、苦手で悲鳴まであげ、自宅にいない子供たちに連絡してまで大騒ぎした蜂の巣の対処を、業者にまかせることもなく、自分自身で対処したなら、その大捕物帖の末に獲得した「蜂の巣」画像をあげないということはあり得ない。

 

あり得ないのですよ、どう考えても。

 

蜂の巣の外見だけは発見した記述のときに画像アップしたようですが、その蜂の巣を獲得したといって丁寧に画像アップしたら、どんな検証をされてしまうかわからない。

 

それを恐れるがゆえに、手元に「なんちゃって、蜂の巣」があったとしても掲載することだけは出来なかったのだろうという見方が現実に近い解釈と思います。

 

今日スーパーで、
こんな物を見つけて、
一品に添えたい!

 

蜂の巣はのせなくとも、わさび入りの小瓶は画像アップします。中身をスプーンですくい取ったバージョンまで続けて画像アップ。

 

 

わさビーズ。

どんな感じなんだろう。

 

失笑しかありません。

 

とっとと忘れたい、という舌癌に関する発言が過去ありましたが、

 

正しくは、世間に対して、

 

とっとと忘れてよ!舌癌のことなんて!

 

 

と叫びたいのでしょう。

それを言えないからこそのフラストレーションはあるかもしれません。

 

全ては推察の域を出ないですが、疑惑の根拠となるすべては堀さん自身が記述したブログが元になっていることを付け加えておきます。

 

 

大変なことになってきましたね。

 

ではまた。

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 

追記:今朝のブログ投稿を読み、「蜂の巣」駆除解釈に勘違いがあったことがわかりました。訂正のうえお詫び申し上げますm(_ _)m。

 

 

もっと読みたい堀ちえみ 最新記事まとめ 

 

ー関連記事ー

大地震に備えろ!状況別「危機回避」で大災害を生き延びる

30年以内に震度6弱以上の大地震が起こる危険地域はどこ!?