毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

小泉今日子 豊原功補と現在は別居!?離婚調停まであと1年か

 

 

ころもです。

 

キョンキョンの鼻がときどき夏木マリさんの鼻に見えます。

 

そんなことはどうでもいいのですが、惜しいですね、小泉今日子さん。今は豊原功補さんを全力でサポートして露出もない。

 

ドラマ『最後から二番目の恋』なんて最高におもしろかったのに、なんだか気がついたらこんなことになって…、人生何があるかわらないものです。

 

いつだったか「ボクらの時代」で飯島直子さんとYOUさんと小泉今日子さんの3人が出ていて中井貴一さんのことを素敵だと話してましたが、豊原功補さんかぁ。

 

彼の「あの不可思議会見」からすでに1年3ヶ月の歳月が流れたのですね。

 

2人は今どういう状況なのでしょう。

 奥さんにしてみたらたまらない

 

本日07:37に更新された『女性自身』に、小泉今日子さんと豊原功補さんが同棲を解消したという記載がありました。

 

舞台関係者は、

「昨年末から小泉さんの“お節介焼き”が原因でよくケンカするようになったようです。彼女は裏方として豊原さんの出演する舞台をプロデュースしてきましたが、今回の舞台に向けてお互いの考えがぶつかり合い激しい言い争いになったんだとか。2人は私生活でもパートナーなので、24時間365日ベッタリ一緒。さらに小泉さんが豊原さんの仕事以外のことにも口を挟んでくることが増えたそうです。そんな生活が続き、豊原さんが『いい加減にしてくれ!』と猛反発。束縛のキツさに耐えられなくなってきたようです」

 と記事のなかで証言していますが、

 

どういう関係者なら、こういう具体的な内容まで知りうる立場にあるのでしょう。

 

この内容から推測するに、この「舞台関係者」は豊原さん側の人物でしょうか。お酒の席で愚痴られたことをそのまま流しているような感じ。

 

決定打は「束縛のキツさに耐えられなくなってきたようです」という言いかた。これは豊原さんからダイレクトに愚痴をこぼされている人が口にするなら非常に自然な口調に思うので。

 

記事では小泉さんが、恋人である豊原さんの舞台の裏方として甲斐甲斐しく働いているものの、大ゲンカの末に最近ふたりが同棲を解消したことを親しい知人が明かしたと、そう伝えています。

 

今年に入って小泉さんの自宅マンションから豊原さんが出ていき、歩いて10分ほどのところに「仕事部屋」として新しいマンションを借りたのだとか。

 

小泉さんは企画、脚本、演出、出演の4役を務める豊原さんの舞台の裏方として忙しくしているようですが、そもそも小泉さんはその舞台を企画した制作会社の社長さんというではないですか。

 

それなら恋人の応援であることもそうでしょうが、社長ということで力の入れ方も半端じゃないというのもわかります。完全に裏方になりきっている様子は差し入れのダンボールや機材を運んでいる、全くオーラの消えたキョンキョンの写真が如実に物語ってもいました。

 

ただ、冷静に考えれば豊原さんには奥さんがいるのですよね。

 

その変どうなっていくのかと思っていたら、

 

「豊原さんはあと1年ほどで奥さんとの別居生活5年目を迎えます。一般的に、離婚調停で婚姻関係の破綻が認められるのは、5年以上の別居ケースが多いんです。小泉さんは本格的に女優復帰する20年までに、豊原さんが“何らかの決着”をつけることを望んでいるといいます」

 (前出・知人)

という証言が記事中に。

 

なんとあと1年で婚姻関係の破綻が認められるという段階にあるようです。

それまでの我慢、忍耐ということか。

 

本格的な女優復帰を2020年にするということは、それまではいたずらに本妻を刺激しないでおこうという算段なのでしょう。

 

たしかに刺激をしていいことはなさそうですが、そうやって考えてみると、女優業を差し控えてもこの関係の継続、果ては結婚ということを目指しているのだとしたら、逆にその計画を阻止しようと奥様が判を押さないなんてこともあるかもしれないですね。

 

女優としての小泉今日子さんが見たいですが、いっぽうでこういうキョンキョンの未来はなんというのか……予想外でした。

 

幻滅したファンも大変多かったでしょうし、世の奥様方を敵に回したことも事実でしょう。

 

女優としての才能を買ってはいたものの、奥様がいる人との交際関係をあれほど堂々と発表したことでだいぶ自分の中での評価は下がりました。

 

未来は誰にもわからないですね。

 

ではまた。

(出典・引用元:『女性自身』5/21 0:06配信)