毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ無神経ブログに「本当にガン!?」広がる詐病疑惑の声

 

 

ころもです。

 

真実が何かなど、赤の他人が知りうるはずもない。

 

読み手は発信者の言動によってしか真実を知りうる手段がないのだから、もし誤解されるようなことがあるならそれは、解釈する人間側の問題というよりは発信する側の未熟さと不誠実さにこそ原因があるとみるべきでしょう。

 

今、堀さんのブログをもとに作成された記事がヤフーニュースに掲載されるたび、コメント欄に「本当にガンなのか」という疑いの声が湧き上がっています。

 

彼らは暇人なのでしょうか、それとも妄想癖があるのでしょうか。

 

違いますよね。

 

堀さんの放つブログの言動から見えてくる現実が、世間を、読者を、応援してきた人々たちをことごとく迷路に誘い、詐病疑惑を持つまでに育ててしまった。

そうですよね?

 あまりに読者を舐めすぎた投稿の連続に…

 

まぁ、本当にこれが舌がんステージ4患者の実態なのだとしたら、これほど明るい人類の未来はないのですが、

 

もしそれが事実に反しているのだとしたら、見た夢が大きかっただけに、より大きな悲しみがガン闘病中の患者さんに広がってしまうのじゃないでしょうか。

 

つまり、ブログに好き勝手書くのは個人の自由でしょという立場ではないということを、自ら企画持ち込みで『金スマ』を使ってのガン公表をした堀さんには再度自覚して頂く必要があるということです。

 

さて、詐病疑惑まで持ち上がるようになってしまった堀さんの自慢ブログ。見なけりゃいいのにミステリー好きなため、毎度のぞいてしまいます。

 

舌がんステージ4に加え、食道がんにも罹患している堀さんの昨日のブログ更新回数は5回

 

08:04「元気だして行こう!月曜日です」

11:42「日々充実」

14:32「今日も神楽坂へ」

17:40「娘彩月のご飯茶碗」

21:17「久しぶりに作りました!!!」

 

そして今朝は08:07に「雨が降る朝 大変だけど」タイトルがすでに更新されています。

 

”ブロガーのよう”ではなく、すでにこれはバリバリのブロガーといっていいでしょう。日常のついでの投稿といったレベルじゃなく、投稿のための日常といって差し支えないと思うほど。

 

とはいえ、

 

これが闘病にあたって自分を鼓舞するための必要なことならそれはそれで意義あることなのでしょうが、この絵日記のようなブログが注目を浴びた理由が『金スマ』を使ってのガン公表というところに端を発するため、アクセスが集まった、ヤッターで終わることはいかないし、不実と叩かれるのです。

 

それは当然でしょう。

 

人様の「情」に訴えかけて集めたアクセス数なら、その情が集まった根源的な「舌がんの経過、情報」についてのシェアを待たれても仕方のないことです。

 

膨大な更新数のどこかに舌がんに関する「貴重な情報」はないかとブログを訪ねる人もいるはず。昨日のブログにはなにか舌がんに関する記述あるでしょうか。

見てみます。

 

 

昨日、5/20 月曜日のブログはこんな感じ

 

先にあげた5記事の1記事目、

・「元気出して行こう!月曜日です」タイトルでは、

今朝は起きてすぐに、
首のストレッチから始めました。

寝方が悪かったのか、
寝ている間に冷えたのか、
少し首が凝り固まっていました。

こういう時は、
直ぐにストレッチをした方がいいので、
朝一番にやります。

そして身体が温まったところで、
朝ごはんの準備を始めました。

 朝の挨拶のあとに珍しく身体についての記述があり、朝食の「肉もやしうどん」の画像がアップされています。

高校生の娘の実名を出し、朝早くの登校が続いていることを報告。

でも、誰への報告?

 

 

 

2記事目の

・「日々充実」タイトルでは、

散り始めた庭の薔薇の話と、その薔薇と家の外壁の写り込んだ画像をアップ。そして、

母の日に息子あきひろに貰った、
アレンジ花も何とか頑張ってくれています。
(左手前のカラフルな花)

こちらの花々のお手入れも、
毎日しています。

花に囲まれた生活は、
とても贅沢ですね。

沢山のエネルギーを頂いています。
ということで、花の画像をアップ。
 
息子の実名を敢えて入れるのは、子供たちのなかで競わせる狙いでもあるのか。

さらに実況中継のように、

そして掃除機を掛けて。

家の中も綺麗にしましょう。

愛犬みきが掃除している私を、
こっそりと椅子の下で見ていました(笑)

可愛い

掃除機の後は、玄関・トイレ・お風呂の掃除。

午前中の早い時間に、
済ませてしまいました。

お昼ごはんまで少し休憩です。

愛犬みきとちかと、
日向ぼっこの時間。

 掃除機と床の画像、愛犬たちの画像もアップ。

1日の最後に掃除をしたことを書くだけで十分じゃないでしょうか、というか、当たり前の掃除を特別感満載に、しかもリアルタイムのようにアップする意味が皆目わからない。ワンちゃんは可愛いですが。

日々充実。

どんな日も
自分なりに充実。

最高の一日です
で終わり。
 
 
 

3記事目の

・「今日も神楽坂へ」タイトルでは、 
今日も神楽坂へ行ってきました。

用事を済ませて一人でランチ


行きつけのお店です。
 

 という冒頭コメントの下に店の表札が画像アップされ、

「山せみ」

神楽坂の中でも、
行きつけのお蕎麦やさんは何軒かありますが、
こちらは一人でもふらりと、
入りやすいお店です。

味はもちろん、
雰囲気も素敵

 どうやら「彩り三種そば」を食べたようです。

画像もしっかりアップ。

気温も上がってきたので、
冷たい蕎麦の方がいいですね。

のあと、
つるりとした蕎麦は、
喉越しも良く最高


最後に蕎麦湯で、
お腹を温めて。
 
とさらり書いてますが、 
これ、説明が要るでしょう。
 
蕎麦ですよ、蕎麦。
流し込んで飲むものと違って、前歯と舌を何度か使いますよね。再建した舌の具合はどうですか。きちんと機能してますか。味は?痛みは?違和感は?
 
喉越しも良く最高って…
 
「も」というからには、喉以外のどこかも調子がいいということですよね?
それって舌? それとも味そのもの? 不親切だなぁ。
 
こういうところですよ、食べたなら術後の舌の感想を書かないと。それ抜きで堀さんの食べたものを知る意味などほぼ無いのですから。
食後は「お店を出てから、ぶらっとお散歩をしました」とあり、「昨日の夜見た景色と同じなんだけど、全然違うね。落ち着く場所の、ひとつです」のコメントで終わり。
 
そうなんです、堀さんは一昨日の夜も神楽坂で外食。それでは物足りなかったのか、昨日もランチを食べるため1人で出かけたのです。
 
家でじっとしていられないのでしょうか。
とにかく外へ、とにかく人混みへという感じ。
 
1人でじっとしていると不安に駆られる状況なのかもしれないですね。
 
 
 

4記事目の

・「娘彩月のご飯茶碗」タイトルでは、
 
皆様、娘彩月のお誕生日に、
おめでとうコメントを頂きまして、
ありがとうございました

本人も大変喜んでいます。

青春真っ只中。

青春を思い切り、
謳歌して貰いたいなと、
思う母でございます(笑)

ところで先々週、
彩月のご飯茶碗を、
誤って割ってしまいました

手から滑って床に落としちゃったのです。

その間、
代理のお茶碗を使っていました。

お茶碗が仮の状態だと、
落ち着かないだろうなとは、
分かっていましたが、
なかなかいいお茶碗が見つからずに、
今日に至ってしまっています。

今日こそは素敵なお茶碗を見つけなければと、
神楽坂の丸岡陶苑に行って来ました。


どうせ新しいお茶碗にするならば、
お誕生日の今日から使えたらキリもいいし、
何となくラッキーな感じもするなぁ〜なんて。
と、冒頭から相当の量を娘さんのご飯茶碗に費やしています。
 
癌患者の方がなにかためになる情報はないかと思ってこの長い、見たことも会ったこともないお嬢さんの茶碗の話を読み切る虚しさ、いらだち、腹立たしさ、お察しします。
 
この後も延々と茶碗の話は続き、茶碗以外に気に入った小鉢と皿も見つけたということで画像アップ。
 
う〜〜〜〜〜ん。
 
 
そして昨日最終となる5記事目、
・「久しぶりに作りました!!!」タイトルでは、
 
メインは久しぶりに、
ロールキャベツを作りました

私は一個ですが、
子供たちは二個ずつです。

とあり、3人分の食卓画像がアップされています。

他人の食卓ですが、ブロッコリーとカリフラワーをサラダに添えず独立した小鉢に持ってますが、まさか、品数を多く見せるためにわざと分離させてますか!?

一緒にしてエキストラバージンオリーブオイルをかけたりしたほうがいいように思うのですが、そういうことより品数重視ということなのか、ま、些末なことですが。

 

多少は食事の大切さをわかってきたのか、

ブロッコリーとカリフラワー
冷奴
鶏のささみとキャベツを茹でた物
夏サラダ

十六穀米
大根と人参の味噌汁

 という内容。

 

しかしいつも思うのは、きのこ類がないですね。

きのこ大事です。海藻類も。
レタスより、キャベツと玉ねぎを使ったサラダのほうが栄養面でもいい。

 

小姑のようで申し訳ないですが。

さらに、

この「香ばしごまぽんず」

万能です

 とドレッシングを画像アップ。

「何にでも合うし、クリーミーで美味しい」と。

 

三人でいろいろ話をしながらの夕飯でした。

子供たちがロールキャベツ美味しい!
って、
喜んでくれました。

よかった


食べ終わったら、
みんなで後片付け。

さぁ!明日も素敵に過ごそう

食べた「もの」じゃなく、食べた「舌の感想」が欲しいんです。

 

話をしながらというのも、ざっくりしてますね。
皆の前には出られないと仕事を断るほどの状況なのに、子供たちと「いろいろ話をしながら」という下りはどうしてもツッコミをしたくなります。

 

子供たちの話を楽しく聞きながら、ならわかるのですが、色々話をしながらということになると、堀さんもその中にしっかり入って問題なくコミュニケーションが取れているように解釈できますが、そのへんの設定大丈夫ですか。 

こんな感じで、昨日5記事のなかに「再建した舌の様子がわかる記述はありません」でした。1記事目の首のストレッチ部分だけかな、それらしいところは。

 

 

今朝は、「雨が降る朝 大変だけど」タイトルを8:07に更新。

 
朝ごはんは親子丼です。

昨日の夜に煮込んでおいた物を、
温め直して卵でとじました。

なので朝は楽チンでしたよ


雨が降る中 大変だけど。

足下気をつけて
「いってらっしゃい!」

主人も大学生の息子楓季も、
高校生の娘彩月もそれぞれに、
出て行きました。

とりあえず白檀のお香を焚いて、
リラックスしましょう。

と、食欲は朝から旺盛のようです。

 

しかし触れないなぁ。

 

まったくの普通食か、それ以上にハードなものを食べているのだから、それを食べての舌の感想ぐらい書けばいいのに、意地でも書かないと決めているかのごとく書かない。

 

舌がんで浮上したのですから、そのことについて触れないなんておかしすぎます。

 

食の入り口に必ず立ちはだかる「舌」。

 

その6割が本来の舌ではなく、太ももの組織から再建されたものであるということは大変なことだと思うのに、難なく食べることができているふうの食べログリポートは、あんの入ってない鯛焼きぐらいふざけている。

 

これでは批判は免れない。

 

何を食べてもいいのです。

ただ、舌の状態は抱き合わせて書きましょうよ。

 

それあっての今のアクセスのはずですから。

 

ではまた。

 

もっと読みたい
堀ちえみ 最新記事まとめ