毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ昼は外食で豚の生姜焼き!夜も外食でイカゲソ唐揚げ

 

 

ころもです。

 

情報が錯綜している。

 

というか、堀ちえみさん本人が読者を翻弄させて喜んでいるという感じ。

 

とにかくよく食べよく動く。

 

これが病気知らずの健康体の方なら何の違和感も不審もないのですが、つい3ヶ月前に生きるか死ぬかでメディアを使い大騒ぎをした方だけにアンビリバボー。

 

いったい病院で何が行われたら退院後にこんな食生活が可能になるのか。
最大の疑問はまずその「食」の尋常じゃない量と中身に集中。

 

ガンはガンでも「舌」と「食道」という食べることに直結する部位だけに、なおのこと、その舌と食道を通過する食べ物の「質と量の多さ」に度肝を抜かれるのです。

 

それにしてもブロガーで食べていくことに決めたのか、連日の更新数がこれまた多い。これでは療養する暇なんてないのじゃないかと思うほど。

 

昨日(日曜)はなんと7回ブログを更新!

 

精力的なのはいいことですが、これがステージ4のがん患者であることが世間をざわつかせているわけです。

 

しかし当の本人はどこ吹く風で、むしろ批判を追い風に勢いづいているのが凄い!

 

昨日はなんと合計で7回ブログを更新しているわけで、心底元気なのか、鶴の機織り状態で鞭打つ状態なのか、心理的にも物理的にも不透明なところです。

 

それにしても堀さん、外食に次ぐ外食で体は大丈夫なのでしょうか。

 

食に対する知識がわずかでもあれば、塩分過多、さまざまな状況から健康な人でも外食のデメリットをかんがみて頻度を抑えようとするものですが、そういう気づかいや努力が不要な状況下に実は入っているということなのでしょうか。

 

そうでもなければとうてい理解できない食生活が続いているので、つい勘ぐってしまいます。

 

昨日の14:07に更新された「素材にこだわったごはん」タイトルのなかでは、

前から気になっていた料理屋さん。

つくる。

今日初めて主人と行ってみました。

と冒頭にあり、

主人も私も、
生姜焼き土鍋セットを注文しました。

 ということで画像がアップされ、

飛騨旨豚の生姜焼き。

とてもジューシーで柔らかくて、

素材にこだわりを感じます。

と触感があることを思わせる記述があり、デザートはミルクプリンであることも紹介。「リピート間違いなしのお店です」と褒めて終わり。

 

その後、16;48に更新された「心が穏やかになれる癒やしのテーマパーク」タイトルでは、

 

入院中にテレビで情報を得て、
退院したら行ってみたい!
と思っていたテーマパーク、
「ムーミンバレー」に、
行って来ました。

ということで、埼玉県飯能市にあるムーミンバレーへ行ったことを報告。ムーミン屋敷の様子やショーの画像があり、

主人と二人で穏やかな時間を過ごせました。 

ということでボーッと過ごせたことを綴って終わり。
 
 

続く、18:51に更新された「ムーミン村でカフェ」タイトルでは、

 

沢山歩いたら喉が渇いたので、

お茶を飲みました。

どのカフェもとても良さそうなので、

悩みますね。

という冒頭で始まり、

パフェはブラウニー&コーヒーゼリーを、

食べました。

とカフェの様子を記述。

この回では、

ソフトクリームの下には、
コーヒーゼリーとグラノーラが入っています。

思っていたよりも、
食べ応えがありましたよ
ウインクウインクウインク


久しぶりにグラノーラを食べましたが…
今の私にはまだまだグラノーラは、

ハードルが高かったです。

唇を何回も噛んじゃいました(笑)

 

その度に私が「イデデデデッ」と言って、
主人と大笑いしてました。

病気の事もこうやって少しずつ、

笑い飛ばせるようになってきました。

 と、まるですべての癌が綺麗さっぱり消え去って完治したような錯覚に陥る記述が。

 

笑い飛ばせる?

 

どんな検査結果が出たらそんな心境になれるのですか。
なにか読者に隠し事でもしてますか!?

 

その後アイスティーを頼んだようで画像もアップされ、

 

アイスティーが入っているグラスが、

とても素敵でした。

お日様の光に反射した氷が、
キラキラ光って。


そんな氷をストローで、

くるくるとかき混ぜながら、
幸せだなって思った。

 というコメントがあり、終わり。

 

幸せであることを言い続けなくてはいけない強迫観念があるよう。誰かに向けて常にそれを発信し続けている。

そういった印象です。

 

22:05に更新された「気になっていたお寿司屋さん」タイトルでは、

社会人の息子あきひろと、
社会人の娘真由は明日仕事なので、
それぞれ帰りました。

「明日から仕事だ!」
と二人とも気合いを入れています。

近いうちに又帰って来てね!

そして主人と息子楓季の三人で、
夕飯を食べに行きました。

神楽坂をぶらぶら歩いて、
何を食べようかと悩み…

 いったい誰に教えてるのでしょう、この情報。

発信するには目的があるはずですから、子供たちの実名入りの報告をしなくてはいけない相手がいるのだと勝手に推察しています。

 

誰が今どういう状況か。

堀さんのブログは世界発信という意識は抜け落ちていて、とにかく特定の「誰か」に向けてアピールしている。更新のたびにそれを実感しています。

 

前から気になっていたお寿司屋さんに、
入る事にしました。

メイン通りにあるお店です。

ということで、「杉玉」という店の名前がわかる正面画像を貼付。

創作寿司の店であることを紹介し、
 
ハマチの胡麻醤油和え、ざく切りキャベツチーズポン酢、キャビア寿司、極み海のフォアグラ雲丹バター炙りの握り、あおさの赤出汁、さらにはイカゲソの唐揚げと、いくら鬼おろしの画像をそれぞれアップ。
 
再建した舌の堀さんがこれら注文したメニューのどれをどれだけ食べたかはわからず、なんとも言えないですが、画像アップのあとには、
 
お寿司も沢山食べた楓季は、
最後の最後に〆として、
鯛出汁ラーメンを食べました


やはり10代の男子は沢山食べますね。


沢山食べられるのはいい事です。

明日から大学とバイト頑張ってね。

あっ!
洗濯干しとゴミ出しもよろしく

娘彩月もディズニーランドから、
無事に帰宅しました。

これから楽しかった話を、
いろいろと聞いてワクワクしよう


明日も素敵に過ごしたいです
 
とコメントが。
 
どれだけ食べることができたかどうか読者は確認のしようもないので、とにかく全体の印象としては「想い出づくりに励んでいる」という感じに見えてきました。
 
不思議なのは、
 
明日も素敵に過ごしたいです、の「素敵に」という表現というか考え方です。
 
有意義に過ごしたいならわかるのですが、「素敵に」というのはちょっと…。
 
何につけ表現が気取ってしまうのは、堀さん自身が「自分が世間からどれほどみじめな状況だと思われているかを実は自覚している」からに他ならないからではないかと、そう想像しています。
 
生き急いでいる。
 
後半のブログ内容についての率直な感想です。
 
そういえば、今日の日刊スポーツの記事で、
 
「声優 小笠原早紀 ステージ1 舌がん告白…幸い早期発見」
 
という見出しがありました。
 
この方はステージ1,堀さんはステージ4。
 
早期発見の小笠原早紀さんが今後どのような食生活になっていくのかが気になるところです。
 
ではまた。
 
 (引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 

もっと読みたい
堀ちえみ 最新記事まとめ