毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ 食べられないものはない!?舌癌も食道癌もクリアか

 

 

ころもです。

 

見なきゃいいのにまた見てしまいました。

もはや、この世に堀ちえみさんが食べることのできないものなど何もないのじゃないかと、そう思うほどの食べっぷりがブログに綴られています。

 

何度も言わせて下さい。

 

本当に、舌がんと食道がんを患っているのですか!?

 「食べることがすべて」のようなブログに完敗

 

怖いもの見たさにまたも覗いてしまった堀さんのブログ。

ここにきて更新頻度も高く、

 

今日だけですでに5記事更新しています(午後10時15分現在で)。

毎回ヤフーニュースに掲載されてますから相当のブログ収入でしょう。

 

食欲だけじゃなく、笑いも止まらないかも。

 

病気のことを知らないでこのブログを読んだとしたら、

誰よりも元気だし、誰よりも精力的な人だと心から思うでしょう。

 

・・・

 

この一言申さずにはいられない外出頻度は、時間がないことを暗に示しているのでしょうか。

 

健康祈願をするいっぽうで、がん患者である堀さんがスイーツまみれの暴飲暴食をやめないのは、それが限りあるものだと誰よりわかっているゆえの、せめてもの抵抗、願望、癒やしなのでしょうか。

 

真実を知ることはできないですから、そういうことなのだと推量するしかありません。

 

1日に摂取しているカロリー量がものすごいことになっているのじゃないかと思うのですが、これは次の入院、手術を想定して体力づくりのための体重増加を目指しているのでしょうか。

 

わからないですね、本当に、本当にわからない。
どこに真実があるのでしょう。

 

病状と治療に関しては沈黙、食については雄弁の不思議

 

主人と、
お昼ごはんは卵料理が食べたいね!
って話になりましたが…

冷蔵庫の中の卵は朝ごはんの時に使い切り、
なくなってしまいました。

今日こそスーパーで食材を買わないと、
冷蔵庫の中は調味料以外、
ほとんど空っぽ状態です

 昼過ぎのブログの一部コメントです。

そう、この後は外食に関する記述です。

 

堀さんにとっての「健康でありますように」」というのは、お天気の挨拶程度の理解なのかもしれません。

 

と言う訳で、
ランチは卵料理のお店、
池袋eggに行きました。

 と、休日で賑わっているだろうに、池袋で外食。

 

家でじっとしていることがない「本当の理由」はわからないですが、通常はそうしたくても体力的に厳しくて実行できないわけですから、まだまだ体力はあるし、そればかりか食欲も健在というか普通の人以上にあるのは間違いないとブログから読み取ることができます。

 

食べるという行為をもっとも阻害するのじゃないかと思われる病気に二つも罹患しているのにこの食欲、それは不信感が読者の中で広がっていくはずです。

 

舌、そして、食道の癌。

 

なのに、誰よりも多くの量を食べているよう。
人間の体の不思議、あるいは間違った情報をそもそも受け取らされているのか。

 

そろそろ記者会見を開いて、撒いたタネを刈り取ってもいいように思いますが、同期会も集めてと声をかけたはいいがGOサインを出していないようなので、記者会見は当分ないのでしょうね。

 

上に乗っているホワイトチェダーチーズと、

卵を絡めて食べるブリオッシュは、
もう最高です

 

舌がんステージ4で舌を6割も切除し、再建して2ヶ月ちょっとしか経ってない人の口から「もう最高です」と聞いても頭がついていきません。

 

このあとアイスティー、そして今回のデザートはエッグタルト。

 

主治医から好きなものを好きなだけ食べていいと推奨されているレベルの食べ方に思えてきましたが、ご主人も止めないところをみると、そういうことなのか!?

 

食事を楽しみながら、
夫婦でたくさん話をしました。

いつも優しい主人。

主人の包容力に身を委ねていけば、
全てうまく乗り越えられそうな気がします。

 

結婚した途端に旦那のことを「主人、主人」といいたがる芸能人はたまにいますが、堀さんも取り憑かれたように「主人、主人」を連発しますね。
 
なんだか気味が悪い。
 
これだけ連発されると、嫌味以外のなにものでもない。
 
いつも優しい主人?
 
大変申し訳ないですが3度目の結婚をした方がいうには説得力のないセリフだし、これまでの方達に対しても失礼すぎる。
 
こういうところですよ、堀さん。
 

 明日は何を食べるのか、気になる自分がいます。

ではまた。

 

(参考:引用:堀ちえみオフィシャルブログより) 

 

もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ