毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ大阪からママ友が上京!うな重を食べ3時間トーク

 

 

ころもです。

 

本当に食べることが大好きなのですね、堀ちえみさん。

食べることが全てに勝る「原動力」のように見えます。

 

スーパーボランティアの尾畑さんは、食べたいものを食べるのじゃなく、身体にいいものを食べるんだと、粗食である理由をいつだったか語っていたように思いますが、そんな生き方は堀さんには異次元の世界なのかな。

 

アメブロ芸能人・有名人ブログで現在2位のようですが、これまでのアメブロの上位者のブログ収入から類推すれば、堀さんのブログ月収はサラリーマンの年収ぐらいは軽くいってるのじゃないでしょうか。

 

それはどれだけ炎上しようが、毎日の更新はやめられないでしょう。
しかし意地になっているとしか思えないこのブログ投稿、食道がんで入院、そして退院後から以前にもまして展開が早いような気がするのは気のせい?

 

直近に更新されたブログを覗いてみると、なんだか深読みしてしまう自分がいます。

 普通の人以上のアクティブさ、もはや病人とは思えない

 

朝ごはんを食べて社会人の息子あきひろは、
友達と旅行に出かけました。

大学生の息子尋紀と楓季が、
春夏物の洋服が欲しいという事で、
これから主人が連れて、
ショッピングです。

社会人の娘真由と娘彩月も、

「一緒に付いて行く!」

と盛り上がりまして…

みんなで出かける事になりました。
 
今日私は用事がありますので、
主人に任せる事にしました。

 幼稚園の子供だったらいいというわけではないですが、思春期の多感な年頃の子供たちの本日の予定が名前付きで綴られています。

 

娘や息子という表現だけではダメなのでしょうか。
それとも、名前を売り込まなくちゃいけない理由でもあるのか。

 

今日私は用事がありますので、

 

本当に1日家でじっと身体を休めるということがないのですね。
ステージに関係なく、わずか二ヶ月ちょっとの間に二つの癌で入退院、手術までしているというのに横になるという感じがまるでない。

 

ドクターが凄いのか、堀さんの治癒力が凄まじいのか、何かが大げさなのか、この部分は今後もずっと謎のままにしたほうがいいというブログ的な判断もあるのかもと疑ってしまいます。

 

忙しいのに会いにきてくれたのは…

 

堀さんの病状が本当はどういったものなのか。
これまでのブログ内容をいくら読んでも正しく読み取れる人はまずいないのじゃないかと思うわけですが、

 

今日は大阪から、
ママ友の薫ちゃん親子が、
会いに来てくれました
ニコニコニコニコニコニコ

薫ちゃんとは、
長男同士が同じ幼稚園で、
その頃からのお付き合いです。

もう25年のお付き合いです。

私が病気になり、
とても心配してくれていました。

「顔が見たい!会いたい!」
と、
忙しい中とんで来てくれました新幹線新幹線新幹線


とても嬉しかったです。

夕方には大阪に戻らなくてはいけないので、
ランチを食べながら三時間
ほど、
をしました。 

 

という「25年のお付き合い」というタイトルの投稿(15:07更新)を読んで、なんとも不穏なものを感じました。
 
食べたいものを好きなだけ食べ、行きたいところへヘリを使ってまで赴き、お世話になった女将さん、はたまた誕生会という名目ではありましたが、沢山の親族が集まっての中華料理、そして25年の付き合いだというママ友が忙しいなか「顔が見たい!会いたい!」ということで上京、うな重を食べながらのランチトーク。
 
 

まるで終活をしているようではないですか。

 
1つ不思議なのは、舌がん手術の前に82年同期組の同窓会をやってほしいということで早見優さんに連絡するようお願いしておきながら、堀ちえみさんのGOサイン待ちという状況だということ。
 
これだけ動き回ることができ、義母や友人と電話でも間近でも話をすることが可能になっているなら、GOサイン待ちという早見さんに連絡をしたらいいのにと思うのですが、なんとも不可解です。
 
早見さんも、マメに連絡を取り合っているといいながら、GOサインが出ない状態についてどう思っているのか、裏でのやりとりを中途半端に『金スマ』で観せてしまったがためにこちらも多少は気になっていたわけですが、早見さんもブログを当然チェックしているでしょうから、口にこそ出さずとも急いで同期会をする必要もないのかなという判断が実はあるのか?
 
いずれにしても、これだけ人の神経を逆撫でする「闘病からの日常」を披露してきた芸能人は前代未聞なのじゃないでしょうか。
 
どれほど重病であっても、否、重病であると自身で語っても、世間はその発言じゃなく行動をしっかり見ているのだということを、大阪のママ友の方も心配されているなら伝えてあげるのが本当かと思うのですが、これもお仕事と思えば邪魔もできないという忖度があるのか。
 
美辞麗句ばかりで何も心に届かないブログですが、食べログとして見る人にとっては明日の献立の参考になることもあるかもしれません。
 
次は何を食べるのかと、ついつい覗いてしまう自分がまた情けない…

 

ではまた。

 

(引用元:堀ちえみオフィシャルブログより)

 

もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ