毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみ「そっとしておいて」発言に「身勝手過ぎ」反発の嵐

 

 

ころもです。

 

堀ちえみさん、こういう方でしたか。

正直、ここまでとは思いませんでした。

 

多くの視聴者にとって忘却の存在と化していた堀さんが連日ヤフーに登場するようになったのは、そもそも本人が舌がんであることを公表、ゴールデンタイムの『金スマ』に出演し、誤解を恐れずに言えば、自ら大々的にアピールしたことにすべて起因するわけですが、なんと……

 

「そっとしておいて欲しい」

 

と昨日はブログで嘆き、それをピックアップしたデイリーの記事がヤフーニュースに定番のようにあがったためコメント欄は総ブーイング状態になってしまいました。

 

公平かつ客観的に見て、これは堀さん、炎上商法といわれてもおかしくないぐらいの”矛盾祭り”じゃないでしょうか。

 個人情報を世界に発信し続けながら「そっとしておいて」

 

炎上商法といわれる芸能人の方に共通することは、何をおいても目立ちたがり屋、話したがりや、ということが言えます。

 

聞いてもいないのに自ら世間に個人情報や意見をばらまき、それについての賛否の「否」にくってかかるという、あまりに自己中きわまりない振る舞い、浅はかさに、議論しあっている内容以上に人間性を疑われ総バッシングにあってしまう。

 

極めつけは、それを焚き付けた自分を完璧に正当化して反省がないこと。心当たりのある芸能人の方はそれでもまだ救いがあります。

 

大半は自分が発信した内容に関する矛盾や無責任さを棚に上げ、まずは否定的な意見を叩きのめすか泣き言を言う。

 

それはkirawareteしまうでしょう。
自らまいたタネだし、因果応報としかいいようがない。

 

さて、

 

というわけで、今回のデイリーが取り上げた堀さんの、マスコミに対する「そっとしておいて」というブログ発言は、まさにその典型的な自己矛盾、自己正当化、身勝手の極み発言ということで総バッシングと言っていい状態に陥っています。

 

問題のブログを読んで見ると、この方がなぜにここまで叩かれるのか、kirawareteしまうのかが手に取るようにわかるのが切ないです。

 

大変な病気にあるのなら、本当はそっとしておいてあげたいというのが人情ですが、そうさせないのもまた堀さん自身のように感じるのだからややこしい。

 

 

名前を出し行事を伝えながら「隠し撮り」を恐れる矛盾

 

昨日のブログ冒頭では、息子さんの名前とその日の行事がしっかり一行で記されています。

 

舌がん公表から密着しているかもしれない記者たちにとったら、今日のスケジュールはこんな感じですと紙を渡されたようなものじゃないでしょうか、この1行などは。

 

治療していた病院も子供たちの学校もマスコミがすでに把握している状態だとしたら、今日はこんな行事があります、と名前入りで教えてもらって「さ、出番ですよ」と言われたも同然の気持ちになるのじゃないでしょうか。

 

たとえ言葉で直接言われなくとも、人は様々な言い回しで他人を動かすことがあるので、金スマで歌まで披露し同期会まで要求していた堀さんなら、これは「さあ、カメラマンの方々、伝えましたからね」と勝手に解釈されてしまうこともあるわけです。

 

少なくともそういう可能性があることは想定しておく必要があるし、それが危機管理というものです。

 

 

特に今はマスコミに、
隠し撮りをされているので、
子供に迷惑を掛けたくないという思いも、
ありました。

行くところ付けられているようです。

 

そっとしておいて欲しいなぁ。

 

これが問題の部分ですが、バッシング待ち、炎上待ちぐらいの内容ですね。

 

 

仮にマスコミが隠し撮りをしているのだとしたら、なぜ隠し撮りが可能なのか。

仮に子供に迷惑を掛けたくないという言葉が本当なら、なぜに究極の個人情報ともいうべき名前を毎回世界発信し、その日の行動スケジュールを克明にしてリスクを増大させるのか、それも母親が。

 

行くところ付けられているようですと感じるのだとしたら、ほぼ忘却の彼方にあった自分がなぜそんな目に遭うことになったのか、胸に手を当て、それがまどろっこしいなら録画してある『金スマ』を今一度観ることをオススメします。

 

そして、

 

そっとしておいて欲しいなぁ、と本気で言っているのなら、頼まれもしない、義務でもないブログをしばらく意図的に閉鎖してみればいいのです。

 

どこで誰が何をしているのかがわからなくなれば、マスコミもほぼ完治状態と勘違いされるほどの普通食に戻った堀さんとその一家を取り上げる意欲も急激に冷めるでしょう。

 

そこに山があるから記者は登るのです。

 

どこにも嘆く原因などありません。

すべては、自らが招いたものです。

 

その一点から目をそらし続け、話をはぐらかし続けるから世間を敵に回すのです。

 

堀さんと一面識もないころもだって、昨日の堀さんが娘さんとスイーツを食べたことを知っている。

 

これ、おかしいですよね?

 

娘の彩月さんはコーヒーゼリーを、堀さんはプリンを食べたのですよね。
知ってます。モロゾフのスイーツということも。

 

なぜなら、堀さんがすべてブログで教えてくれるから。

 

その後、娘の彩月さんと定期券を買いに行ったのですよね、これも堀さんがブログで教えてくれたので知っています。

 

 

隠し撮りをなぜされるのか。
なぜ、そっとしておいてもらえないのか。

 

どうぞ、胸に手を当てて考えて見て下さい。

いまの堀ちえみさんに必要なのは、ブログでスイーツ語りをすることじゃなく、なぜにここまで世間からバッシングを受けてしまうのかの、根っこを考えることだと思います。

 

お大事に。

 

(参考・一部引用:堀ちえみオフィシャルブログより)