毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

堀ちえみJALから見舞いの千羽鶴報告に「差別?」と不快の声も

 

 

ころもです。

 

堀ちえみさんのブログが相変わらずヤフーニュースになってますね。

取り上げる側が一番悪いわけですが、それを全力で止めようと思えば方法はいくらでもあると思います。

 

シンプルなところでは、掲載をしないで欲しいということをブログに書くということがいいかもしれません。

 

それでも掲載されない保証はないですが、少なくとも本人はそれを望んではいないし抗議の意志があるということで、読者に与えるさまざまな誤解も多少は和らぐ可能性が期待できます。

 

もしヤフーニュースになることを百も承知で、それでもブログでは積極的に発信し続けたいということならば、事実だから「貰ったものも全部書いちゃえ!」ということじゃなく、引き算の報告を実践する心配りも必要です。

 小林麻央さんと同じ轍を踏み始めている!?

 

12:05に配信された『スポーツ報知』の記事に、堀さんがブログで日本航空(JAL)からお見舞いの千羽鶴が届いたと明かし、頑張れといった励ましのメッセージが書き込まれた寄せ書きについても感謝の気持ちも綴っていた内容が掲載されてますが、

 

ドラマにこそ出てなくとも、JALを何度も利用していた別の患者さんやその家族はどう感じるだろうかと想像してみました。

 

コメント欄では「差別では?」といった不快感を顕にした声もあり一考する機会になったのですが、ほんと、まるでデジャブ。

 

今は亡き小林麻央さんも、最初こそエールや同情の声がたくさんあったものの、肝心な治療に関する情報の少なさと、誰から何を貰った、してもらった的な内容に終始し始めたpoem的なものになってきてからは、自慢は聞きたくないとばかりに批判の声が増えていったものです。

 

批判するなら読まなければいいというのは正論のようでいて実はそうじゃなく、現実は好む好まざるとにかかわらず、ほぼ毎日のように読者登録もしていない、ファンでもない人々にもその一挙手一投足の情報が報告されるといった、半強制的な病状把握を強いられる状況が続いたわけです。

 

記事を読まなければいいだけのことといっても、記事の内容がほぼほぼ想像のつく写真がまず目に入る場所に配置され、実に上手に集約されたタイトルが目に入ればそれだけで内容に見当もつくといった状況ですから、不可抗力の苛立ちが湧くのも当然といえば当然。

 

みんながみんな、同じ方向を向いて同じ言葉を吐けというのは暴力と等しいわけです。

 

堀ちえみさんの頑張りやポジティブさは多くの人に勇気を与えるでしょう。

 

けれども、

 

同じ現実であっても人によって、置かれた立場によってはそれが苦しみを増長させる場合もある。

 

勝手に落ち込み、勝手にひねくれるほうが悪いと責めることができるのは、その内容がブログから一歩も外へ出ていない場合であって、連日、ヤフーニュースに掲載される場合は違うと言わざるを得ない。

 

ここに毎回ブログ内容が自動的に掲載される現状になったならば、「読みたくない」「うざい」という声が出ることも避けられないのです。

 

たとえれば、メロンが欲しくなれば自分のタイミングで果物を買いに行くことができるのに、欲しくもないときに玄関を開けたらそこにメロンを「これ、いかが」とじかに売りに来ている人がいたら迷惑であることと同じです。

 

欲しかったら自分から行くから、と誰だって言いたくなるでしょう。

メロンをけなしているのじゃなく、頼みもしないのにメロンの押し売りは止めてくれと言いたくなる気分も理解してもらえるのじゃないでしょうか。

 

 

JALは堀ちえみさんが35年以上も前にドラマで演じたこともあって粋なことをしたつもりかもしれないですが、この世に病で苦しんでいる、JAL利用者は一人きりではないので、千羽鶴をプレゼントするのはいいですが、それを「不公平だ」と言われても甘んじて受けて下さい。

 

そして、堀さんは貰ったのが事実であっても、嬉しくて仕方なかったとしても、感謝の気持ちは直接先方に言えばいいだけのことだし、それを伝える手段もいくらでもあるのですから、ブログで芸能人だからこそもらった特別感をあらためて掲載するのはやめたほうがいいと感じます。

 

堀ちえみさんの頑張りは確かに凄い。
ポジティブなところが回復力に拍車をかけてもいるのでしょう。

 

でも、何を貰った、これを貰ったというのは、やはり自慢に聞こえてしまいます。自慢が好きな人はほぼいないため、これをやるとどんどんアンチが増えるので、誰か周囲の人がそっと教えてあげるといいですね。

 

頑張っている、それは本当にそうでしょう。

でも、みんなも頑張っている、ただそれを声高に言わないだけかもしれない。

 

ブログで自由に書くためにも、ヤフーニュースに掲載しないよう対策をするのがいいですが、ブログアクセスの多さが収益に直結するアメブロの場合は難しいのかな…。

 

ではまた。

(出展元:『スポーツ報知』3/22 12:05配信)

 

もっと読みたい▶堀ちえみ 最新記事まとめ