毒舌ころも

気になることは胸に秘めず口にするサイト

週刊新潮公表第3弾!独自測定「超高カロリー」外食メニュー

 

 

ころもです。

 

本日はシリーズ化している『週刊新潮』食べてはいけないシリーズの続報となります。

 

【関連記事】
週刊新潮実名公表第2弾!食べてはいけない外食メニュー

週刊新潮2019!継続的に食べてはいけない塩分基準値超え外食

 

前回は塩分過多の外食メニューをご紹介しましたが、今回照準が当てられたのは「カロリー量」です。

 

 糖尿病患者とその予備軍はなんと、約2000万人

 

糖尿病患者は大腸がんになるリスクが1.4倍、肝臓がんは1.97倍、膵臓がんは1.85倍高いという結果が、日本糖尿病学会と日本癌学会の合同委員会による、約30万人の男女を10年間追跡調査した結果として公表されました。

 

やだわ、怖いわという暇に、では糖尿病にならないように気をつけなくちゃと思考をシフトしていくことが肝心でしょう。

 

となれば、人によっては大きな割合を占めている外食メニューのカロリーや塩分量を把握しておくことは健康管理という観点からいえば全く無視できるものでないことが理解できると思います。

 

さてそうなると、食事で摂るべき一日のカロリー量はどの程度なのか。それを知っておく必要があります。厚労省の手引きによれば、

 

健康増進を目的として提供する食事は、座り仕事の多い一般男性や身体活動量の多い女性で 1食850キロカロリー。同じく一般女性や中高年男性では650キロカロリー未満が目安となっている。

 

ということなので、これをある程度の基準として考えていくことができるでしょう。

 

そういった基準から、今回の週刊新潮が公表した、独自測定の「超カロリー」外食メニューについてご紹介させて頂くことにします。

 

 

たった一食で「カロリー」基準値超えの外食メニュー

 

【ファミレス】

 

店名:ココス COCO’S(基準値超え 24品目)

以下、メニュー名

・ビーフハンバーグステーキ&牡蠣フライ (907カロリー)

・自家製タルタルソースのチキンカツ (1373カロリー)

・山盛り!! 鬼おろしのチキンカツ (1068カロリー)

・自家製タルタルソースのチキン南蛮(902カロリー)

・フォアグラチキンステーキ丼(1181カロリー)

・チーズクリームオムライス(951カロリー)

・タコライス(サルサソース付き) (938カロリー)

・きのこハンバーグプレート(860カロリー)

・”しびれ”担々麺 (1043カロリー)

・チーズハンバーグとからあげセット(920カロリー)

 

 

店名:デニーズ(基準値超え 10品目)

以下、メニュー名

・ロースカツカレー〜ハーブ三元豚使用(1173)

・おろしハンバーグと鶏の唐揚げ定食(851)

・生姜焼き定食(931)

・ハーブ三元豚のとんかつ定食〜生ソース(1050)

・ハーブ三元豚のとんかつ膳〜生ソース(小鉢除く)(1050)

・ハーブ三元豚のおろしとんかつ膳(小鉢除く)(1009)

・生姜焼き膳(小鉢除く)(931)

・担々麺(1042)

・アメリカンクラブハウスサンド(1052)

 

 

店名:ロイヤルホスト(基準値超え 73品目)

以下、メニュー名

・黒×黒ハンバーグ250g(ブラウンバターソース)(957)

・トリプルグリル(ハンバーグ・ソーセージ・チキングリル)(977)

・アンガスサーロインステーキ225g(ドミグラスバターソース)(851)

・アンガスサーロインステーキ225g&宮城県産牡蠣フライ(ドミグラスバターソース)(1139)

・アンガスサーロインステーキピラフ〜ガーリック風味〜
(ドミグラスバターソース)(1035)

・黒毛和牛ZEN 和牛ステーキご飯&海老と帆立のあつあつグリル(小)(1118)

・国産豚のおろしロースかつ膳(おろしゆずぽん酢ソース)(1028)

・ロイヤルオムライスwith天然海老フライ&ポテトグラタンのココット(1251)

・欧風ビーフカレー(988)

・ビーフジャワカレー(980)

 

 

店名:ガスト(基準値超え 44品目)

以下、メニュー名

・肉盛り!チーズINプレートガーリックソース(1286)

・アボカドチーズINハンバーグ(889)

・てりたまチーズINハンバーグ(862)

・チーズINハンバーグ&チキン南蛮(1376)

・ミックスグリル(1020)

・チーズINミックスグリル(1113)

・マルゲリータピザ(963)

・豆乳カルボナーラスパゲティ(868)

・ピリ辛肉味噌担々麺(1198)

・ラッキーチーズINハンバーグセット(ハーフライス付き)(1005)

 

 

店名:バーミヤン(基準値超え 45品目)

以下、メニュー名

・バーミヤン定食(1438)

・チャーハン定食(1364)

・酢豚定食(1441)

・天津飯定食(1128)

・豚肉とキクラゲ玉子炒め定食(1736)

・2種ソースで仕上げた大判油淋鶏定食(1672)

・自家製チャーシュー面(1220)

・担々麺(1001)

・五目焼そば(1103)

・ラッキー中華セット(ドリンク付き)(876)

 

 

店名:ジョイフル(基準値超え 38品目)

以下、メニュー名

・とんかつビーフカレー(1160)

・ロースかつ定食(862)

・すき焼き鍋定食(1027)

・味噌チゲ定食(910)

・唐揚げ定食(906)

・チキン南蛮丼(1404)

・バラエティフライ定食(1193)

・しんけんハンバーグ+リブステーキ(1048)

・チキンステーキ+リブステーキ(1028)

・ビーフサイコロステーキ+リブステーキ(1124)

 

 

店名:サイゼリヤ(基準値超え 1品目)

以下、メニュー名

・カルボナーラ(865)

 

 

 

【カレーチェーン】

店名:カレーハウスCOCO壱番屋(基準値超え 34品目)

以下、メニュー名

・ビーフカレー(862)

・チキンにこみカレー(875)

・ビーフカツカレー(1267)

・手仕込とんかつカレー(1347)

・手仕込ヒレカツカレー(1151)

・ポーク三昧カレー(1849)

・海の幸カレー(895)

・シーフード三昧カレー(1339)

・野菜三昧カレー(1021)

・チーズカレー(935)

 

 

【定食屋チェーン】

店名:大戸屋ごはん処(基準値超え 20品目)

以下、メニュー名

・塩葱だれの炭火焼きチキン定食(900)

・香味唐揚げ定食(942)

・四元豚のロースかつ定食(887)

・鶏と野菜の黒酢あん定食(954)

・さばの炭火焼き定食(898)

・チキンの味噌かつ煮定食(918)

・大戸屋特選3種のごちそうフライ定食(929)

・デミソースで煮込んだ定食屋さんのデミ・ハンバーグ定食(1100)

・定食屋さんのデミ・チーズハンバーグ定食(1373)

・特製ソースチキンかつ丼と温うどん(1039)

 

 

店名:やよい軒(基準値超え 27品目)

以下、メニュー名

・すき焼き定食(十六穀米)(904)

・カットステーキミックス定食(白米)(885)

・鶏もも一枚揚げ定食(にんにく醤油)(十六穀米)(1212)

・から揚げ定食(十六穀米)(902)

・チキン南蛮とエビフライの定食(白米)(1238)

・味噌かつ煮定食(白米)(978)

・和風おろしハンバーグ定食(白米)(895)

・4種のチーズハンバーグ定食(白米)(963)

・特盛牛焼肉定食(白米)(884)

・かつ丼(ごはん普通盛り)(968)

 

※各店の公式ホームページ等を基に作成(店舗によって提供していない商品があります)
※主なメニューを抜粋(他にも基準値超えのものがあります)

 という注意書きも記事には掲載されていました。

 

以上となります。

(出典・引用元:『週刊新潮』2019年3月28日号)

 

はぁ〜

 

1食で1000カロリーを軽々と超えるメニューがたくさんありますね。
これを知っていて食するのと、知らないままで食べ続けることではまったく意味が違います。

 

最終的にはカロリーという枠におさまらず、その人の人生観、価値観に委ねられることになるのでしょうが、何をどう食べるにしても、それが一体どういうものなのかをわかった上で食べるということは、食事で肉体が作られる以上無視できるものではないですね。

 

今回『週刊新潮』が繰り返すように、全てを紹介できないほど厚労省の定めた基準値850キロカロリーを超えたメニューが多いということがわかっただけでも、無知のままでいるよりは外食への関心が高まったことでしょう。

 

自炊が最高ということか。

 

ではまた。

 

(出典・引用元:『週刊新潮』2019年3月28日号)

 

 【オススメ記事】

週刊誌「健康シリーズ」記事 まとめ - 毒舌ころも